コミュニケーションの問題地図―「で、どこから変える?」意識バラバラ、情報共有できない職場 [単行本]
    • コミュニケーションの問題地図―「で、どこから変える?」意識バラバラ、情報共有できない職場 [単行本]

    • ¥1,760106ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月21日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003722986

コミュニケーションの問題地図―「で、どこから変える?」意識バラバラ、情報共有できない職場 [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:106ポイント(6%還元)(¥106相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月21日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:技術評論社
販売開始日: 2023/07/27
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

コミュニケーションの問題地図―「で、どこから変える?」意識バラバラ、情報共有できない職場 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「この人とコミュニケーションしたい!」「この人たちと対話したい!」「このチームでは意見を言う甲斐がある!」そう思えるような組織と人を創っていこう。思考停止ワードを分解して、半径5m以内からのアクションへ。
  • 目次

    ■■はじめに コミュニケーションなる思考停止ワードに、そろそろ真剣に向き合おう!


    ■■1丁目 一方通行
    ■どちらかの思惑が先走る。相手との分断を生む、3つのズレ
    ■相手と見ている景色や思惑は悪気なくズレるさ、にんげんだもの
    ■1「ズレている」ことを言葉で指摘する
    ■2「5つの要素」に分解しながら、相手と景色を合わせる
    ■3対話力を鍛える
    ■4ファシリテーターを立てる/育成する
    ■5その仕事における期待役割を明文化する
    ■6お互いの人となりを知る機会を創る
    ■7誤解を可視化し言語化する
    ■そもそも「対話」ができているか?


    ■■2丁目 階層間の景色が合わない
    ■ビジョン、ミッション、バリュー、パーパス……キレイに掲げられてはいるものの
    ■5つの「ない」で、みんな我関せず、宙に浮いてしまう
    ■残念な組織には4つの「低下」がもたらされる
    ■1自分たちでビジョン、ミッション、バリュー、パーパスを(再)定義する/かみ砕く機会を設ける
    ■2キーワードや文章をわかりやすくする
    ■3経営と現場との対話機会を増やす
    ■4とにかく行動、とにかく意味づけする
    ■5人事評価制度や採用基準とリンクさせる
    ■6常日頃からフラットなコミュニケーションを
    ■コラム 自分の仕事に対するスタンスやポリシーを発信(自己開示)しよう


    ■■3丁目 こそこそ主義
    ■「この会社には、情報共有って概念がないのか……」
    ■あなたの組織は大丈夫!? 4つの情報共有不全
    ■「相手が意思決定に参画できない」状態こそが問題
    ■1テキストベース、チャットベースで情報共有する
    ■2期待役割を明確にする
    ■3用語や言い回しの定義や汎用化をする
    ■4越境体験をする ~正しい「違和感」を持つために


    ■■4丁目 忖度文化
    ■役職者や社歴の長い人、年上の人の言うことは絶対。彼ら/彼女たちが心地いいやり方に合わせろ……先生、それでイイんですか!?
    ■とはいえ、ネイティブの人たちの気持ちもわかるし、今までのやり方の合理性もある
    ■コミュニケーションコストの増大、意思決定の質の低下も大きな問題
    ■1なによりトップが覚悟を決める/トップに覚悟を迫る
    ■2コミュニケーションのやり方を変える
    ■3プロジェクト型の仕事を増やす/体験してみる
    ■4若手だけに任せる領域をつくる
    ■5雑務をなくす/減らす
    ■6越境体験でアンラーニングする
    ■7スキルを向上させる


    ■■5丁目 目先主義
    ■「目先の仕事で手一杯」その切ない景色のまわりにあるもの
    ■「蚊が出た→パーン!」の繰り返しは、組織全体を近視眼的にする
    ■1とにかくやめることを決める
    ■2「現在時間」「未来時間」にどれだけ使っているかをふりかえる
    ■3対話の場や選択肢を増やす
    ■4バックキャスティングの対話をする
    ■5中長期で取り組むタスクを決める、任せる
    ■6中長期の変化と成果を評価する
    ■7関係性を見える化し、マネジメントする
    ■8手を動かしながら雑談や未来の話をする
    ■9たまには景色を変えてみる
    ■10越境体験を取り入れる
    ■コラム オフィスライブラリーを設けよう


    ■■6丁目 とりあえず1on1
    ■「形骸化した1on1」利用者の声から見えてくるもの
    ■なぜ起こる? 無力感しか残らない1on1
    ■1on1は万能薬ではない
    ■1目的に立ち返る
    ■2事前にテーマを設定する
    ■3お互いの期待役割を明確に
    ■4日頃から相手を観察する
    ■5聞き手、アドバイザーに徹する
    ■6「意外な収穫」に名前を付ける
    ■71on1のバリエーションを増やす
    ■8未来の話をする
    ■9マネージャーの能力とリテラシーを育成する、不適格な人はマネジメントから外す


    ■■7丁目 コミュニケーションコストの意識がない
    ■一挙公開:こいつらがコミュニケーションコストだ!
    ■コミュニケーションコスト意識が低い、鈍感組織の特徴3つ
    ■コミュニケーションコストの低い組織に広がるどんより景色
    ■コミュニケーションコストに無頓着な組織、行きつく先はエンゲージメント低下、コラボレーション力低下、そしてブランド力の低下
    ■とはいえ、必要なコミュニケーションまで削ってしまうのはこれまた問題
    ■1とにかく「コミュニケーションコスト」なる発想を社内教育・啓蒙する
    ■2何が無駄なコミュニケーションコストかを対話する
    ■3ルーチンワークを効率化し、管理間接業務を削減する
    ■4管理部門がアンラーニングする
    ■5チャットのコミュニケーションを基本とする
    ■6人事評価制度のアップデートもお忘れなく
    ■コラム 発言しない人、意見のない人が会議に参加するのはムダ? 本当に?


    ■■おわりに 景色が変われば、組織は変わる
  • 内容紹介

    「『このくらい説明しなくてもわかるだろう』と思っていたら、さっぱり伝わらない、話が噛み合わない」
    「キレイなミッション・ビジョン・バリュー・パーパスはあるけど、だれも行動が変わらない」
    「大事な情報を一部の人だけ握ってまったく共有されない」
    「役職者や社歴の長い人、年上の人の言うことは絶対」
    「目先のことで精いっぱい、雑談すらできないし、業務改善や未来の話なんて遠くの星の夢物語」
    「1on1ミーティングなんてイヤだ、一方的に詰められるだけだから」
    「やたら時間や手間をかけて伝えるだけで、意味があると思えない」

    そんな職場の“あるある”、どこから変えていく?
    問題の全体像と、半径5m以内から変えていくためのアクションを集大成!

    【巻頭付録】コミュニケーションの問題 全体マップ
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    沢渡 あまね(サワタリ アマネ)
    作家/ワークスタイル&組織開発専門家。『組織変革Lab』主宰。DX白書2023有識者委員。あまねキャリア株式会社CEO/株式会社NOKIOO顧問/浜松ワークスタイルLab所長/国内大手企業人事部門顧問ほか。日産自動車、NTTデータなどを経て現職。400以上の企業・自治体・官公庁で、働き方改革、組織変革、マネジメント変革の伴走・講演および執筆・メディア出演をおこなう
  • 著者について

    沢渡 あまね (サワタリ アマネ)
    作家/ワークスタイル&組織開発専門家。『組織変革Lab』主宰。DX白書2023有識者委員。あまねキャリア株式会社CEO/株式会社NOKIOO顧問/浜松ワークスタイルLab所長/国内大手企業人事部門顧問ほか。日産自動車、NTTデータなどを経て現職。400以上の企業・自治体・官公庁で、働き方改革、組織変革、マネジメント変革の伴走・講演および執筆・メディア出演をおこなう。著書は『職場の問題地図』『新時代を生き抜く越境思考』『話が進む仕切り方』『どこでも成果を出す技術』『バリューサイクル・マネジメント』『仕事ごっこ』『業務デザインの発想法』(技術評論社)ほか多数。趣味はダムめぐり。#ダム際ワーキング 推進者。ホームページ:http://amane-career.com/Twitter:@amane_sawatari

コミュニケーションの問題地図―「で、どこから変える?」意識バラバラ、情報共有できない職場 の商品スペック

商品仕様
出版社名:技術評論社
著者名:沢渡 あまね(著)
発行年月日:2023/08/09
ISBN-10:4297135957
ISBN-13:9784297135959
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:256ページ
縦:19cm
他の技術評論社の書籍を探す

    技術評論社 コミュニケーションの問題地図―「で、どこから変える?」意識バラバラ、情報共有できない職場 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!