いたみを抱えた人の話を聞く [単行本]
    • いたみを抱えた人の話を聞く [単行本]

    • ¥1,87057ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月21日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
いたみを抱えた人の話を聞く [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003737578

いたみを抱えた人の話を聞く [単行本]

岸本 寛史(著)近藤 雄生(聞き手)
価格:¥1,870(税込)
ポイント:57ポイント(3%還元)(¥57相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月21日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:創元社
販売開始日: 2023/09/07
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

いたみを抱えた人の話を聞く [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    多くの吃音当事者に話を聞いてきたノンフィクション作家が聞き手となり、患者一人ひとりの物語に耳を傾けながら治療を行う緩和ケア医と言葉を交わした対話の記録。
  • 目次

    はじめに
     身体の問題と心の問題は切り離せない
     エビデンスからこぼれ落ちるもの
     いたみを抱えた人の話を聞く

    第一章 岸本先生はどのように話を聞いてきたか
     ただ、そばにいること
     この人の思いを全然わかっていなかった
     しっかりかかわれたら、しっかり別れることができる
     患者とのやり取りを外から見つめる目を持つ

    第二章 話を聞く方法について
     意識水準を下げて聞く
     葛藤を抱える
     まずは聞く。そして考える
     医療の現場での話の聞き方の問題点
     治療構造について

    第三章 夢によって開かれた心理学への扉
     学生時代に夢があふれ出した
     幼いころから死が怖かった
     医学的な観点だけからは見えてこないことがある
     山中康裕先生からの学び
     身体イメージが話の中に紛れてくる

    第四章 現代の医療について
     脳科学的に見直されつつある夢の意味
     せん妄の捉え方から見える医療の問題
     「鎮静」に関する懸念について
     できることはすべてやった、と本当に言えるか
     エビデンスが切り捨てるもの
     「エビデンス」の本来の姿
     「死」と向き合わない緩和ケア
     緩和医療が個からエビデンスに向かう理由
     これからの医療のあり方について

    第五章 いたみを抱えた人の話を聞くことについて
     死とどう向き合うか
     死を迎えるときの時間体験
     キューブラー=ロスが遺したもの
     「傷ついた治療者」として
     病の先にありうる「幸福感」
     苦しみがあるからこそ

    おわりに 近藤雄生
     人間を人間たらしめるもの
     ともに明日へと踏み出すために

    おわりに 岸本寛史
    参考文献
  • 出版社からのコメント

    患者の物語に耳を傾けながら治療を行う緩和ケア医と、多くの吃音当事者に話を聞いてきたノンフィクション作家の対話の記録。
  • 内容紹介

    身体的、心理的にいたみを持つ人たちの語りを、どのように聞けばいいのか? 生きていくなかで出会う苦しみや死と、どう向き合えばいいのか? エビデンス重視の現代医療に警鐘を鳴らし、患者一人ひとりの物語に耳を傾けながら治療を行う緩和ケア医と、多くの吃音当事者に話を聞いてきたノンフィクション作家が、人のいたみ、そして自分自身のいたみを巡って言葉を交わした対話の記録。

    図書館選書
    エビデンス重視の現代医療に警鐘を鳴らし、患者一人ひとりの物語に耳を傾けながら治療を行う緩和ケア医と、多くの吃音当事者に話を聞いてきたノンフィクション作家の、他者と自分自身の「いたみ」を巡る対話の記録。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    近藤 雄生(コンドウ ユウキ)
    1976年東京都生まれ。東京大学工学部卒業、同大学院修了。2003年、旅をしながらライターとして活動しようと、結婚直後の妻とともに日本を発つ。オーストラリア、東南アジア、中国、ユーラシア大陸で、5年以上にわたって、移動・定住を繰り返しながら月刊誌や週刊誌にルポルタージュなどを寄稿。2008年に帰国。以来、京都市を拠点に執筆する。大谷大学/放送大学非常勤講師、理系ライター集団「チーム・パスカル」メンバー

    岸本 寛史(キシモト ノリフミ)
    1966年生まれ。1991年京都大学医学部卒業。内科医。富山大学保健管理センター助教授、京都大学医学部附属病院准教授を経て、現在、静岡県立総合病院緩和医療科部長
  • 著者について

    近藤 雄生 (コンドウ ユウキ)
    近藤雄生(こんどう・ゆうき)
    1976年東京都生まれ。東京大学工学部卒業、同大学院修了。2003年、旅をしながらライターとして活動しようと、結婚直後の妻とともに日本を発つ。オーストラリア、東南アジア、中国、ユーラシア大陸で、5年以上にわたって、移動・定住を繰り返しながら月刊誌や週刊誌にルポルタージュなどを寄稿。2008年に帰国。以来、京都市を拠点に執筆する。著書に『吃音 伝えられないもどかしさ』(新潮文庫)『旅に出よう』(岩波ジュニア新書)『遊牧夫婦』(角川文庫/ミシマ社)『まだ見ぬあの地へ』(産業編集センター)『10代のうちに考えておきたい 「なぜ?」「どうして?」』(岩波ジュニアスタートブックス)『オオカミと野生のイヌ』(共著、エクスナレッジ)などがある。大谷大学/放送大学 非常勤講師、理系ライター集団「チーム・パスカル」メンバー。ウェブサイトhttps://www.yukikondo.jp/

    岸本 寛史 (キシモト ノリフミ)
    岸本寛史(きしもと・のりふみ)
    1966年生まれ。1991年京都大学医学部卒業。内科医。富山大学保健管理センター助教授、京都大学医学部附属病院准教授を経て、現在、静岡県立総合病院緩和医療科部長。主な著書『せん妄の緩和ケア』『迷走する緩和ケア』『がんと心理療法のこころみ』『バウムテスト入門』『緩和のこころ』(誠信書房)『緩和ケアという物語』(創元社)『ニューロサイコアナリシスへの招待』(編著、誠信書房)『がんと嘘と秘密』(共著、遠見書房)。主な訳書『神経精神分析入門』(青土社)『意識はどこから生まれてくるのか』『なぜ私は私であるのか』『ユングの『アイオーン』を読む』『キリスト元型』(共訳、青土社)『ナラティブ・メディスン』(共訳、医学書院)『バウムテスト第三版』『関係するこころ』(共訳、誠信書房)ほか。

いたみを抱えた人の話を聞く [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:創元社
著者名:岸本 寛史(著)/近藤 雄生(聞き手)
発行年月日:2023/09/10
ISBN-10:4422118129
ISBN-13:9784422118123
判型:B6
発売社名:創元社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:心理学
言語:日本語
ページ数:224ページ
縦:19cm
横:13cm
厚さ:2cm
重量:245g
他の創元社の書籍を探す

    創元社 いたみを抱えた人の話を聞く [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!