刑法各論の悩みどころ(法学教室LIBRARY) [単行本]
    • 刑法各論の悩みどころ(法学教室LIBRARY) [単行本]

    • ¥4,180251ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年5月29日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003628177

刑法各論の悩みどころ(法学教室LIBRARY) [単行本]

価格:¥4,180(税込)
ポイント:251ポイント(6%還元)(¥251相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月29日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2022/12/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

刑法各論の悩みどころ(法学教室LIBRARY) [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    重要な概念の理解をめぐって様々な考え方がぶつかり合う刑法各論の“悩みどころ”に、条文と判例を踏まえた丁寧な論理展開で、ひとつの結論を示す。
  • 目次

    第1章 遺棄罪をめぐる問題について
    第2章 暴行罪・傷害罪について
    第3章 同時傷害の特例について
    第4章 住居侵入罪をめぐる問題
    第5章 業務妨害罪について
    第6章 窃盗罪の保護法益について
    第7章 窃盗罪における占有の意義について
    第8章 窃盗罪における不法領得の意思について
    第9章 強盗罪の構造について
    第10章 事後強盗罪について
    第11章 強盗致死傷罪について
    第12章 詐欺罪における「人を欺」く行為について
    第13章 詐欺罪の実質的限界について
    第14章 詐欺罪における交付行為について
    第15章 横領罪における「自己の占有する他人の物」について
    第16章 横領行為の意義について
    第17章 銀行預金に関連する財産犯について
    第18章 背任罪の成立要件について⑴
    第19章 背任罪の成立要件について⑵
    第20章 盗品等関与罪について
    第21章 放火罪をめぐる問題について
    第22章 文書偽造罪における「偽造」の意義について
    第23章 賄賂罪における職務関連性について
  • 内容紹介

    好評の姉妹書『刑法総論の悩みどころ』に続き,「法学教室」の連載を単行本化。刑法各論において理解が難しいポイント(=悩みどころ)を取り上げ,議論を整理し,理解に一定の道筋を示す。単行本化にあたり業務妨害罪と文書偽造罪に関する新章を書き下ろした。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    橋爪 隆(ハシズメ タカシ)
    1970年愛知県に生まれる。1993年東京大学法学部卒業。現在、東京大学大学院法学政治学研究科教授
  • 著者について

    橋爪 隆 (ハシヅメ タカシ)
    東京大学教授

刑法各論の悩みどころ(法学教室LIBRARY) [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:橋爪 隆(著)
発行年月日:2022/12/20
ISBN-10:4641139555
ISBN-13:9784641139558
判型:A5
発売社名:有斐閣
対象:教養
発行形態:単行本
内容:法律
言語:日本語
ページ数:524ページ
縦:21cm
横:15cm
厚さ:2cm
重量:570g
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 刑法各論の悩みどころ(法学教室LIBRARY) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!