環境社会学研究 第28号(単行本) [単行本]
    • 環境社会学研究 第28号(単行本) [単行本]

    • ¥2,750165ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年5月27日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003628218

環境社会学研究 第28号(単行本) [単行本]

価格:¥2,750(税込)
ポイント:165ポイント(6%還元)(¥165相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月27日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2022/12/19
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

環境社会学研究 第28号(単行本) [単行本] の 商品概要

  • 目次

    【特集】グリーン化する社会の環境社会学:グリーンインフラとどう向き合うか?
    菊地直樹「総説」/茅野恒秀「グリーンインフラの環境社会学的分析視角──環境制御システム論の視点から」/高崎優子/佐々木惠子・一ノ瀬友博「阿蘇地域の草原維持に係わる労働力の閾値分析と求められる支援と対策」/朝波史香・鎌田磨人「グリーンインフラとしての海岸マツ林の保全管理とローカルガバナンス──3地域の比較から見る政策的誘導のあり方」
    【論文】西城戸誠・庄司知恵子「石巻市北上町ウィーアーワン北上の10年と復興政策への応答──津波被災地の復興過程における「住民自治」の展開と「身の丈の復興」」/坂本唯「原発避難後におけるものづくりを通した「生活の時間」の構成──継ぎ接ぎされる過去と現在の経験」/金城達也・寺林暁良「自然資源管理と地域再生の一体的な展開──奄美市打田原集落におけるソテツ林管理の事例から」/木村元「「生産の踏み車」論と「エコロジカル近代化」論の対立と相補性──環境・社会・ガバナンス(ESG)投資をめぐるNGOの金融システム介入を事例として」
    【書評+書評リプライ】帯谷博明著『水環境ガバナンスの社会学』昭和堂(評:秋津元輝)/ほか

環境社会学研究 第28号(単行本) [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:環境社会学会編集委員会(編)
発行年月日:2022/12
ISBN-10:4641499888
ISBN-13:9784641499881
旧版ISBN:9784641499744
判型:B5
発売社名:有斐閣
対象:専門
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:184ページ
縦:26cm
横:18cm
厚さ:1cm
重量:370g
その他:特集:グリーン化する社会の環境社会学-グリーンインフラとどう向き合うか
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 環境社会学研究 第28号(単行本) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!