SNSの哲学―リアルとオンラインのあいだ(シリーズ「あいだで考える」) [全集叢書]
    • SNSの哲学―リアルとオンラインのあいだ(シリーズ「あいだで考える」) [全集叢書]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月1日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
SNSの哲学―リアルとオンラインのあいだ(シリーズ「あいだで考える」) [全集叢書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003647058

SNSの哲学―リアルとオンラインのあいだ(シリーズ「あいだで考える」) [全集叢書]

価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月1日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:創元社
販売開始日: 2023/04/14
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

SNSの哲学―リアルとオンラインのあいだ(シリーズ「あいだで考える」) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    承認・時間・言葉・偶然・連帯。SNSを使う私たちを描く新しい哲学の本。10代以上すべての人に。
  • 目次

    はじめに

    1章 なぜSNSで承認されたいのか?
     1 「SNS疲れ」の正体
     2 私たちはなぜ承認を求めるのか?
     3 相互承認の境地へ

    2章 SNSにはどんな時間が流れているのか?
     1 タイムラインに時間は流れていない
     2 SNSに時間を作りだす
     3 人間の生きる時間性

    3章 SNSではどんな言葉が交わされているのか?
     1 私たちはなぜ「つぶやく」のか?
     2 「つぶやき」と炎上
     3 言葉とルール

    4章 SNSに偶然はあるのか?
     1 SNSのアルゴリズム
     2 アルゴリズムと偶然性
     3 自分自身を創造する

    5章 SNSで人は連帯できるのか?
     1 政治に利用されるSNS
     2 SNSがつむぐ連帯
     3 つながりに力を与えるために

    おわりに

    リアルとオンラインのあいだをもっと考えるための作品案内
  • 出版社からのコメント

    SNSの利用を巡る様々な現象を哲学の視点から捉え直し、「物事を哲学によって考える」ことの面白さと大切さを実践的に示す。
  • 内容紹介

    シリーズ「あいだで考える」創刊!

    不確かな時代を共に生きていくために必要な
    「自ら考える力」
    「他者と対話する力」
    「遠い世界を想像する力」
    を養う多様な視点を提供する、
    10代以上すべての人のための人文書のシリーズ。



    『SNSの哲学――リアルとオンラインのあいだ』

    あなたに考えてほしいのは、
    「SNSをどう使うべきか」といったマニュアル的なことではなく
    SNSを使っているあなた自身が何者なのかという問いなのです。

    承認・時間・言葉・偶然・連帯。
    SNSを使う私たちを描く
    新しい哲学の本。


    10代の生活にすっかり溶け込んでいるSNSの利用をめぐるさまざまな現象――「ファボ」「黒歴史」「#MeToo運動」など――を哲学の視点から捉え直し、この世界と自分自身への新しい視点を提供する。若い読者に「物事を哲学によって考える」ことの面白さと大切さを実
    践的に示す一冊。(装画:モノ・ホーミー)

    図書館選書
    10代の生活にすっかり溶け込んでいるSNSの利用を巡る様々な現象を哲学の視点から捉え直し、この世界と自分自身への新しい視点を提供する。若い読者に「物事を哲学によって考える」ことの面白さと大切さを実践的に示す。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    戸谷 洋志(トヤ ヒロシ)
    1988年東京都生まれ。関西外国語大学英語国際学部准教授。専攻は哲学・倫理学。技術思想や未来倫理学を探究するかたわら、「哲学カフェ」の実践などを通じて、社会に開かれた対話の場を提案している
  • 著者について

    戸谷 洋志 (トヤ ヒロシ)
    1988年東京都生まれ。関西外国語大学英語国際学部准教授。専攻は哲学・倫理学。技術思想や未来倫理学を探究するかたわら、「哲学カフェ」の実践などを通じて、社会に開かれた対話の場を提案している。著書に『友情を哲学する』(光文社新書)、『未来倫理』(集英社新書)、『NHK100分de名著 ハイデガー『存在と時間』』(NHK出版)、『スマートな悪』(講談社)、『ハンス・ヨナスの哲学』(角川ソフィア文庫)ほか多数。

SNSの哲学―リアルとオンラインのあいだ(シリーズ「あいだで考える」) の商品スペック

商品仕様
出版社名:創元社 ※出版地:大阪
著者名:戸谷 洋志(著)
発行年月日:2023/04/10
ISBN-10:4422130110
ISBN-13:9784422130118
判型:B6
発売社名:創元社
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:哲学
言語:日本語
ページ数:144ページ
縦:17cm
横:14cm
厚さ:1cm
重量:165g
他の創元社の書籍を探す

    創元社 SNSの哲学―リアルとオンラインのあいだ(シリーズ「あいだで考える」) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!