東京国際大学式 『勝利』と『幸福』を求めるチーム強化論 [単行本]
    • 東京国際大学式 『勝利』と『幸福』を求めるチーム強化論 [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年3月2日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
東京国際大学式 『勝利』と『幸福』を求めるチーム強化論 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003660944

東京国際大学式 『勝利』と『幸福』を求めるチーム強化論 [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年3月2日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:竹書房
販売開始日: 2023/03/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

東京国際大学式 『勝利』と『幸福』を求めるチーム強化論 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    日々の練習を通してプロとして通用する技量と互いを思いやる精神な育みいずれは日本代表を送り出せるチームに。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 日本代表キャプテンを務めて
    第2章 指導者の道へ
    第3章 東京国際大学監督就任
    第4章 リアクションからアクションへ
    第5章 大所帯の理由
    第6章 指導者としての使命
    第7章 大学サッカーの立ち位置
    第8章 関係者インタビュー
  • 出版社からのコメント

    プロと大学という2つの現場で、多大なる実績を残し、数多くの選手を育成してきた東京国際大学サッカー部・前田秀樹監督。
  • 内容紹介

    現役時代は日本代表キャプテンとして不遇だった時代の日本サッカーを牽引。その時から「世界で勝つため」に必要なことを考え続けてきた前田秀樹。そして、現役引退後は指導者の道に進み、世界に通用する選手の育成に励み、ジェフ市原(現・千葉)アカデミー監督時代には阿部勇樹をはじめ、数多くのJリーガーを育て上げた。その後、J2の水戸ホーリーホックの監督に就任し、後に日本代表に選出される田中マルクス闘莉王を発掘し、才能を開花させた。低予算で運営されるチームの中でそのほかにも数々の無名の選手を育て上げ、J1に送り出した。2008年からはサッカーでは無名の東京国際大学サッカー部監督に就任。当時埼玉県リーグ2部に所属していた同チームを鍛え上げ、毎年カテゴリーを上げていき、昨シーズンは関東大学1部リーグにおいて過去最高の2位を記録。そして2023年5人のJリーガーを輩出した。どのカテゴリーでも選手を育成し、羽ばたかせてきた前田監督の選手育成論、チーム強化論に迫った1冊。

    少子化が進む中でサッカー人口を増やしていけるか。日本サッカーがこれから直面する、とても大きな問題です。サッカーを通して、多くの人を幸せにする。そして、サッカーファミリーを増やしていくことが、日本が世界の頂点に立つために必要なことだと思っています。それが唯一の方法だと考えています。
    だからこそ、東京国際大学サッカー部は誰もが入部できるようにしています。毎年100人以上の部員が入部し、現在部員数は400人を超えています。全員がプロを目指しているわけではありません。高校時代、レギュラーではなかった選手も多いです。それでも、全員が毎週末公式戦に出場して、サッカーを楽しむ環境を東京国際大学では作っています。一人でも多くのサッカーファミリーを作り、日本のサッカー文化を豊かにしていきたいからです。その思いを胸に15年間監督を務めてきました。
    (「まえがき」より)

    日々の練習を通して
    プロとして通用する技量と
    互いを思いやる精神を育み
    いずれは日本代表を送り出せるチームに

    私が伝えていきたいのは世界レベルのサッカー
    これまで重ねたキャリアをすべて注ぎこみ、選手を未来へと導く

    2023年5名がJリーグ加入!
    師岡柊生(鹿島アントラーズ)/落合陸(柏レイソル)/佐川洸介(東京ヴェルディ)
    山原康太郎(藤枝MYFC)/林祥太郎(FC岐阜)

    第1章 日本代表キャプテンを務めて
    第2章 指導者の道へ
    第3章 東京国際大学監督就任
    第4章 リアクションからアクションへ
    第5章 大所帯の理由
    第6章 指導者としての使命
    第7章 大学サッカーの立ち位置
    第8章 関係者インタビュー
          幸野健一(FC市川ガナーズ代表)
          渡辺孝(栃木県佐野市サッカー協会 副会長)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    前田 秀樹(マエダ ヒデキ)
    東京国際大学サッカー部監督。1954年生まれ。京都府出身。小学校からサッカーを始め、京都商業高校(現在の京都先端科学大学付属高校)で国体京都府代表に選出された。その後、法政大学に進学し、関東大学リーグ、大学選手権の優勝を経験。その活躍から大学在学中に日本代表に抜擢される。卒業後に名門・古河電工に入社し中心選手として活躍。1981年、82年にはJFLベストイレブンを受賞。日本リーグ209試合出場35得点、日本代表国際Aマッチ65試合出場11ゴールを記録。1980年代前半の日本代表で主将を務め、W杯予選や五輪予選など数多くの国際マッチに出場。引退後は、ジェフユナイテッド市原、川崎フロンターレの育成を指導しながらサッ力ー解説者としても活躍。2003年より5年間は、J2水戸ホーリーホックの監督を務めた。2008年より東京国際大学サッカー部監督を務める
  • 著者について

    前田 秀樹 (マエダ ヒデキ)
    東京国際大学サッカー部監督
    前田秀樹(まえだ・ひでき)
    1954年生まれ。京都府出身。小学校からサッカーを始め、京都商業高校(現在の京都先端科学大学附属高校)で国体京都府代表に選出された。その後、法政大学に進学し、関東大学リーグ、大学選手権の優勝を経験。その活躍から大学在学中に日本代表に抜擢される。卒業後に名門・古河電工に入社し中心選手として活躍。1981年、82年にはJFLベストイレブンを受賞。日本リーグ209試合出場35得点、日本代表国際Aマッチ65試合出場11ゴールを記録。1980年代前半の日本代表で主将を務め、W杯予選や五輪予選など数多くの国際マッチに出場。引退後は、ジェフユナイテッド市原、川崎フロンターレの育成を指導しながらサッカー解説者としても活躍。2003年より5年間は、J2水戸ホーリーホックの監督を務めた。2008年より東京国際大学サッカー部監督を務める。

東京国際大学式 『勝利』と『幸福』を求めるチーム強化論 の商品スペック

商品仕様
出版社名:竹書房
著者名:前田 秀樹(著)
発行年月日:2023/04/01
ISBN-10:4801934781
ISBN-13:9784801934788
判型:B6
発売社名:竹書房
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:224ページ
縦:19cm
横:13cm
厚さ:2cm
重量:279g
他の竹書房の書籍を探す

    竹書房 東京国際大学式 『勝利』と『幸福』を求めるチーム強化論 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!