NASAのロボット蜂―偉大な発明でたどるロボティクスとAIの歴史(創元ビジュアル科学シリーズ〈4〉) [全集叢書]
    • NASAのロボット蜂―偉大な発明でたどるロボティクスとAIの歴史(創元ビジュアル科学シリーズ〈4〉) [全集叢書]

    • ¥2,53076ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月25日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
NASAのロボット蜂―偉大な発明でたどるロボティクスとAIの歴史(創元ビジュアル科学シリーズ〈4〉) [全集叢書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003659552

NASAのロボット蜂―偉大な発明でたどるロボティクスとAIの歴史(創元ビジュアル科学シリーズ〈4〉) [全集叢書]

価格:¥2,530(税込)
ポイント:76ポイント(3%還元)(¥76相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月25日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:創元社
販売開始日: 2023/03/02
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

NASAのロボット蜂―偉大な発明でたどるロボティクスとAIの歴史(創元ビジュアル科学シリーズ〈4〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    そのスピードは人類の進化を超えた。最も画期的な50の発明を取り上げ、その背景や人間社会に与える影響に迫る。
  • 目次

    第1章 ロボットへの夢 紀元前322年~1700年
    人類がロボットを想像し始めたのはいつか?
    世界初の役立つオートマタは?
    機械は人類の未来を予測できるか?
    ロボットは音楽を奏でることができるか?
    思考は機械化できるのか?
    空想の産物か、実現可能な科学か?
    からくり人形の仕組みは?

    第2章 産業と自動化 1701年~1899年
    種まき作業を効率化するには?
    次に何が起こるのか?
    機械は命令を聴くことができるか?
    「数学」から生まれた装置
    機械化は出版をどう変えたか?
    初めて遠隔操作できる機械を作ったのは誰か?

    第3章 現代のロボットの幕開け 1900年~1939年
    コンピュータ 対 人間
    「ロボット」とは何なのか?
    ロボットは自分で運転できるのか?
    ロボットは指示に応えられるのか?
    「人間機械」はどんな姿であるべきか?
    ポラードの特許は何に使われたのか?

    第4章 知能の開発 1940年~1969年
    ロボットは法を超越するか?
    女性が活躍した「ENIAC」の運用
    機械は人間のように考えることができるのか?
    機械はチューリングテストに合格することができるか?
    SNARCとは何か?
    人工知能はいつ生まれたのか?
    ロボットは自分の面倒を見ることができるか?
    ロボットは人間の仕事ができるのか?

    第5章 弱肉強食 1970年~1998年
    「シェイキー」はどう考えたか?
    ロボットにがんは治療できるのか?
    機械は行動から学ぶことができるのか?
    ロボットは感情を表現することができるか?
    ロボットの魚は水の中を泳げるか?
    サッカーがうまいのは誰か?
    コンピュータはどのようにしてチェスで勝ったのか?

    第6章 家庭用ロボット 1999年~2011年
    ロボットはペットの代わりになり得るのか?
    ロボットは二本の足で立てるのか?
    ロボットは人を殺すことができるのか?
    ナメクジはなぜロボットを怖がるのか?
    ロボットに家事ができるか?
    ロボットはどこまで遠くに行けるのか?
    自動車はどのようにして自動で運転するのか?
    ロボットは私たちの歩行を助けることができるのか?

    第7章 SFが現実になる 2011年~現代
    ロボットは宇宙飛行士の役に立つのか?
    ロボットは警察官になれるのか?
    コンピュータはどのようにして囲碁で勝つ方法を学習したのか?
    ロボットが過激化することはあるのか?
    「ソフィア」はどのようにして市民権を取得したのか?
    機械は好奇心を持つことができるのか?
    ロボットの蜂は宇宙を飛べるか?
    ロボットは私たちの老後を安心させることができるか?
  • 内容紹介

    アメリカ航空宇宙局のNASAが国際宇宙ステーションに送り出した「ロボット蜂」(キューブ型ドローン)をはじめ、近年、高度な機能を備えたさまざまなロボットが数多く登場しています。

    本書は、ロボットが機械人形であった時代から自動運転車や家庭用ロボット、そして人間の知能を凌駕するAI(人工知能)の誕生まで、ロボット工学の長い歴史の中で最も画期的な50の発明を取り上げ、その背景や人間社会に与える影響に迫ります。

    図書館選書
    ロボットが機械人形であった時代から自動運転車や家庭用ロボット、そして人間の知能を凌駕する人工知能の誕生まで、ロボット工学の長い歴史の中で最も画期的な50の発明を取り上げ、その背景や人間社会に与える影響に迫る。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ウォー,ロバート(ウォー,ロバート/Waugh,Robert)
    英国を代表する科学技術ジャーナリストの一人。過去20年以上にわたり、「テレグラフ」「デイリーメール」「ガーディアン」など、数多くの新聞、雑誌、ウェブサイトで、ガジェットやアプリ、ビジネステクノロジーについて寄稿している

    土屋 誠司(ツチヤ セイジ)
    同志社大学理工学部インテリジェント情報工学科教授、人工知能工学研究センター・センター長。主な研究テーマは知識・概念処理、常識・感情判断、意味解釈
  • 著者について

    ロバート・ウォー (ロバート ウォー)
    英国を代表する科学技術ジャーナリストの一人。過去20年以上にわたり、「テレグラフ」「デイリーメール」「ガーディアン」など、数多くの新聞、雑誌、ウェブサイトで、ガジェットやアプリ、ビジネステクノロジーについて寄稿している。

    土屋 誠司 (ツチヤ セイジ)
    同志社大学理工学部インテリジェント情報工学科教授、人工知能工学研究センター・センター長。主な研究テーマは知識・概念処理、常識・感情判断、意味解釈。著書に『はじめての自然言語処理』(森北出版)、『やさしく知りたい先端科学シリーズ はじめてのAI』『AI時代を生き抜くプログラミング的思考が身につくシリーズ』(創元社)がある。

NASAのロボット蜂―偉大な発明でたどるロボティクスとAIの歴史(創元ビジュアル科学シリーズ〈4〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:創元社 ※出版地:大阪
著者名:ロバート ウォー(著)/土屋 誠司(訳)
発行年月日:2023/02/20
ISBN-10:4422414283
ISBN-13:9784422414287
判型:A5
発売社名:創元社
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:工学・工業総記
言語:日本語
ページ数:176ページ
縦:21cm
横:15cm
厚さ:2cm
重量:382g
その他: 原書名: NASA'S BEES〈Waugh,Robert〉
他の創元社の書籍を探す

    創元社 NASAのロボット蜂―偉大な発明でたどるロボティクスとAIの歴史(創元ビジュアル科学シリーズ〈4〉) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!