子どもという世界―いつも私たちのそばにあって、いつかの私たちのすがた [単行本]
    • 子どもという世界―いつも私たちのそばにあって、いつかの私たちのすがた [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月26日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003735074

子どもという世界―いつも私たちのそばにあって、いつかの私たちのすがた [単行本]

キム ソヨン(著)オ ヨンア(訳)イム ジーナ(イラスト)
価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月26日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:かんき出版
販売開始日: 2023/07/22
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

子どもという世界―いつも私たちのそばにあって、いつかの私たちのすがた の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    子どもだって、この社会の立派な構成員!大人の意識を変える珠玉のエッセイ。2022 Asia Book Awards受賞。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1部 身近にいる子ども(時間がかかるだけだよ;先生はボールが怖いの?;いい子 ほか)
    2部 子どもと私(一番さみしい子を基準にして;一つ屋根の下で暮らす友だち;心の中の先生 ほか)
    3部 世界の中の子ども(今日は誕生日なんだです?;一人は小さくても一人;簡単な問題 ほか)
  • 出版社からのコメント

    韓国で20万部突破!子育て世代にはもちろん、幅広い読者層から熱い支持を集めているベストセラー!
  • 内容紹介

    【2022 Asia Book Awards受賞!】
    ★韓国で20万部突破! 
    ★子育て世代にはもちろん、幅広い読者層から熱い支持を集めているベストセラー!
    ★イラストは人気イラストレーター、イム・ジーナさん!
    ★SF9のロウン、HA:TFELT(ホットフェルト)、歌手でエッセイストのイ・ラン、作家・映画監督などからもSNSで大推薦!
    ★大切な気づきを与えてくれる! 大人の意識を変える珠玉のエッセイ!

    ――私たちのそばにいる存在であり、いつかの私たちのすがた
    ――忘れ去った子どもの心を思い出し、自らの人生を振り返らせてくれる

     本書は、多彩な色を放つ子どもたちとのエピソードを集めた一冊。
    柔軟で、奇抜な発想で見慣れぬ世界と向き合っていく子どもたち。ちょっとした危険ならば勇敢にたち向かって冒険を楽しむ子ども、どこまでも愛情深くやさしい子ども、大人の間違いをはっきり指摘する子ども…。

     特別個性的な子どもたちのエピソードを集めたわけではない。大部分の大人が、なんとなく素通りしてしまいがちな瞬間を著者キム・ソヨンは、つぶさに見つめて心を込めて記録してきた。本書に登場する子どもたちはみな、特別な子ではなく、自分の考えと声をもった一人の個人として登場する。

     子どもの心理を解説したりするのではなく、一人ひとりの子どもがありのままの姿で私たちのそばに「存在している」ことを知らせてくれる。
     スニーカーの紐を結ぶのに時間がかかったり、一人でエレベーターに乗れなかったり、嫌いなにんじんをお皿から抜いたりするささやかな瞬間をとらえて、少し不器用でもゆっくりでも、自分の役割を必死でこなそうとしている子どもがここにいる、ということを教えてくれる。
     どんな姿だってかまわない、どんな子だっていい、一緒に仲良くやっていこう、と子どもたちに向かって両手を広げてくれる著者の声が、大人の読者の世界にも、いつのまにか子どもの居場所を作ってくれる、そんな本だ。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    キム ソヨン(キム ソヨン)
    児童書の編集者として長年働き、現在は読書教室で子どもたちと本を読んでいる

    オ ヨンア(オ ヨンア)
    呉永雅。韓国の小説やエッセイを日本語に翻訳するかたわら、梨花女子大通訳翻訳大学院、韓国文学翻訳院で翻訳を教えている

    イム ジーナ(イム ジーナ)
    イラストレーター、エッセイスト
  • 著者について

    キム・ソヨン (キム ソヨン)
    児童書の編集者として長年働き、現在は読書教室で子どもたちと本を読んでいる。
    著書に『児童書の読み方』『語る読書法』(すべて原題)がある。
    https://blog.naver.com/sohosays

    オ・ヨンア (オ ヨンア)
    韓国の小説やエッセイを日本語に翻訳するかたわら、梨花女子大通訳翻訳大学院、韓国文学翻訳院で翻訳を教えている。訳書に『ママにはならないことにしました』チェ・ジウン著、『続けてみます』ファン・ジョンウン著(共に晶文社)、『かけがえのない心』チョ・ヘジン著(亜紀書房)、『本当に大切な君だから』キム・ジフン著(小社)など。

子どもという世界―いつも私たちのそばにあって、いつかの私たちのすがた の商品スペック

商品仕様
出版社名:かんき出版
著者名:キム ソヨン(著)/オ ヨンア(訳)/イム ジーナ(イラスト)
発行年月日:2023/07/20
ISBN-10:4761276843
ISBN-13:9784761276843
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:外国文学その他
言語:日本語
ページ数:224ページ
縦:21cm
横:15cm
厚さ:2cm
重量:306g
他のかんき出版の書籍を探す

    かんき出版 子どもという世界―いつも私たちのそばにあって、いつかの私たちのすがた [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!