死政治の精神史―「聞き書き」と抵抗の文学 [単行本]
    • 死政治の精神史―「聞き書き」と抵抗の文学 [単行本]

    • ¥3,520106ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年5月30日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003728545

死政治の精神史―「聞き書き」と抵抗の文学 [単行本]

価格:¥3,520(税込)
ポイント:106ポイント(3%還元)(¥106相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月30日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:青土社
販売開始日: 2023/07/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

死政治の精神史―「聞き書き」と抵抗の文学 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    石牟礼道子、スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ、森崎和江、柳美里…「聞き書き」の政治学がここにある。人びとの身体が放つ声とことばに耳を澄ませ、人文学のあり方を再発明する。ともに生きるための文学史へ―。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序 生きさせる政治、死ぬにまかせる政治、すでに死体とみなす政治
    第1部 文学史からの問い(寂聴の苦闘、浄福の到来;強父・阿川弘之、および娘小説の批評性について;文学史と地政学―夏目漱石の「日本の開化」 ほか)
    第2部 「聞き書き」と文学史への抵抗(越境する日本語―植民二世・森崎和江の思想;森崎和江の言語論;森崎和江の「二重構造」論―「個」と「集団」を再発明する ほか)
    第3部 生政治/死政治(「犠牲地域」のオリンピック―柳美里『JR上野駅公園口』;権力関係を「使用」する―吉田修一『湖の女たち』;曖昧な肉―武田泰淳『富士』 ほか)
  • 出版社からのコメント

    ともに生きるための文学史へ――人びとの身体が放つ声とことばに耳を澄ませ、人文学のあり方を再発明する。
  • 内容紹介

    ともに生きるための文学史へ――
    石牟礼道子、スベトラーナ・アレクシエーヴィチ、森崎和江、柳美里……「聞き書き」の政治学がここにある。人びとの身体が放つ声とことばに耳を澄ませ、人文学のあり方を再発明する。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    佐藤 泉(サトウ イズミ)
    1963年生まれ。専門は近現代日本文学。青山学院大学文学部教授

死政治の精神史―「聞き書き」と抵抗の文学 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:青土社
著者名:佐藤 泉(著)
発行年月日:2023/07/31
ISBN-10:4791775724
ISBN-13:9784791775729
判型:B6
発売社名:青土社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:哲学
言語:日本語
ページ数:432ページ
縦:19cm
他の青土社の書籍を探す

    青土社 死政治の精神史―「聞き書き」と抵抗の文学 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!