おかげで、死ぬのが楽しみになった [単行本]
    • おかげで、死ぬのが楽しみになった [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年5月30日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003696198

おかげで、死ぬのが楽しみになった [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月30日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:サンマーク出版
販売開始日: 2023/05/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

おかげで、死ぬのが楽しみになった [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    きみの未来に、幸せの時限装置を仕掛けておいた。定年退職後、無所属、無希望。かつて応援団員だった3人が、友人の通夜で集まった。そこに、「応援団を再結成してくれ」と遺書が届くが…誰を応援してほしいのか分からない!?青春くらい熱くて尊い泣ける「老春」小説!
  • 目次

    第一話 シャイニングスター
    引間広志の世間は狭い

    第二話 シャイニングメモリーズ
    宮瀬実の恋は実らなかった

    第三話 シャイニングワード
    板垣勇美の震える一歩

    第四話 シャイニングスマイル
    巣立希は絶望を描く

    第零話 シャイニングフューチャー
    巣立進の時間は戻る
  • 内容紹介

    定年退職後、無所属、無希望。かつて応援団員だった3人が、友人の通夜で集まった。
    そこに、「応援団を再結成してくれ」と遺書が届くが、
    誰を応援してほしいのかが分からない……!?

    【あらすじ】
    第一話
    再結成して初めての活動で、少年野球チームを応援することになった70歳の応援団「シャイニング」。練習の見学中、1人だけバットを与えてもらえず球場の隅を走る少年に出会う。「陸上部」と揶揄されても走りつづける補欠の彼がいたたまれず、団員の引間は、「これ以上努力しても無駄」という応援団の禁句を口にしてしまうが……。

    👉「努力は報われるって、本当?」と思ったことがあるあなたにおすすめ。

    第二話
    板垣団長の教師時代の教え子に頼まれ、「去年の10月31日のこと覚えてる? わからなかったら、離婚」という置き手紙の謎を解こうと奮闘するシャイニング。モヤモヤを抱える妻が、夫に覚えていてほしかった意外な思い出とは?

    👉「夫婦や恋人だからこそ、言いづらい」と思ったことがある、または、映画のエンドロールを見るのが好きなあなたにおすすめ。

    第三話
    「担任の先生が、生徒からいじめられてる」という相談がシャイニングに舞い込む。板垣団長は先生を救おうとするが、教師時代に自らが犯してしまった罪がよみがえり……。

    👉「がんばってる人に、なんて声をかけたらいいかわからない」「がんばれと言われるのがプレッシャーだ」と思ったことがあるあなたにおすすめ。

    第四話
    ついに、亡き仲間が応援したかった相手を突き止めたシャイニング。しかし本人に応援を届ける手段はただ1つ……お笑いコンテストに出場すること!?

    シャイニングのマネージャー的存在で、画家の夢を持つ巣立の孫娘、希。かつて、憧れの画家から、「いいものはほめるし、悪いものは批判します。どちらにもひっかからないものは手短に。……巣立さんは、うまく描けてますね」と言われたことで、夢をあきらめかけていた。しかシャイニングのメンバーの必死さを見て、希の心も動き出す……?

    第零話
    えっ、そういうことだったの!? 52年の時を経て、応援団の再結成を託した本当の理由が明かされる。

    👉「どんでん返し、伏線回収」の好きな人におすすめ
    ※この話だけ読むのはおすすめしません
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    遠未 真幸(トオミ マサキ)
    1982年、埼玉県生まれ。失われた世代であり、はざま世代であり、プレッシャー世代でもある。ミュージシャン、プロの応援団員、舞台やイベントの構成作家を経て、様々な創作に携わる中で、物語の持つ力に惹かれていく。『小説新潮』に寄稿するなど経験を積み、本作を6年半かけて書き上げ、小説家デビュー
  • 著者について

    遠未真幸 (トオミマサキ)
    遠未真幸(とおみ・まさき)
    1982年、埼玉県生まれ。失われた世代であり、はざま世代であり、プレッシャー世代でもある。ミュージシャン、プロの応援団員、舞台やイベントの構成作家を経て、様々な創作に携わる中で、物語の持つ力に惹かれていく。『小説新潮』に寄稿するなど経験を積み、本作を6年半かけて書き上げ、小説家デビュー。「AかBかではなく、AもあればBもある」がモットーのバランス派。
    いつもの道を散歩するのが好きで、ダジャレと韻をこよなく愛す。
    本作の執筆過程を綴った後書き「おかげで、書くのが楽しみになった」は下記で公開中。https://note.com/tomi_masaki

おかげで、死ぬのが楽しみになった [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:サンマーク出版
著者名:遠未 真幸(著)
発行年月日:2023/05/25
ISBN-10:4763140582
ISBN-13:9784763140586
判型:B6
発売社名:サンマーク出版
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:480ページ
縦:19cm
他のサンマーク出版の書籍を探す

    サンマーク出版 おかげで、死ぬのが楽しみになった [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!