ポスト・ヒューマニティーズへの百年―絶滅の場所 [単行本]
    • ポスト・ヒューマニティーズへの百年―絶滅の場所 [単行本]

    • ¥2,860172ポイント(6%還元)
    • お取り寄せ
100000009003653122

ポスト・ヒューマニティーズへの百年―絶滅の場所 [単行本]

価格:¥2,860(税込)
ポイント:172ポイント(6%還元)(¥172相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:青土社
販売開始日: 2022/12/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ポスト・ヒューマニティーズへの百年―絶滅の場所 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    思弁的実在論と人新世の喧騒の後で、非人間的なものの実存主義を説く。シェリング以後の哲学者が彼の思想をどのように解釈したかを辿ることによって、現代思想と哲学史が一つに融合する地点を示す。新たな現代思想の幕開けを告げる記念碑的著作。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    シェリングと現代実在論―メイヤスーの相関主義批判
    第1部 二〇世紀前半(実存と形而上学―ヤスパース;現有と形而上学史―ハイデガー;絶対弁証法―田邊元 ほか)
    第2部 二〇世紀後半から二一世紀初頭にかけて(terra incognita;述語づけと世界の発生―ホグレーベ;消える媒介者―ジジェク ほか)
    第3部 ニヒリズムの時代(ニヒリズムの再考と日常的像の破壊―ブラシエ(1);メイヤスーと知的直観―ブラシエ(2);バディウとニビリズムの問題―ブラシエ(3) ほか)
  • 出版社からのコメント

    思弁的実在論と人新世の喧騒の後で、非人間的なものの実存主義を説く。新たな現代思想の幕開けを告げる記念碑的著作。
  • 内容紹介

    全てが生まれ変わる場所へ
    思弁的実在論と人新世の喧騒の後で、非人間的なものの実存主義を説く。シェリング以後の哲学者たちが彼の思想をどのように解釈したかを辿ることによって、現代思想と哲学史が一つに融合する地点を示す。新たな現代思想の幕開けを告げる記念碑的著作。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    浅沼 光樹(アサヌマ コウキ)
    1964年、岩手県に生まれる。京都大学大学院文学研究科博士後期課程哲学専攻(西洋哲学史)研究指導認定退学。京都大学博士(文学)。専門は哲学・哲学史

ポスト・ヒューマニティーズへの百年―絶滅の場所 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:青土社
著者名:浅沼 光樹(著)
発行年月日:2022/12/26
ISBN-10:4791775244
ISBN-13:9784791775248
判型:B6
発売社名:青土社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:哲学
言語:日本語
ページ数:346ページ
縦:19cm
他の青土社の書籍を探す

    青土社 ポスト・ヒューマニティーズへの百年―絶滅の場所 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!