知られざるマヤ文明ライフ―え?マヤのピラミッドは真っ赤だったんですか!? [単行本]
    • 知られざるマヤ文明ライフ―え?マヤのピラミッドは真っ赤だったんですか!? [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月19日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003718131

知られざるマヤ文明ライフ―え?マヤのピラミッドは真っ赤だったんですか!? [単行本]

譽田 亜紀子(著)スソ アキコ(イラスト)
価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月19日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:誠文堂新光社
販売開始日: 2023/07/12
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

知られざるマヤ文明ライフ―え?マヤのピラミッドは真っ赤だったんですか!? の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    古代マヤ人たちはどんな環境で暮らし、何を食べて、どんなものを着ていたのか―。本書では、王さまの暮らしから庶民の生活に至るまで、古代マヤに生きた人たちの日常に迫ります。縄文研究から飛び出したコンダさんと一緒に、古代マヤ文明への時空の旅に出かけましょう!
  • 目次

    1章 ようこそマヤ・ワールドへ! マヤ文明の基礎知識
    2章 マヤ人たちの衣・食・住
    3章 王の役割と農民の日常
    4章 マヤ文明を形作るもの
    5章 マヤ人が信じるもの
    6章 マヤざっくり解説
  • 出版社からのコメント

    古代マヤ人が何を食べてどんな服装で何を信じて生きていたのか、その謎に迫る!
  • 内容紹介

    ジャングルの奥にある真っ赤なピラミッドと真っ白な道。
    古代マヤは高度な天文知識や建築技術を備えたマヤ人たちが、王を中心に神を信仰し、栄華を誇った文明でした。

    メキシコ南部からグアテマラ、ベリーズ、エルサルバドルの全域、ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカの一部を含む、中部アメリカで興った古代都市文明圏をメソアメリカといい、そのメソアメリカの中で特によく知られている文明がマヤ文明とアステカ文明です。本書ではマヤ文明を取り上げて、王や貴族の暮らしだけではなく、市井の人々の生活を豊富なイラストとともに紹介します。

    鉄器がないマヤで、あの巨大なピラミッドをどうやってつくったのか、マヤの王さまの驚くべきお仕事、庶民はどんなものを食べて暮らしていたのか、などなど、古代マヤの日常生活に迫った1冊です。


    ■目次
    1章 ようこそマヤ・ワールドへ! マヤ文明の基礎知識
    2章 マヤ人たちの衣・食・住
    3章 王の役割と農民の日常
    4章 マヤ文明を形作るもの
    5章 マヤ人が信じるもの
    6章 マヤざっくり解説

    ***********************
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    譽田 亜紀子(コンダ アキコ)
    文筆家。岐阜県生まれ。京都女子大学卒業。奈良県橿原市の観音寺本馬遺跡の土偶との出会いをきっかけに各地の博物館や遺跡を訪ね歩き、土偶そして縄文時代の研究を重ねている。現在は各種メディアや講演会を通して土偶や縄文時代の魅力を発信する活動も行う

    寺崎 秀一郎(テラサキ シュウイチロウ)
    早稲田大学文学学術院教授。1967年熊本県生まれ。早稲田大学文学研究科博士後期課程満期退学。2001年より早稲田大学専任講師、助教授(准教授)を経て現職。大学院在学中に青年海外協力隊考古学隊員としてホンジュラス共和国に派遣。専門はマヤ考古学
  • 著者について

    譽田 亜紀子 (コンダ アキコ)
    (著)譽田 亜紀子:文筆家。岐阜県生まれ。京都女子大学卒業。奈良県橿原市の観音寺本馬遺跡の土偶との出会いをきっかけに各地の博物館や遺跡を訪ね歩き、土偶そして縄文時代の研究を重ねている。現在は各種メディアや講演会を通して土偶や縄文時代の魅力を発信する活動も行う。著書に『はじめての土偶』(世界文化社)、『土偶のリアル』『土偶界へようこそ』(いずれも山川出版社)、『縄文のヒミツ』(2018年、小学館)、『知られざる縄文ライフ』『知られざる弥生ライフ』『知られざる古墳ライフ』(いずれも誠文堂新光社)他多数。

    寺崎 秀一郎 (テラサキ シュウイチロウ)
    (監修)寺崎 秀 一郎:早稲田大学文学学術院教授。1967年熊本県生まれ。早稲田大学文学研究科博士後期課程満期退学。2001年より早稲田大学専任講師、助教授(准教授)を経て現職。大学院在学中に青年海外協力隊考古学隊員としてホンジュラス共和国に派遣。専門はマヤ考古学。著書に『図説古代マヤ文明』(河出書房)、『文字の考古学II』(同成社、分担執筆)など。

知られざるマヤ文明ライフ―え?マヤのピラミッドは真っ赤だったんですか!? の商品スペック

商品仕様
出版社名:誠文堂新光社
著者名:譽田 亜紀子(著)/スソ アキコ(イラスト)
発行年月日:2023/07/17
ISBN-10:4416523300
ISBN-13:9784416523308
判型:A5
発売社名:誠文堂新光社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:外国歴史
言語:日本語
ページ数:160ページ
縦:21cm
他の誠文堂新光社の書籍を探す

    誠文堂新光社 知られざるマヤ文明ライフ―え?マヤのピラミッドは真っ赤だったんですか!? [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!