源氏と漱石―千夜千冊エディション(角川ソフィア文庫) [文庫]
    • 源氏と漱石―千夜千冊エディション(角川ソフィア文庫) [文庫]

    • ¥1,81555ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年3月9日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003668122

源氏と漱石―千夜千冊エディション(角川ソフィア文庫) [文庫]

価格:¥1,815(税込)
ポイント:55ポイント(3%還元)(¥55相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年3月9日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:KADOKAWA
販売開始日: 2023/02/22
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

源氏と漱石―千夜千冊エディション(角川ソフィア文庫) の 商品概要

  • 目次

    第一章 源氏という構想
    紫式部 『源氏物語』
    第二章 古典の風味をつなぐ
    小西甚一 『日本文学史』/高橋睦郎 『読みなおし日本文学史』/藤原公任選 『和漢朗詠集』/建礼門院右京大夫 『建礼門院右京大夫集』/保田與重郎 『後鳥羽院』/西行 『山家集』/後深草院二条『とはずがたり』/伊地知鐵男 『連歌の世界』/今泉準一 『其角と芭蕉と』/江宮隆之『井上井月伝説』
    第三章 近代との遭遇
    磯田光一 『鹿鳴館の系譜』/尾崎紅葉 『金色夜叉』/正岡子規 『墨汁一滴』/夏目漱石 『草枕』/豊福健二 『風呂で読む漱石の漢詩』/森鴎外 『阿部一族』/森茉莉 『父の帽子』/幸田露伴 『連環記』/小林勇 『蝸牛庵訪問記』/會津八一 『渾齋隨筆』/斎藤茂吉 『赤光』/堀口大學 『月下の一群』/島崎藤村 『夜明け前』
  • 出版社からのコメント

    「源氏」と「漱石」を結んで浮かび上がる、日本の近代化と伝統
  • 内容紹介

    平安の『源氏物語』から明治の近代化を経て『夜明け前』に至るまで、日本文学はどのような伝統を引き継ぎ、いかに近代化してきたか。「源氏」という構想の妙を紐解き、古典と近代を繋ぐ、新しい日本文芸史。
    「源氏」と「漱石」をつないでみたいと思ってきた。「もののあはれ」と「可哀想だた惚れたってことよ」である。途中には右京大夫、西行、後鳥羽院、連歌、芭蕉、西鶴、井月たちがいて、主人公をあからさまにしないスタイルを試みてきた。しかし「漱石」以降、近代文学は主人公を用意して、その「創(きず)」を描くことにした。何かの「夜明け前」だったのか。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    松岡 正剛(マツオカ セイゴウ)
    編集工学研究所所長、イシス編集学校校長。70年代にオブジェマガジン「遊」を創刊。80年代に「編集工学」を提唱し、編集工学研究所を創立。その後、日本文化、芸術、生命科学、システム工学など多方面におよぶ研究を情報文化技術に応用しメディアやイベントを多数プロデュース
  • 著者について

    松岡 正剛 (マツオカ セイゴウ)
    編集工学研究所所長、イシス編集学校校長。80年代に情報文化と情報技術をつなぐ方法論を体系化し「編集工学」を確立し様々なプロジェクトに応用。2000年「千夜千冊」の連載を開始。同年、eラーニングの先駆けともなる「イシス編集学校」を創立。近年はBOOKWAREという考えのもと膨大な知識情報を相互編集する知の実験的空間を手掛ける。また日本文化研究の第一人者として「日本という方法」を提唱し独自の日本論を展開。著書に『知の編集工学』『擬』『世界と日本の見方』『国家と「私」の行方』ほか。

源氏と漱石―千夜千冊エディション(角川ソフィア文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:松岡 正剛(著)
発行年月日:2023/02/25
ISBN-10:4044007454
ISBN-13:9784044007454
判型:文庫
発売社名:KADOKAWA
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:412ページ
縦:15cm
他のKADOKAWAの書籍を探す

    KADOKAWA 源氏と漱石―千夜千冊エディション(角川ソフィア文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!