キドナプキディング 青色サヴァンと戯言遣いの娘(講談社ノベルス) [新書]
    • キドナプキディング 青色サヴァンと戯言遣いの娘(講談社ノベルス) [新書]

    • ¥1,15535ポイント(3%還元)
    • ただいま予約受付中!発売日以降のお届け日本全国配達料金無料
キドナプキディング 青色サヴァンと戯言遣いの娘(講談社ノベルス) [新書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003664992

キドナプキディング 青色サヴァンと戯言遣いの娘(講談社ノベルス) [新書]

西尾 維新(著)(著)
こちらの商品は、近日発売予定です。
価格:¥1,155(税込)
ポイント:35ポイント(3%還元)(¥35相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:ただいま予約受付中!発売日以降のお届け
日本全国配達料金無料
出版社:講談社
販売開始日: 2023/02/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 78位1日間100位以内

キドナプキディング 青色サヴァンと戯言遣いの娘(講談社ノベルス) の 商品概要

  • 内容紹介

    首を洗って待ってたかい? <戯言シリーズ>最新作 
    玖渚盾が挑むのは、古城×双子×首なし死体

    私立澄百合学園に通う玖渚盾(くなぎさじゅん)、十五歳。
    “パパの戯言”と“ママの法則”を携えた「平凡な女子高生」が、
    人類最強の請負人・哀川潤に誘拐されて、
    玖渚機関の牙城“玖渚城”に送り届けられてしまう! 
    彼女を待ち受けていたのは、青髪青眼の少女たちとの邂逅と悲惨な殺人事件。
    はたして盾は謎を解き、無事に帰還することができるのか? 
    新青春エンタの傑作<戯言シリーズ>、大団円の先の最新作、ここに結実!!
  • 著者について

    西尾 維新 (ニシオ イシン)
    1981年生まれ。『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』で第23回メフィスト賞を受賞し、デビュー。戯言シリーズ、『刀語』、<物語>シリーズ、伝説シリーズ、忘却探偵シリーズ、美少年シリーズ、怪盗シリーズなど著書多数。漫画原作者としても活躍し、代表作に『めだかボックス』『症年症女』がある。


    (タケ)
    イラストレーター。1983年生まれ。『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』でイラストレーターとしてデビュー。その後、「人間シリーズ」、大河ノベル『刀語』など西尾維新の小説でイラストを担当し、人気を集める。

キドナプキディング 青色サヴァンと戯言遣いの娘(講談社ノベルス) の商品スペック

商品仕様
出版社名:講談社
著者名:西尾 維新(著)/竹(著)
発行年月日:2023/02
ISBN-10:406530234X
ISBN-13:9784065302347
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:272ページ
他の講談社の書籍を探す

    講談社 キドナプキディング 青色サヴァンと戯言遣いの娘(講談社ノベルス) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!