今すぐ使えるかんたん Teams for Education―導入から運用まで、一冊でしっかりわかる本 [単行本]
    • 今すぐ使えるかんたん Teams for Education―導入から運用まで、一冊でしっかりわかる本 [単行本]

    • ¥2,42073ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年3月1日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003649279

今すぐ使えるかんたん Teams for Education―導入から運用まで、一冊でしっかりわかる本 [単行本]

価格:¥2,420(税込)
ポイント:73ポイント(3%還元)(¥73相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年3月1日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:技術評論社
販売開始日: 2023/01/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

今すぐ使えるかんたん Teams for Education―導入から運用まで、一冊でしっかりわかる本 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    オールカラーだから、見やすくてわかりやすい。操作を省かないので、つまずくことなく学習できる。学習中の疑問や困ったを、しっかりフォロー。仕事で役立つ応用テクニックを、豊富に紹介。
  • 目次

    ●第1章 Teams for Educationの基本を知ろう
    Section 01 Teams for Educationとは
    Section 02 Teams for Educationとクラウド
    Section 03 Teams for Educationで実現する学び
    Section 04 Teams for Educationが使える端末と利用環境の特徴
    Section 05 Teams for Education上でのコミュニケーションの考え方
    Section 06 Teams for Educationの基本構成

    ●第2章 Teams for Educationを利用しよう
    Section 07 基本操作を学ぼう
    Section 08 投稿へ反応しよう
    Section 09 通知を管理しよう
    Section 10 ファイルを共有しよう
    Section 11 タブを活用しよう
    Section 12 ビデオ会議をしよう

    ●第3章 Microsoft 365 Educationを知ろう
    Section 13 基本的な組み合わせを知ろう① ~Word
    Section 14 基本的な組み合わせを知ろう② ~Excel
    Section 15 基本的な組み合わせを知ろう③ ~PowerPoint
    Section 16 基本的な組み合わせを知ろう④ ~Forms
    Section 17 基本的な組み合わせを知ろう⑤ ~OneNote
    Section 18 基本的な組み合わせを知ろう⑥ ~Whiteboard
    Section 19 基本的な組み合わせを知ろう⑦ ~Sway
    Section 20 基本的な組み合わせを知ろう⑧ ~Stream
    Section 21 その他のアプリとの組み合わせを知ろう

    ●第4章 Teams for Educationの教育向け機能を活用しよう
    Section 22 クラスを作成しよう
    Section 23 学習者を招待しよう
    Section 24 チャネルの作り方と運用方法を学ぼう
    Section 25 チームやチャネルの各種設定を確認しよう
    Section 26 課題を割り当てよう① ~課題の作成
    Section 27 課題を割り当てよう② ~ルーブリックの作成
    Section 28 課題を割り当てよう③ ~提出と採点・返却
    Section 29 クラスノートを活用しよう① ~作成
    Section 30 クラスノートを活用しよう② ~ページの配布
    Section 31 クラスノートを活用しよう③ ~ページのレビュー
    Section 32 学習者の感情を集計しよう ~Reflect
    Section 33 クラスの活用状況を分析しよう ~Insights

    ●第5章 Teams for Educationで学習のデジタル化を進めよう
    Section 34 学習のデジタル化をしよう
    Section 35 紙のノートやホワイトボードをカメラで撮影して共有しよう
    Section 36 デジタルでノートを取って共有できるようにしよう
    Section 37 デジタルでのワークシートの活用方法を考えよう
    Section 38 デジタルを活用して音読学習をしよう

    ●第6章 Teams for Educationをさまざまな場面で活用しよう
    Section 39 学校生活で活用できるさまざまな場面
    Section 40 係活動で主体的に活用しよう
    Section 41 校務で活用できるさまざまな場面

    ●第7章 自宅からオンライン授業に参加できるようにしよう
    Section 42 オンライン授業の準備をしよう
    Section 43 会議の録画、出欠確認、挙手指名をしよう
    Section 44 マイクのミュート管理やチャットでの呼びかけをしよう
    Section 45 教師や発表者のカメラの表示設定を変更しよう
    Section 46 少人数の話し合い機能や背景効果を活用しよう

    ●第8章 保護者とコミュニケーションを取ろう
    Section 47 保護者にMicrosoftアカウントを発行してもらおう
    Section 48 保護者チームを活用しよう
    Section 49 保護者とのやり取りで注意すべきこと

    ●第9章 Teams for Educationの管理者の心得を学ぼう
    Section 50 教員の意識を改革しよう
    Section 51 校内研修を改革しよう
    Section 52 年次更新のノウハウを学ぼう

    ●付録1 Teams管理センターの使い方
    Apeendix 01 Teams管理センターの使い方① ~ダッシュボード
    Apeendix 02 Teams管理センターの使い方② ~ポリシーの管理
    Apeendix 03 Teams管理センターの使い方③ ~チーム・ユーザーの管理

    ●付録2 トラブル解決Q&A
    Question 01 Teamsアプリの動作が遅いと感じたときはどうすればよい?
    Question 02 チームは学級ごとにする? 教科・科目ごとにする?
    Question 03 プロフィール画像を変えるのはどこまで許せばよい?
    Question 04 大切な情報を見落とさないようにしてもらうには?
    Question 05 複数のチームやチャネルに同じ内容の投稿をするには?
    Question 06 見落としてしまった過去の投稿を探すには?
    Question 07 終了した会議に勝手に入室してしまわないようにするには?
    Question 08メンションに敬称はつけなくてよい?
  • 内容紹介

    本書は、GIGAスクール構想により学校へ導入が進んでいる「Microsoft Teams for Education」のいちばんやさしい解説書です。現在、多くの学校に教育ICTシステムが導入されていますが、現場の教師や管理者のITリテラシーが依然として低いままであることが原因で、導入後、実際の授業やコミュニケーションへの活用がなかなか進んでいません。本書では、パソコンに不慣れな教育関係者でもわかるように、Microsoft 365のクラウド機能から、実際のオンライン授業や教材のデジタル化の事例、授業後の学習管理やコミュニケーションへの活用まで、Microsoft Teamsの活用方法をていねいに解説しています。現場で活用している現役教師が教える便利な活用テクニックも多数紹介しているので、授業や校務をICT化していきたい学校関係者におすすめの一冊です!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小池 翔太(コイケ ショウタ)
    1989年千葉県生まれ。東京学芸大学附属小金井小学校教諭。千葉大学大学院人文社会科学研究科公共研究専攻博士後期課程学生。修士(教育学)。立命館小学校講師、千葉大学教育学部附属小学校教諭などを経て、現職。専門は授業実践開発研究。ICTを活用した教育や企業と連携した教育など、現代的な課題を踏まえた授業・教材づくりについて実践的に研究を行う。一般社団法人「プロフェッショナルをすべての学校に」研究員。NHK Eテレ『テキシコー』『Why!?プログラミング』番組委員。校内役職等、2022年度6年生学級担任、情報部長。教科等部会ではICT部会に所属し、公開セミナーや情報発信を精力的にに行う
  • 著者について

    小池 翔太 (コイケ ショウタ)
    小池 翔太(こいけ しょうた)
    1989年千葉県生まれ。東京学芸大学附属小金井小学校教諭。千葉大学大学院人文社会科学研究科 公共研究専攻 博士後期課程 学生。修士(教育学)。立命館小学校 講師、千葉大学教育学部附属小学校 教諭などを経て、現職。専門は授業実践開発研究。ICTを活用した教育や企業と連携した教育など、現代的な課題を踏まえた授業・教材づくりについて実践的に研究を行う。近共著に『ICT主任になったら読む本:実務がうまくいく心構え& 仕事術35』(明治図書、2022年)。一般社団法人「プロフェッショナルをすべての学校に」研究員。NHK Eテレ『テキシコー』『Why!? プログラミング』番組委員。プログラミング学習プラットフォーム『LINE entry』監修。

今すぐ使えるかんたん Teams for Education―導入から運用まで、一冊でしっかりわかる本 の商品スペック

商品仕様
出版社名:技術評論社
著者名:小池 翔太(著)
発行年月日:2023/02/08
ISBN-10:4297132672
ISBN-13:9784297132675
判型:B5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:電子通信
言語:日本語
ページ数:224ページ
縦:24cm
横:19cm
他の技術評論社の書籍を探す

    技術評論社 今すぐ使えるかんたん Teams for Education―導入から運用まで、一冊でしっかりわかる本 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!