国際関係論(シリーズ戦争学入門) [全集叢書]
    • 国際関係論(シリーズ戦争学入門) [全集叢書]

    • ¥2,640159ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年5月27日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
国際関係論(シリーズ戦争学入門) [全集叢書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003716114

国際関係論(シリーズ戦争学入門) [全集叢書]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:159ポイント(6%還元)(¥159相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月27日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:創元社
販売開始日: 2023/10/23
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

国際関係論(シリーズ戦争学入門) [全集叢書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    現在の国際秩序はどのような歴史を経て成立したのか―本書では、アクターの主観とアクター間で共有される認識に着目し、国際秩序の形成過程をコンストラクティヴィズムの立場から説明。さらにグローバル・サウス諸国を考察の対象として本格的に組み入れ、真にグローバルな観点から国際秩序の変容を論じる。新時代にふさわしい、国際関係論の入門書。
  • 目次

    第1章 国際関係とは?
    第2章 政治的権威のグローバルな編成
    第3章 理論は友達
    第4章 戦争
    第5章 経済
    第6章 権利
    第7章 文化
    第8章 政治学の不可欠な分野としての国際関係論
    用語解説
    参考文献
    さらなる学習のために
    索引
  • 出版社からのコメント

    コンストラクティヴィズムに立脚し、中世から現代に至る国際秩序の形成過程を説明する。新時代の国際関係論入門書。
  • 内容紹介

     20世紀末までのアメリカを中心とする国際関係論の主流は、「リアリズム」と「リベラリズム」であった。前者は主権国家の対立的な関係から勢力均衡による国際秩序の達成・維持を説明し、後者は国際法や国際制度、国際貿易がもたらす協調的な関係から国際秩序を説明する。

    いずれも国際秩序を客観的に捉えることを目指すが、国際関係では客観的な視点だけでは説明しきれない事象が起きる。これに対して、アクターの主観とアクター間で共有される認識に着目して国際関係を捉えようとするのが「コンストラクティヴィズム」である。

    本書ではコンストラクティヴィズムの立場から、中世から現代に至る国際秩序の形成過程、すなわち「政治的権威のグローバルな編成」を説明する。また、従来の国際関係論では必ずしも十分に論じられたとはいえない、中国、インド、東南アジア諸国、太平洋諸国といった非西洋諸国をも考察の対象とし、真にグローバルな観点から国際秩序の変容を論じる。新時代にふさわしい、国際関係論の入門書。

    図書館選書
    アクターの主観とアクター間で共有される認識に着目するコンストラクティヴィズムに立脚、中世から現代に至る国際秩序の形成過程を説明する。新時代の国際関係論の入門書。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ルース=スミット,クリスチャン(ルーススミット,クリスチャン/Reus-Smit,Christian)
    クイーンズランド大学人文社会学部国際関係論学科教授。ラトローブ大学卒業後、メルボルン大学で修士号、コーネル大学で博士号取得。モナシュ大学上級講師、オーストラリア国立大学教授、同大学アジア太平洋研究所副所長を経て、2013年から現職

    山本 文史(ヤマモト フミヒト)
    翻訳家、近現代史家。1971年フランス、パリ生まれ。獨協大学外国語学部英語学科卒業、同大学院外国語学研究科英語学専攻博士前期課程修了、シンガポール国立大学人文社会学部歴史学科大学院博士課程修了(Ph.D.)

    石津 朋之(イシズ トモユキ)
    防衛省防衛研究所戦史研究センター主任研究官
  • 著者について

    クリスチャン・ルース=スミット (クリスチャン ルース=スミット)
    クリスチャン・ルース?スミット(Christian Reus-Smit)
    クイーンズランド大学人文社会学部国際関係論学科教授。ラトローブ大学卒業後、メルボルン大学で修士号、コーネル大学で博士号取得。モナシュ大学上級講師、オーストラリア国立大学教授、同大学アジア太平洋研究所副所長を経て、2013年から現職。著書:On Cultural Diversity: International Theory in a World of Difference (Cambridge University Press, 2018), The Globalisation of International Society Editor with Tim Dunne (Oxford University Press, 2017), Individual Rights and the Making of the International System (Cambridge University Press, 2013) ほか多数。

    山本 文史 (ヤマモト フミヒト)
    山本文史(やまもと ふみひと)
    翻訳家、近現代史家。1971年フランス、パリ生まれ。獨協大学外国語学部英語学科卒業、同大学院外国語学研究科英語学専攻博士前期課程修了、シンガポール国立大学人文社会学部歴史学科大学院博士課程修了(Ph. D.)。著訳書:『日英開戦への道――イギリスのシンガポール戦略と日本の南進策の真実』(中公叢書、2016年)、ポール・ケネディ著『イギリス海上覇権の盛衰(上)(下)』(中央公論新社、2020年)、ニーアル・ファーガソン著『大英帝国の歴史(上)(下)』(中央公論新社、2018年)、キショール・マブバニ著『大収斂――膨張する中産階級が世界を変える』(中央公論新社、2015年)ほか。

国際関係論(シリーズ戦争学入門) [全集叢書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:創元社
著者名:クリスチャン ルース=スミット(著)/山本 文史(訳)
発行年月日:2023/10/20
ISBN-10:4422300865
ISBN-13:9784422300863
判型:B6
発売社名:創元社
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:政治含む国防軍事
言語:日本語
ページ数:224ページ
縦:19cm
横:13cm
厚さ:2cm
重量:255g
その他: 原書名: International Relations〈Reus-Smit,Christian〉
他の創元社の書籍を探す

    創元社 国際関係論(シリーズ戦争学入門) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!