泉々 [単行本]
    • 泉々 [単行本]

    • ¥7,150215ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年2月27日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003679170

泉々 [単行本]

価格:¥7,150(税込)
ポイント:215ポイント(3%還元)(¥215相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年2月27日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2023/03/14
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

泉々 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    1985年の哲学者の死の1年前、シュヴァブの協力を得て、みずからの意図を反映させて編まれた本書は、1冊の書物としてはじめて世に送られた論集。1950年に書かれた「トルストイと直接的なもの」にはじまり、イスラエルへの最初で最後の旅の直後に書かれた「ユダヤ性、内的問題」などの論文、自身の体験とその哲学の主要概念を駆使して展開されるフランス語圏ユダヤ知識人会議での一連の発言、20世紀フランスの3人の哲学者の思い出…ジャンケレヴィッチの哲学を形づくった、性質を異にする複数の水脈が湧きいづるところ―全12篇。
  • 目次

    トルストイとラフマニノフ
    トルストイと直接的なもの / トルストイと死 / ラフマニノフ、最後の霊感詩

    似ている、似ていない(ユダヤ意識)
    ユダヤ性、内的問題 / ユダヤ意識と矛盾 / 希望と時々の終わり / 似ている、似ていない / 他の諸国家と同様の一国家なのか? / 遠くて近き者……女

    思い出三篇
    グザヴィエ・レオン / レオン・ブランシュヴィック / ジャン・ヴァールにおける神秘と弁証法

    著述目録
    索引
  • 出版社からのコメント

    誘惑について、時間について、死について。ロシア文学や音楽、ユダヤ性について。ジャンケレヴィッチの哲学の複数の源泉を1冊に。
  • 内容紹介

    「「成りつつあるもの」としてジャンケレヴィッチを読まなければならない」(フランソワーズ・シュヴァブ)
    1985年の哲学者の死の1年前、シュヴァブの協力を得て、みずからの意図を反映させて編まれた本書は、1冊の書物としてはじめて世に送られた論集。
    1950年に書かれた「トルストイと直接的なもの」にはじまり、イスラエルへの最初で最後の旅の直後に書かれた「ユダヤ性、内的問題」などの論文、自身の体験とその哲学の主要概念を駆使して展開されるフランス語圏ユダヤ知識人会議での一連の発言、20世紀フランスの3人の哲学者の思い出……
    ジャンケレヴィッチの哲学を形づくった、性質を異にする複数の水脈が湧きいづるところ――全12篇。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ジャンケレヴィッチ,ウラジーミル(ジャンケレヴィッチ,ウラジーミル/Jank´el´evitch,Vladimir)
    1903‐1985。ユダヤ系ロシア人の両親のもと、フランスのブールジュに生まれる。高等師範学校卒業後、1926年にアグレガシオンを取得。プラハのフランス学院で教鞭をとる。32年にシェリング論で国家博士号を取得。38年にリール大学の講師に就任するが、翌年動員。ヴィシー政権によって公職追放され、トゥールーズでレジスタンス地下活動に身を投じる。終戦後復員し、51年から78年にかけてパリ大学文学部倫理学担当教授を務めた。1985年6月6日、パリにて没

    合田 正人(ゴウダ マサト)
    1957年生まれ。東京都立大学大学院博士課程中退、同大学人文学部助教授を経て、明治大学教授
  • 著者について

    ウラジーミル・ジャンケレヴィッチ (ウラジーミルジャンケレヴィッチ)
    1903-1985。ユダヤ系ロシア人の両親のもと、フランスのブールジュに生まれる。高等師範学校卒業後、1926年にアグレガシオンを取得。プラハのフランス学院で教鞭をとる。32年にシェリング論で国家博士号を取得。38年にリール大学の講師に就任するが、翌年動員。ヴィシー政権によって公職追放され、トゥールーズでレジスタンス地下活動に身を投じる。終戦後復員し、51年から78年にかけてパリ大学文学部倫理学担当教授を務めた。1985年6月6日、パリにて没。邦訳のある著書に、『アンリ・ベルクソン』(新評論)『イロニーの精神』(紀伊國屋書店 /ちくま学芸文庫)『ラヴェル』(白水社)『音楽と筆舌に尽くせないもの』(国文社)『死』(みすず書房)『ドビュッシー――生と死の音楽』(青土社)『仕事と日々・夢想と夜々――哲学的対話』(みすず書房)『道徳の逆説』(みすず書房)『遥かなる現前――アルベニス、セヴラック、モンポウ』(春秋社)『最初と最後のページ』(みすず書房)『死とは何か』(青弓社)などがある。

    合田正人 (ゴウダマサト)
    1957年生まれ。東京都立大学大学院博士課程中退、同大学人文学部助教授を経て、現在、明治大学教授。著書『レヴィナスの思想』(弘文堂/『レヴィナス』ちくま学芸文庫)『レヴィナスを読む』(NHKブックス)『ジャンケレヴィッチ』『サルトル『むかつき』ニートという冒険』(ともにみすず書房)『フラグメンテ』(法政大学出版局)『入門ユダヤ思想』(ちくま新書)ほか。訳書 レヴィナス『全体性と無限』(国文社)『固有名』『外の主体』(ともにみすず書房)『存在の彼方へ』(講談社学術文庫)『聖句の彼方』(法政大学出版局)ジャンケレヴィッチ『最初と最後のページ』(みすず書房)グットマン『ユダヤ哲学』(みすず書房)メルロ=ポンティ『ヒューマニズムとテロル』(みすず書房)ブーバー『ひとつの土地にふたつの民』(みすず書房)デリダ『フッサール哲学における発生の問題』(共訳、みすず書房)シャンジュー/リクール『脳と心』(共訳、みすず書房)リクール『レクチュール』(みすず書房)ブーレッツ『20世紀ユダヤ思想家』全3巻(共訳、みすず書房)ほか。
    *ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

泉々 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:ウラジーミル ジャンケレヴィッチ(著)/合田 正人(訳)
発行年月日:2023/03/10
ISBN-10:4622096072
ISBN-13:9784622096078
判型:B5
発売社名:みすず書房
対象:教養
発行形態:単行本
内容:哲学
言語:日本語
ページ数:189ページ
縦:21cm
重量:450g
その他: 原書名: SOURCES〈Jank´el´evitch,Vladimir〉
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 泉々 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!