魔女絵の物語―魔女をめぐる図像の歴史と変遷 [単行本]
    • 魔女絵の物語―魔女をめぐる図像の歴史と変遷 [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年5月30日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
魔女絵の物語―魔女をめぐる図像の歴史と変遷 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003739415

魔女絵の物語―魔女をめぐる図像の歴史と変遷 [単行本]

アリックス パレ(著)冨田 章(訳・監修)
価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月30日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:グラフィック社
販売開始日: 2023/08/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

魔女絵の物語―魔女をめぐる図像の歴史と変遷 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    古代より神話や聖書、文学、芸術に登場し人々とともに存在し続けてきた魔女。デューラー、ブリューゲル、ゴヤ、ドラクロワ、クレー、ミロなど偉大な芸術家たちは魔女をどのように表現してきたのでしょうか?紀元前から現代にいたるまでの魔女とその図像の歴史と変遷を紹介します。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    魔女を物語る重要作品18(“オデュッセウスとキルケー”ブリュッセルのオイノコエの画家に帰属/紀元前470~460年頃/粘土/高さ20.2cm/ルーヴル美術館、パリ;“牡山羊の礼拝”あるいは“サバトの情景”マルゲリート・ド・ヨーク/ジャン・ティンクトール『ヴァルド派の罪について』の挿絵/1470~1480年/羊皮紙に彩色/24.9×18cm/フランス国立図書館、パリ;“魔女”アルブレヒト・デューラー/1500年頃/銅版画/11.7×7.2cm/ウフィッツイ美術館、フィレンツェ;“ふたりの魔女”ハンス・バルドゥング・グリーン/1523年頃;ミクスト・メディア、板/65.3×45.6cm/シュテーデル美術館、フランクフルト;“狂女フリート”ピーテル・ブリューゲル(父)/1563年/油彩、板/115×161cm/マイヤー・ファン・デン・ベルク美術館、アントウェルペン ほか)
    魔女を物語る意外な作品19(“演劇の一場面:呪術師への訪問”ディオスコリド・デ・サモス/紀元前2世紀/モザイク/42×35cm/国立考古学博物館、ナポリ;“魔女”ジョヴァンニ・フランチェスコ・バルビエリ、通称グエルチーノ/1640年頃/インク、紙/19.5×17cm/ロイヤル・コレクション、イギリス;“魔女のいる情景”サルヴァトール・ローザ/1645~1649年頃/油彩、カンヴァス/直径54.5cm/クリーヴランド美術館、クリーヴランド;“角の生えた魔女”作者不詳/18世紀/油彩、カンヴァス/個人蔵;“マクベスの3人の魔女”ダニエル・ガードナー/1775年/グァッシュ・チョーク、カンヴァス/94×79cm/ナショナル・ポートレート・ギャラリー、ロンドン ほか)
  • 出版社からのコメント

    偉大な芸術家が魅了され、創作した「魔女」アートの数々
  • 内容紹介

    古代より神話や聖書、文学、芸術はもちろん、社会の中で人々とともに存在してきた魔女。
    偉大な芸術家たちは魔女をどのように表現してきたのでしょうか?
    現代にいたるまでの魔女とその図像の歴史と変遷を紹介します。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    パレ,アリックス(パレ,アリックス/Par´e,Alix)
    ルーヴル美術学校卒。17~20世紀西洋絵画の専門家。8年間、ルーヴル美術館とヴェルサイユ宮殿で勤務。美術史のワークショップや講演を行うほか、パリで開催される大規模展覧会に関わる

    冨田 章(トミタ アキラ)
    1958年生まれ。慶應義塾大学文学部卒。成城大学大学院文学研究科修了。財団法人そごう美術館、サントリーミュージアム“天保山”を経て、現在、東京ステーションギャラリー館長。これまで「ロートレック展 パリ、美しい時代を生きて」「エミール・クラウスとベルギーの印象派」「シャガール―三次元の世界」「メスキータ」などの展覧会に関わる
  • 著者について

    アリックス・パレ (アリックス パレ)
    ルーヴル美術学校卒。17~20世紀西洋絵画の専門家。
    8年間、ルーヴル美術館とヴェルサイユ宮殿で勤務。
    美術史のワークショップや講演を行うほか、パリで開催される大規模展覧会に関わる。
    主な著書に『悪魔絵の物語』(弊社)など。

    冨田 章 (トミタ アキラ)
    1958年生まれ。慶應義塾大学文学部卒。成城大学大学院文学研究科修了。
    財団法人そごう美術館、サントリーミュージアム[天保山]を経て、現在、東京ステーションギャラリー館長。
    これまで「ロートレック展 パリ、美しい時代を生きて」「エミール・クラウスとベルギーの印象派」
    「シャガール―三次元の世界」「メスキータ」などの展覧会に関わる。
    著書に『ビアズリー 怪奇幻想名品集』『ゴッホ作品集』(いずれも東京美術)、
    『偽装された自画像―画家はこうして嘘をつく』(祥伝社)、『代表作でわかる印象派BOX』(講談社)、
    訳書に『ゴーガン』(西村書店)など多数。

魔女絵の物語―魔女をめぐる図像の歴史と変遷 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:グラフィック社
著者名:アリックス パレ(著)/冨田 章(訳・監修)
発行年月日:2023/08/25
ISBN-10:4766137698
ISBN-13:9784766137699
判型:B5
発売社名:グラフィック社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:諸芸・娯楽
言語:日本語
ページ数:108ページ
縦:24cm
横:17cm
厚さ:1cm
重量:376g
その他: 原書名: Sorci〓re - De Circ´e aux sorci〓res de Salem:Un mythe 〓 (re)d´ecouvrir en 40 notices〈Par´e,Alix〉
他のグラフィック社の書籍を探す

    グラフィック社 魔女絵の物語―魔女をめぐる図像の歴史と変遷 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!