教育政策と教育裁判の軌跡と新動向(日本教育法学会年報〈2023〉) [単行本]
    • 教育政策と教育裁判の軌跡と新動向(日本教育法学会年報〈2023〉) [単行本]

    • ¥4,400264ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月22日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003676296

教育政策と教育裁判の軌跡と新動向(日本教育法学会年報〈2023〉) [単行本]

価格:¥4,400(税込)
ポイント:264ポイント(6%還元)(¥264相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月22日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2023/04/11
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

教育政策と教育裁判の軌跡と新動向(日本教育法学会年報〈2023〉) の 商品概要

  • 目次

    会長挨拶(安達和志)/【研究総会】報告①:教育判例の動向と理論的視座(斎藤一久),報告②:教育の自律性を支える民主主義のかたち(荒井文昭)/【第一分科会:教師をめぐる裁判・政策の動向】報告①:教員労働時間法制のあり方を考える(毛塚勝利),報告②:教師の研修権理論と改正教特法(新岡昌幸),討論/【第二分科会:生徒指導・校則と子どもの人権】報告①:なぜ校則を守らないといけないのか(淡路智典),報告②:ゼロトレランス的生徒指導の問題点とインクルーシブ教育の課題(楠凡之),討論/【公開シンポジウム:公教育のデジタル化と学ぶ権利の保障】報告①:EdTechと憲法(堀口悟郎),報告②:「令和の日本型学校」の学びとログの問題(子安潤),報告③:デジタル改革による公教育と行政組織の転形(稲葉一将),討論/【自由研究発表】(佐貫浩・山﨑洋介・川原茂雄・𠮷岡万季・大津尚志)/【投稿審査論文】(山﨑洋介)/教育法令/教育判例/教育法の研究動向/学会記事/欧文要旨

教育政策と教育裁判の軌跡と新動向(日本教育法学会年報〈2023〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:日本教育法学会(編)
発行年月日:2023/03/31
ISBN-10:4641228485
ISBN-13:9784641228481
ISSNコード:03873226
判型:A5
発売社名:有斐閣
対象:専門
発行形態:単行本
内容:法律
言語:日本語
ページ数:184ページ
縦:21cm
横:15cm
厚さ:1cm
重量:230g
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 教育政策と教育裁判の軌跡と新動向(日本教育法学会年報〈2023〉) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!