これからの集合と位相 [単行本]

販売休止中です

    • これからの集合と位相 [単行本]

    • ¥4,180126ポイント(3%還元)
これからの集合と位相 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003632988

これからの集合と位相 [単行本]

梅原 雅顕(共著)一木 俊助(共著)
価格:¥4,180(税込)
ポイント:126ポイント(3%還元)(¥126相当)
日本全国配達料金無料
出版社:裳華房
販売開始日: 2022/12/01
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

これからの集合と位相 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    単なる基本事項の羅列ではなく、議論の流れが読み取れるような形にまとめた。圏論の普及に伴い、空集合・空写像の概念が重要視されつつあることをふまえ、空集合の扱いについての解説を掲載。選択公理や整列集合の意味など、他書にはない独自の丁寧な解説を与える。いくらか高度と思われる位相空間の重要事項を、テーマごとに付録で採り上げた。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 集合と写像
    第2章 集合の濃度
    第3章 ツォルンの補題とその応用
    第4章 ユークリッド空間から距離空間へ
    第5章 位相空間
    第6章 分離公理・連結性・コンパクト性
    第7章 距離空間の完備性
  • 内容紹介

     単なる基本事項の羅列ではなく、議論の流れが読み取れるような形にまとめ、自習にも利用できるテキストを目指した。前半の「集合論」の部分では、とくに、選択公理や整列集合の意味などについて、他書にはない独自の丁寧な解説を与えている。後半の「位相空間」については、通常の授業で扱われる内容の解説のほか、「リンデレーフ空間」「パラコンパクト性」などの、若干高度と思われる重要事項の多くを、テーマごとに付録で採り上げた。
     さらに、近年の「圏論」の普及に伴い、空集合・空写像の概念が重要視されつつあることをふまえ、付録の最終節として、空集合の扱いについての解説を掲載した。

    図書館選書
    随所にほどこされた細やかな配慮と、充実の収録内容。集合と位相の「新しいスタンダード」がここに。単なる基本事項の羅列ではなく、議論の流れが読み取れるような形にまとめ、自習にも利用できるテキストを目指した。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    梅原 雅顕(ウメハラ マサアキ)
    1984年慶應義塾大学工学部数理工学科卒業。筑波大学大学院にて理学修士取得後、大阪大学助教授、広島大学教授、大阪大学教授を経て、東京工業大学情報理工学院数理・計算科学系教授。1995年日本数学会幾何学賞、2020年日本数学会賞秋季賞、2022年文部科学大臣表彰科学技術賞受賞。博士(理学)

    一木 俊助(イチキ シュンスケ)
    2012年横浜国立大学工学部知能物理工学科卒業。同大学院環境情報学府博士課程後期修了。日本学術振興会特別研究員を経て、東京工業大学情報理工学院数理・計算科学系助教。2019年第36回井上研究奨励賞受賞。博士(学術)
  • 著者について

    梅原 雅顕 (ウメハラ マサアキ)
    東京工業大学教授、博士(理学)。1984年 慶應義塾大学工学部卒業、筑波大学大学院にて理学修士取得後、大阪大学助教授、広島大学教授、大阪大学教授などを経て現職。主な著書に『曲線と曲面(改訂版)』(共著、裳華房)、『特異点をもつ曲線と曲面の微分幾何学』(共著、丸善出版)などがある。

    一木 俊助 (イチキ シュンスケ)
    東京工業大学助教、博士(学術)。2018年 横浜国立大学大学院環境情報学府博士課程後期修了。九州大学特別研究員などを経て現職。

これからの集合と位相 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:裳華房
著者名:梅原 雅顕(共著)/一木 俊助(共著)
発行年月日:2022/11/25
ISBN-10:4785315962
ISBN-13:9784785315962
判型:A5
発売社名:裳華房
対象:専門
発行形態:単行本
内容:数学
言語:日本語
ページ数:319ページ
縦:21cm
横:15cm
厚さ:2cm
重量:438g
他の裳華房の書籍を探す

    裳華房 これからの集合と位相 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!