工作艦明石の孤独〈4〉(ハヤカワ文庫JA) [文庫]
    • 工作艦明石の孤独〈4〉(ハヤカワ文庫JA) [文庫]

    • ¥1,10066ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月21日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003684658

工作艦明石の孤独〈4〉(ハヤカワ文庫JA) [文庫]

  • 5.0
価格:¥1,100(税込)
ポイント:66ポイント(6%還元)(¥66相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月21日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:早川書房
販売開始日: 2023/04/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

工作艦明石の孤独〈4〉(ハヤカワ文庫JA) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    セラエノ星系政府のアーシマ首相の要請により、偵察戦艦青鳳の夏クバン艦長と熊谷俊明船務長が、イビス文明の都市宇宙船に駐在することとなった。やがて提示されたイビスの進化史が明らかにする意外な事実とは?一方、工作艦明石の狼群妖虎と松下紗理奈が解明したワープ航法の真実は、人類文明とイビス文明の在り方を変えていく。そして、地球帰還への起死回生の一手が解き明かす、宇宙の驚愕の姿とは?シリーズ完結。
  • 内容紹介

    徐々に明らかになるワープ航法の真実。工作艦明石は地球圏へ航行できるのか? そしてセラエノ星系人類の運命は? シリーズ完結
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    林 譲治(ハヤシ ジョウジ)
    1962年北海道生まれ。臨床検査技師を経て、1995年『大日本帝国欧州電撃作戦』(共著)で作家デビュー。確かな歴史観に裏打ちされた架空戦記小説で人気を集める。2000年以降は、科学的アイデアと社会学的文明シミュレーションが融合した作品を次々に発表している。ミリタリーSFシリーズ“星系出雲の兵站”で、第41回日本SF大賞を受賞

工作艦明石の孤独〈4〉(ハヤカワ文庫JA) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:早川書房
著者名:林 譲治(著)
発行年月日:2023/04/25
ISBN-10:4150315485
ISBN-13:9784150315481
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:320ページ
縦:15cm
横:11cm
厚さ:1cm
重量:185g
他の早川書房の書籍を探す

    早川書房 工作艦明石の孤独〈4〉(ハヤカワ文庫JA) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!