世界で一番美しい甲虫図鑑―きらびやかに、つややかに輝く(ネイチャー・ミュージアム) [単行本]
    • 世界で一番美しい甲虫図鑑―きらびやかに、つややかに輝く(ネイチャー・ミュージアム) [単行本]

    • ¥3,30099ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月21日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003697589

世界で一番美しい甲虫図鑑―きらびやかに、つややかに輝く(ネイチャー・ミュージアム) [単行本]

海野 和男(写真・著)法師人 響(写真・著)福井 敬貴(標本制作・著)
価格:¥3,300(税込)
ポイント:99ポイント(3%還元)(¥99相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月21日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:誠文堂新光社
販売開始日: 2023/05/11
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

世界で一番美しい甲虫図鑑―きらびやかに、つややかに輝く(ネイチャー・ミュージアム) の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    甲虫に魅せられて
    甲虫の多様性
    玉虫色 タマムシ
    まるで民族模様 オオキノコムシ
    森の宝石 ブローチハムシ
    葉の上で暮らす ハムシ
    南米の小さなハムシ
    木を食べる工芸品 カミキリムシ
    子育てのためゆりかごを作るオトシブミ
    キリンクビナガオトシブミの揺籃作り
    かがやく紋様 カタゾウムシ
    カタゾウムシと擬態
    様々なかたち ゾウムシ
    マットな縞柄 ホウセキゾウムシ
    闘う象虫 オサゾウムシ
    ほそくながい ミツギリゾウムシ
    ひょうきん顔のキノコ好き ヒゲナガゾウムシ
    歩く宝石 オサムシ
    美しいゴミムシ
    道教え ハンミョウ
    ハネカクシとシデムシ
    他人の空似 クビナガデオキノコムシ
    光で通信するホタル
    紅色の警告 ベ二ボタル
    ベ二ボタルそっくりな甲虫たち
    レディ・ビートル テントウムシ
    テントウムシそっくりな甲虫たち
    擬態の不思議
    陽射しの下を翔ぶ ハナムグリ
    世界最重量 ゴライアスオオツノハナムグリ
    ハエに擬態する甲虫
    黄金色 コガネムシ
    神様になった虫 フンコロガシ
    オスのツノが発達 カブトムシ
    オスの大顎が発達 クワガタムシ
    奇抜な姿 テントウダマシ
    多様な色・形 ゴミムシダマシ
    跳ねあがる コメツキムシ
    水空両用のダイバー ゲンゴロウ
    水面に浮かぶUFO ミズスマシ
    驚異の生活史 ツチハンミョウ
    巨大なアンテナを持つ甲虫たち
    様々な甲虫
    甲虫の暮らし
  • 出版社からのコメント

    神秘的かつ美しい、甲虫のフォルムや自然界での生態を最新の写真で堪能できる。
  • 内容紹介

    甲虫は昆虫の中でも最も多様性に富んでいる。昆虫の世界は多様性の世界と言われるが、その中でも甲虫の多様な色彩や形態は変化に富み、驚嘆に値する。甲虫類は、昆虫綱・有翅昆虫亜綱・コウチュウ目(甲虫目、鞘翅目)に分類される昆虫の総称。コガネムシ、クワガタムシ、カミキリムシ、オサムシ、ゾウムシ、ハムシ、タマムシなど、非常に多様な昆虫が所属する。甲虫の色や造形は美しくも不可思議で、見るものを楽しませてくれる。タマムシの美しい翅は法隆寺に収蔵されている玉虫の厨子でも知られている。

    本書では世界中に生息する40万種の「甲虫」の中でも、きらびやかな羽色、不可思議で魅力的な造形をしたものを厳選してまとめた、甲虫の分類群に沿った構成としたが、甲虫の持つ魅力を、美しさにこだわって構成した図鑑。写真は、昆虫カメラマンとして日本を代表する海野和男氏。若手新進気鋭の法師人響氏、標本制作は標本制作アーティストの福井敬貴氏。世界で一番美しい標本写真が見せる不思議な造形の世界、世界中で撮影された、不可思議な生態写真は、見る者の美意識をかきたて、虫のファンや研究者にとっては、貴重な資料にもなる。標本と生態写真は計800点ほどにも及び、ほぼ全てに学名を記した。

    ■目次
    玉虫色 タマムシ/まるで民族模様 オオキノコムシ/森の宝石 ブローチハムシ/葉の上で暮らす ハムシ/南米の小さなハムシ/木を食べる工芸品 カミキリムシ/子育てのためゆりかごを作るオトシブミ/キリンクビナガオトシブミの揺籃作り/かがやく紋様 カタゾウムシ/カタゾウムシと擬態/様々なかたち ゾウムシ/マットな縞柄 ホウセキゾウムシ/闘う象虫 オサゾウムシ/ほそくながい ミツギリゾウムシ/ひょうきん顔のキノコ好き ヒゲナガゾウムシ/歩く宝石 オサムシ/美しいゴミムシ/道教え ハンミョウ/ハネカクシとシデムシ/他人の空似 クビナガデオキノコムシ/光で通信するホタル/紅色の警告 ベニボタル/ベニボタルそっくりな甲虫たち/レディ・ビートル テントウムシ/テントウムシそっくりな甲虫たち/擬態の不思議/陽射しの下を翔ぶ ハナムグリ/世界最重量 ゴライアスオオツノハナムグリ/ハエに擬態する甲虫/黄金色 コガネムシ/神様になった虫 フンコロガシ/オスのツノが発達 カブトムシ/オスの大顎が発達 クワガタムシ/奇抜な姿 テントウダマシ/多様な色・形 ゴミムシダマシ/跳ねあがる コメツキムシ/水空両用のダイバー ゲンゴロウ/水面に浮かぶUFO ミズスマシ/驚異の生活史 ツチハンミョウ/巨大なアンテナを持つ甲虫たち/様々な甲虫/甲虫の暮らし
    *******************************
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    海野 和男(ウンノ カズオ)
    自然写真家。1947年生まれ。昆虫写真家であり、同ジャンルの草分け的存在。現在日本自然科学写真協会会長。日本写真家協会会員。広角レンズを使った接写により、昆虫の周囲の環境を風景として写しこんだ作風を得意とする。2021年日本動物行動学会日高賞、1994年日本写真協会賞受賞

    福井 敬貴(フクイ ケイキ)
    1994年生まれ。福島県出身。2017年多摩美術大学美術学部彫刻学科卒業。2019年同大学院美術研究科修士課程彫刻専攻修了。学生時代は主に鋳造技法を用いた彫刻作品や昆虫標本を用いた作品を制作。大学入学後サークル活動として「虫部TUBE」を立ち上げ、2015年より「五美虫(ごみむし)」(多摩美、武蔵野美、東京造形、女子美、東京藝大の都内5大学の虫好きにより構成されたグループ)を結成し展示活動やワークショップなどを継続して行った。昆虫標本の展足技術がコレクターや研究者から高く評価され、標本の作成依頼を受け付ける他、書籍や展示への協力、昆虫フィギュアの造形監修、アート作品の発表など分野を横断した活動を行っている

    法師人 響(ホシト ヒビキ)
    昆虫写真家。1999年生まれ。茨城県出身。幼少の頃から昆虫に親しみ、2017年に写真の撮影を主体とするようになる。現在はネイチャー系クリエイター集団「Tokyo Bug Boys」として活動中。日々新しい表現に挑んでおり、生物の多様性や自然の美しさを、多くの人に届けたいという思いが活動の源になっている。『所さんの目がテン!』(日本テレビ)に出演中。『驚異の標本箱』(共著)(KADOKAWA)、『学研の図鑑LIVE「新版 昆虫」』表紙写真(学研プラス)、『里山の生き物図鑑』昆虫写真担当(学研プラス)など多数の書籍やメディアで写真を作っている。『大昆虫展』(スカイツリー)の展示にも携わる
  • 著者について

    海野 和男 (ウンノ カズオ)
    海野 和男(ウンノ カズオ):自然写真家。1947年生まれ。昆虫写真家であり、同ジャンルの草分け的存在。現在日本自然科学写真協会会長。日本写真家協会会員。広角レンズを使った接写により、昆虫の周囲の環境を風景として写しこんだ作風を得意とする。2021年日本動物行動学会日高賞、1994年日本写真協会賞受賞。主な著書は、『虫は人の鏡 擬態の解剖学』養老孟司〔文〕 海野和男〔写真〕(毎日新聞出版)、『海野和男の昆虫撮影テクニック 増補改訂版』『自然のだまし絵 昆虫の擬態』(いずれも誠文堂新光社)、『世界のカマキリ観察図鑑』『蝶が来る庭』(いずれも草思社)など100冊を超える。

    福井 敬貴 (フクイ ケイキ)
    福井 敬貴(フクイ ケイキ):1994年生まれ。福島県出身。2017年多摩美術大学美術学部彫刻学科卒業。2019年同大学院 美術研究科修士課程彫刻専攻修了。学生時代は主に鋳造技法を用いた彫刻作品や昆虫標本を用いた作品を制作。大学入学後サークル活動として「虫部 TUBE」を立ち上げ、2015年より「五美虫((ごみむし) 」(多摩美、武蔵野美、東京造形、女子美、東京藝大の都内5大学の虫好きにより構成されたグループ)を結成し展示活動やワークショップなどを継続して行った。昆虫標本の展足技術がコレクターや研究者から高く評価され、標本の作成依頼を受け付ける他、書籍や展示への協力、昆虫フィギュアの造形監修、アート作品の発表など分野を横断した活動を行っている。

    法師人 響 (ホシト ヒビキ)
    法師人 響(ホシト ヒビキ):新進気鋭の昆虫写真家、標本撮影技術に定評がある。水棲昆虫、ゴミムシ、オサムシ類の生態撮影にも情熱を注ぐ。本書では、標本写真のほぼ全て、水棲昆虫、ゴミムシ、オサムシを担当。
    「所さんの目がテン!」(日テレ)に出演。写真集『驚異の標本箱』(KADOKAWA/共著)、『学研の図鑑LIVE 新版 昆虫』(学研プラス)表紙写真など。

世界で一番美しい甲虫図鑑―きらびやかに、つややかに輝く(ネイチャー・ミュージアム) の商品スペック

商品仕様
出版社名:誠文堂新光社
著者名:海野 和男(写真・著)/法師人 響(写真・著)/福井 敬貴(標本制作・著)
発行年月日:2023/05/18
ISBN-10:441652322X
ISBN-13:9784416523223
判型:規大
発売社名:誠文堂新光社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:生物学
言語:日本語
ページ数:160ページ
縦:26cm
他の誠文堂新光社の書籍を探す

    誠文堂新光社 世界で一番美しい甲虫図鑑―きらびやかに、つややかに輝く(ネイチャー・ミュージアム) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!