なまなりさん(角川ホラー文庫) [文庫]
    • なまなりさん(角川ホラー文庫) [文庫]

    • ¥70422ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月17日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
なまなりさん(角川ホラー文庫) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003648153

なまなりさん(角川ホラー文庫) [文庫]

  • 4.0
価格:¥704(税込)
ポイント:22ポイント(3%還元)(¥22相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月17日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:KADOKAWA
販売開始日: 2022/12/21
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

なまなりさん(角川ホラー文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    沖縄で退魔師の修行を積んだというプロデューサーの伊東氏は、男性カメラマンから相談を受けていた。婚約した矢先、彼に異様な執着を持つモデルの双子姉妹が、婚約者に嫌がらせを続け、自殺に追い込んだのだ。だが、その死を境に姉妹の周囲で奇妙な出来事が続発、新潟の実家にも災禍が及ぶ―。“なまなりさん”とは何か。伊東氏が体験した凄絶な怪異と旧家の秘密とは、禍々しい長篇実話が新装版で登場。大幅加筆した「後日談」を収録。
  • 目次

    プロローグ 

    ■一日目

    健治と沙代子 
    鈴江と香奈江 
    いじめ 
    失 踪 
    石垣島 
    呪 う 
    四十九日 
    贖 い 

    ■二日目

    島本家 
    メール 
    沙代子が来る 
    貴 船 
    仏 壇 
    位 牌 
    なまなりさん 

    後日談 
  • 出版社からのコメント

    現代に、祟りは存在するのだろうか――? 驚異の呪詛怪談。
  • 内容紹介

    怪異蒐集家・中山市朗が聞き取った幻の長篇実話が新装版で登場。後日談と、書き下ろし短篇を収録。沖縄で退魔師の修行を積んだというプロデューサーの伊東礼二。彼の仕事仲間の健治が、沙代子という女性と婚約をした。しかし沙代子は、妖艶な双子姉妹による執拗ないじめにより自死へと追いやられる。彼女の死後、双子姉妹の周囲で奇妙な事件が続発するようになるが、それにとどまらず、被害はやがて双子の実家へと移っていく――。伊東氏の目の前で起こる信じがたい怪異と事実……。体験者本人によって、二日間にわたり語られた生々しい体験記。

    図書館選書
    中山市朗が蒐集した壮大な長編怪異体験談。二日間にわたって体験者自身の言葉によって語られた、“なまなりさん”を巡る怨念や祟りの生々しい恐怖。後日談を収録し、新装版で登場。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    中山 市朗(ナカヤマ イチロウ)
    兵庫県生まれ。怪異蒐集家、オカルト研究家、放送作家。作家育成塾「作劇塾」の塾長を務めている
  • 著者について

    中山 市朗 (ナカヤマ イチロウ)
    (なかやま・いちろう)兵庫県生まれ。怪異蒐集家、放送作家、オカルト研究家。クリエーター養成塾「作劇塾」塾長。木原浩勝氏との共著『現代百物語 新耳袋』(全十夜)は、ロングセラーとなった。著書に『怪異実聞録 なまなりさん』『聖徳太子 四天王寺の暗号』『怪談狩り 市朗百物語』『怪談狩り 赤い顔 市朗百物語』などがある。

なまなりさん(角川ホラー文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:中山 市朗(著)
発行年月日:2022/12/25
ISBN-10:4041132177
ISBN-13:9784041132173
判型:文庫
発売社名:KADOKAWA
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:196ページ
縦:15cm
その他:『怪異実聞録なまなりさん』加筆・修正・改題書
他のKADOKAWAの書籍を探す

    KADOKAWA なまなりさん(角川ホラー文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!