人類はどれほど奇跡なのか―現代物理学に基づく創世記 [単行本]
    • 人類はどれほど奇跡なのか―現代物理学に基づく創世記 [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年2月28日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003668717

人類はどれほど奇跡なのか―現代物理学に基づく創世記 [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年2月28日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:技術評論社
販売開始日: 2023/03/03
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

人類はどれほど奇跡なのか―現代物理学に基づく創世記 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    これは物理現象としての、人類の物語。
  • 目次

    第1部 宇宙の中の人間
    第1章 宇宙と原子と人間と
    第2章 分子が生み出す生命
    第3章 宇宙の息吹
    【コラム・現代科学で読み解く古典哲学】道元の仏性

    第2部 知性に至る進化
    第4章 知性は進化の必然か
    第5章 人間的思考の限界
    第6章 人類を補完するもの
    【コラム・現代科学で読み解く古典哲学】カントのアンチノミー論

    第3部 意識とは何か
    第7章 意識をもたらすもの
    第8章 場の量子論とリアリティ
    第9章 心と物
    【コラム・現代科学で読み解く古典哲学】アリストテレスの質料と形相
  • 内容紹介

    ▼これは物理現象としての、人類の物語。
    ▼「人間とは何か」「我々はどこから来てどこに行くのか」__こうした問いに対し、本書は「人間は物理現象である」という立場から論を展開していく。人間の存在は、物理法則を超越した奇跡ではない。しかし、今ここに知性と意識を有する人間として生きていることは、無数の偶然が重なり合った結果として実現された、奇跡的な出来事なのである。
    生命・知性・意識の3つの面から奇跡的な物理現象としての人類を語る、迫真のサイエンス読本。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    吉田 伸夫(ヨシダ ノブオ)
    1956年、三重県生まれ。東京大学理学部物理学科卒業、同大学院博士課程修了。理学博士。専攻は素粒子論(量子色力学)。科学哲学や科学史をはじめ幅広い分野で研究を行っている
  • 著者について

    吉田 伸夫 (ヨシダ ノブオ)
    吉田伸夫
    [よしだ のぶお]
    1956年、三重県生まれ。東京大学理学部物理学科卒業、同大学院博士課程修了。理学博士。専攻は素粒子論(量子色力学)。科学哲学や科学史をはじめ幅広い分野で研究を行っている。
    著書に『完全独習 相対性理論』『時間はどこから来て、なぜ流れるのか?』『宇宙を統べる方程式』(講談社)、『宇宙に果てはあるか』『光の場、電子の海』(新潮社)、『量子で読み解く生命・宇宙・時間』(幻冬舎)、『素粒子論はなぜわかりにくいのか』『科学はなぜわかりにくいのか』『高校物理再入門』(技術評論社)などがある。

人類はどれほど奇跡なのか―現代物理学に基づく創世記 の商品スペック

商品仕様
出版社名:技術評論社
著者名:吉田 伸夫(著)
発行年月日:2023/03/16
ISBN-10:4297133466
ISBN-13:9784297133467
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:物理学
言語:日本語
ページ数:176ページ
縦:21cm
他の技術評論社の書籍を探す

    技術評論社 人類はどれほど奇跡なのか―現代物理学に基づく創世記 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!