国鉄郵便・荷物気動車の歩み 復刻版 (RM Re-Library〈8〉) [単行本]

販売を終了しました

    • 国鉄郵便・荷物気動車の歩み 復刻版 (RM Re-Library〈8〉) [単行本]

100000009003660885

国鉄郵便・荷物気動車の歩み 復刻版 (RM Re-Library〈8〉) [単行本]

販売終了時の価格: ¥2,200(税込)
出版社:ネコ・パブリッシング
販売開始日: 2022/12/20(販売終了商品)
お取り扱い: のお取り扱い商品です。

カテゴリランキング

販売を終了しました

国鉄郵便・荷物気動車の歩み 復刻版 (RM Re-Library〈8〉) の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 気動車における郵便車・荷物車の沿革
    2 戦前の郵便・荷物気動車
    3 機械式改造車
    4 レールバス改造車
    5 10系元電気式改造車
    6 10系改造車
    7 20系新製および改造車
    8 55系改造車
    9 58系新製および改造車
    10 簡易郵便・荷物気動車について
  • 出版社からのコメント

    シリーズ8巻目は、「郵便・荷物気動車」のすべてを取り上げます。
  • 内容紹介

    既に260号を超える長い歴史の「RM LIBRARY」から、過去の傑作巻を2~3冊分まとめて復刻する「RM Re-Library(アールエム リ・ライブラリー)」。

    シリーズ8巻目は、国鉄気動車の中でも特殊用途の少数派として存在感を発揮していた「郵便・荷物気動車」を取り上げました。RMライブラリーの第20・21巻として刊行したもので、さらにカラーグラフ4ページを新規制作しています。

    後年には多数の一般車のうちの少数派となりますが、実は国鉄初の気動車は三等荷物合造車であるキハニ5000形でした。2軸の小型車体のうちの極一部が荷物室になっていたもので、この1両で閑散ローカル線の旅客列車が賄える…そんな発想が窺えます。

    気動車第2弾となったキハニ36450形は一気に大型車になりましたがやはり単行運転が前提の合造車でした。

    本格的な普及は戦後、昭和30年代以降。

    それまでの客車列車(当然荷物車や郵便車を連結していた)が気動車化される際に必要とされたものです。

    当初は試作に終わった電気式気動車の液体式への改造時に、合わせて郵便・荷物車化する方針が採られました。

    その後は液体式気動車の改造や新製車も登場し、北海道から九州までその個性的なスタイルで活躍。国鉄末期の郵便・荷物輸送廃止まで使命を果たしました。

    本書はこれらの郵便・荷物気動車を、母体となった系列ごとに大分類の上で形式ごとに解説。

    豊富な形式写真、形式図、履歴表、諸元表など資料性も万全です。

    特に改造車のグループはその常として個体差が生じますが、そのあたりも極力一目瞭然となる作りとなっています。要所に収録された、郵便輸送・荷物輸送としてのインサイド写真は希少価値が高く、今は用途自体が消滅したこれらの車両への理解を深めてくれましょう。

    一覧性が高く保存版として価値ある一冊となっています。

国鉄郵便・荷物気動車の歩み 復刻版 (RM Re-Library〈8〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:カルチュア・エンタテインメント
著者名:千代村 資夫(著)
発行年月日:2023/01/01
ISBN-10:4777055116
ISBN-13:9784777055111
判型:B5
発売社名:ネコ・パブリッシング
対象:一般
発行形態:単行本
内容:交通・通信
言語:日本語
ページ数:99ページ
縦:26cm
厚さ:1cm
重量:340g
他のネコ・パブリッシングの書籍を探す

    ネコ・パブリッシング 国鉄郵便・荷物気動車の歩み 復刻版 (RM Re-Library〈8〉) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!