金融法務の理論と実践―伝統的理解と先駆的視点 [単行本]
    • 金融法務の理論と実践―伝統的理解と先駆的視点 [単行本]

    • ¥5,720172ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月27日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
金融法務の理論と実践―伝統的理解と先駆的視点 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003640070

金融法務の理論と実践―伝統的理解と先駆的視点 [単行本]

価格:¥5,720(税込)
ポイント:172ポイント(3%還元)(¥172相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月27日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2023/03/15
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

金融法務の理論と実践―伝統的理解と先駆的視点 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    第一線で活躍する弁護士のもつ実務経験と実践知を集約。各テーマの重要論点を理論・実務の両面から詳しく解説し、その理解に基づく主要な契約条項も提示。新しい形態の金融取引であっても理論的根拠に基づいた実務対応が可能になる、実務者必携の一冊。
  • 目次

    第1編 各種金融取引(ホールセール)
     第1章 担保取引
     第2章 金銭債権の真正譲渡取引
     第3章 匿名組合を用いたファンド取引
     第4章 公共インフラの整備・運営に係るファイナンス
     第5章 新しい資金調達の手法
     第6章 電子記録債権
    第2編 各種金融サービス(リテール)
     第1章 消費者信用
     第2章 前払に係る決済取引
     第3章 暗号資産・デジタル通貨
     第4章 履行確保を目的とする信託取引
     第5章 金融サービスとプラットフォーマー
     第6章 金融情報利活用
  • 出版社からのコメント

    金融法務の第一線で活躍する弁護士のもつ実務経験と実践知を集約。
    理論的根拠に基づいた実務対応が可能になる、実…
  • 内容紹介

    第一線で活躍する弁護士のもつ実務経験と実践知を集約。各テーマの重要論点を理論・実務の両面から詳しく解説し,その理解に基づく主要な契約条項も提示。新しい形態の金融取引であっても理論的根拠に基づいた実務対応が可能になる,実務者必携の1冊。

金融法務の理論と実践―伝統的理解と先駆的視点 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:片岡総合法律事務所(編)
発行年月日:2023/03/10
ISBN-10:4641233004
ISBN-13:9784641233003
判型:A5
発売社名:有斐閣
対象:実用
発行形態:単行本
内容:法律
言語:日本語
ページ数:560ページ
縦:21cm
横:15cm
厚さ:2cm
重量:610g
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 金融法務の理論と実践―伝統的理解と先駆的視点 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!