先生、ヒキガエルが目移りしてダンゴムシを食べられません!―鳥取環境大学の森の人間動物行動学 [単行本]
    • 先生、ヒキガエルが目移りしてダンゴムシを食べられません!―鳥取環境大学の森の人間動物行動学 [単行本]

    • ¥1,760106ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月24日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003639021

先生、ヒキガエルが目移りしてダンゴムシを食べられません!―鳥取環境大学の森の人間動物行動学 [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:106ポイント(6%還元)(¥106相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月24日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:築地書館
販売開始日: 2023/01/07
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

先生、ヒキガエルが目移りしてダンゴムシを食べられません!―鳥取環境大学の森の人間動物行動学 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    脱走ヤギは働きヤギに変身し、逃げ出した子モモンガは自ら“お縄”になり、砂丘のスナガニは求愛ダンスで宙を舞う…。自然豊かな大学を舞台に起こる動物と人間をめぐる事件の数々を人間動物行動学の視点で描く。
  • 目次

    はじめに

    真無盲腸目の動物とKjくんの話
    なんで、すぐに知らせてくれなかったの!

    ヤギの体毛の夏毛と冬毛
    そうか、やっぱり繊細な仕組みがあったのか

    ヒキガエルで新しい対ヘビ威嚇(いかく)行動を見つけた
    ダンゴムシとコラボした実験もとても価値があると思う

    Okくんは自分のニオイでヤギの脱走経路を発見した!
    本業(?)はロードキルの動物の研究だったのだが………

    シジュウカラは生きたシカやキツネから毛を抜いて巣材に使うようだ
    それを知らせた私のツイートへのコメントが面白かった

    クルミが逝った日
    細身でオドオドしていたヤギが一生懸命生きた。
    ご苦労さんと言ってやりたい

    ニホンモモンガの子どもは家族のニオイがわかる!
    子モモンガたちの「ガーグル、ガーグル、ガーグル」が今でも私の脳内に響いている

    千代(せんだい)砂丘には驚きと発見があふれている!
    スナガニの求愛行動。はじめて目撃した!
  • 内容紹介

    脱走ヤギは働きヤギに変身し、
    逃げ出した子モモンガは自ら"お縄"になり、
    砂丘のスナガニは求愛ダンスで宙を舞う……
    コバヤシ教授の動物センサーは今日も絶好調!

    自然豊かな大学を舞台に起こる
    動物と人間をめぐる事件の数々を
    人間動物行動学の視点で描く

    大人気、先生!シリーズ。
    どの巻から読んでも楽しめます。

    【編集部より】
    ヘビのようにつながって歩くジネズミ親子、
    夏毛と冬毛を巧みに入れかえるヤギ、
    自分の家族のニオイにまっしぐらの子モモンガ、
    目の前のダンゴムシに手(舌)が出せないヒキガエル――。

    本書は、ヤギ部で有名な公立鳥取環境大学の教授(2022年度より副学長)である著者が、
    自然豊かなキャンパスと調査地で起こるさまざまな事件を動物行動学・進化心理学の視点から描いた大人気シリーズの最新刊です。

    2007年にはじまり今作で17巻目となる「先生!シリーズ」ですが、
    小林教授の動物センサーは今年もバッチリ絶好調。
    今回も、LINEのおかげで思い出したある生き物とゼミ生の(教授にとって)「オーマイガッ」な出来事、
    脱走ヤギたちを怖がらせたある「ニオイ」の話、
    長年ともに過ごしたヤギ部のヤギ・クルミとの別れから生き物たちのまだ見ぬ生態を探る教授お得意の実験まで、
    たくさんの感情に満ちた全8章をユーモラスな文章で綴りました。

    自然にふれてワクワクしたり癒されたりする「ヒト」の特性を客観的に考察しつつ、
    自然とかかわる一人の「私」としての感情を大切にする著者。
    その姿勢は、自然環境やそこに生きる動植物たちに目を向け、
    その存在を感じ、考え、知ろうとすることの意義を私たちに教えてくれます。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小林 朋道(コバヤシ トモミチ)
    1958年岡山県生まれ。岡山大学理学部生物学科卒業。京都大学で理学博士取得。岡山県で高等学校に勤務後、2001年鳥取環境大学講師、2005年教授。2015年より公立鳥取環境大学に名称変更。専門は動物行動学、進化心理学
  • 著者について

    小林朋道 (コバヤシトモミチ)
    1958年岡山県生まれ。
    岡山大学理学部生物学科卒業。京都大学で理学博士取得。
    岡山県で高等学校に勤務後、2001年鳥取環境大学講師、2005 年教授。
    2015年より公立鳥取環境大学に名称変更。
    専門は動物行動学、進化心理学。
    これまで、ヒトも含めた哺乳類、鳥類、両生類などの行動を、動物の生存や繁殖にどのように役立つかという視点から調べてきた。
    現在は、ヒトと自然の精神的なつながりについての研究や、水辺や森の絶滅危惧動物の保全活動に取り組んでいる。
    中国山地の山あいで、幼いころから野生生物たちとふれあいながら育ち、気がつくとそのまま大人になっていた。
    1日のうち少しでも野生生物との"交流"をもたないと体調が悪くなる。
    自分では虚弱体質の理論派だと思っているが、学生たちからは体力だのみの現場派だと言われている。

先生、ヒキガエルが目移りしてダンゴムシを食べられません!―鳥取環境大学の森の人間動物行動学 の商品スペック

商品仕様
出版社名:築地書館
著者名:小林 朋道(著)
発行年月日:2023/01/13
ISBN-10:4806716456
ISBN-13:9784806716457
判型:B6
発売社名:築地書館
対象:一般
発行形態:単行本
内容:自然科学総記
言語:日本語
ページ数:188ページ
縦:19cm
横:13cm
厚さ:1cm
重量:230g
他の築地書館の書籍を探す

    築地書館 先生、ヒキガエルが目移りしてダンゴムシを食べられません!―鳥取環境大学の森の人間動物行動学 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!