図解でわかる再生可能エネルギー×電力システム―脱炭素を実現するクリーンな電力需給技術(未来エコ実践テクノロジー) [単行本]
    • 図解でわかる再生可能エネルギー×電力システム―脱炭素を実現するクリーンな電力需給技術(未来エコ実践テクノロジー) [単行...

    • ¥2,97090ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月19日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003744379

図解でわかる再生可能エネルギー×電力システム―脱炭素を実現するクリーンな電力需給技術(未来エコ実践テクノロジー) [単行本]

価格:¥2,970(税込)
ポイント:90ポイント(3%還元)(¥90相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月19日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:技術評論社
販売開始日: 2023/09/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

図解でわかる再生可能エネルギー×電力システム―脱炭素を実現するクリーンな電力需給技術(未来エコ実践テクノロジー) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    再生可能エネルギーは、太陽光や風力などの自然の力を利用するため、持続可能でCO2を排出しないクリーンなエネルギーとして注目されています。再エネでつくった電力を有効的に使うには、電力供給網の確保、蓄電池技術などインフラ整備も欠かせません。再エネ電力をどのように電力システムに組み込んでいくのか、必要な技術、実践方法がよくわかります。
  • 目次

    第1章 再生可能エネルギーの導入・拡大の意義
    1.1 地球温暖化対策の必要性
    1.2 エネルギー政策の基本方針
    1.3 再生可能エネルギーのメリットとデメリット
    1.4 日本のエネルギー政策
    1.5 日本の再生可能エネルギーの歴史
    1.6 再生可能エネルギーと地域共生との在り方について
    Column1 GHG排出量実質ゼロとは?

    第2章 再生可能エネルギー導入・拡大の現状
    2.1 日本のエネルギー構成
    2.2 日本の再生可能エネルギーの導入実績とこれからの計画
    2.3 再生可能エネルギーの導入・拡大の施策や取り組み
    2.4 再生可能エネルギー電力の環境価値と市場
    2.5 海外の再生可能エネルギーの導入施策と現状
    2.6 ヨーロッパの再生可能エネルギー動向
    Column2 FIT電気に環境価値はない

    第3章 再生可能エネルギー技術のそれぞれの状況
    3.1 太陽光発電:太陽エネルギーを利用する発電システム
    3.2 太陽光発電:日本と世界の太陽光発電の導入状況
    3.3 太陽光発電:出力特性と出力制御
    3.4 風力発電:風力をエネルギーに変えるメカニズム
    3.5 風力発電:風力発電機の種類や発電コスト
    3.6 風力発電:送電方法
    3.7 風力発電:課題と解決の方向性
    3.8 水力発電:水力発電の仕組みと現状
    3.9  水力発電:カーボンニュートラル達成に向けた水力発電の貢献度
    3.10 バイオマス発電:有機資源で発電するエネルギー
    3.11 バイオマス発電:バイオマスのエネルギーシステム
    3.12 バイオマス発電:これまでの導入実績とこれからの導入計画
    3.13 バイオマス発電:多様なバイオマスと政策の動向
    3.14 バイオマス発電:課題と解決の方向性
    3.15 地熱発電:地熱と地熱発電の仕組み
    3.16 地熱発電:世界の地熱発電の利用状況
    3.17 地熱発電:日本の地熱発電の歴史と今後への期待
    3.18 地熱発電:国内の課題と解決の方向性
    Column3  オーストラリアにおける再生可能エネルギーのポテンシャル

    第4章 変革が進む電力システム
    4.1 電力システムの発展の歴史
    4.2 日本の電力系統
    4.3 ヨーロッパの電力系統
    4.4 日本の電気事業体制
    4.5 電力自由化・電力システム改革の進展
    4.6 世界の電力自由化の状況
    4.7 日本の電力関連の取引市場
    4.8 電力関連の取引市場の仕組み
    4.9 日本の電力関連市場の現状と課題
    4.10 系統連系のルールと手続き
    Column4 容量市場
  • 内容紹介

    日本では、2050年までにCO2排出量実質ゼロ(カーボンニュートラル)を実現するため、第6次エネルギー基本計画やグリーン成長戦略など、国をあげたプロジェクトが動きはじめています。これまでのエネルギー、産業の構造を抜本的に転換することが求められています。
    その中でもクリーンエネルギーとして特に重要とされている太陽光や風力発電などの再生可能エネルギー(再エネ)の割合を増やすため、エネルギー関連事業者は急ピッチで導入を進めています。また、国策であることと政府から後押しもあり、ビジネス価値も高まっています。
    再エネでつくった電力を有効的に使うには、電力供給網の確保、蓄電池技術などインフラ整備も欠かせません。どのように既存の電力供給網に組み込んでいくかが課題とされています。国内外の事情に精通した著者陣が、日本や海外の現状とこれからを見据えた再エネ技術の開発、再エネ電力をどのように電力システムに組み込んでいくのかを、最新研究をもとに詳しく語ります。
  • 著者について

    一般財団法人 エネルギー総合工学研究所 (イッパンザイダンホウジン エネルギーソウゴウコウガクケンキュウジョ)
    国のエネルギー技術戦略策定や、さまざまなエネルギー分野の調査研究を受託。再生可能エネルギー、カーボンリサイクル、カーボンニュートラルなど、脱炭素エネルギーシステム分野での最先端の情報を有する。既刊:「図解でわかるカーボンリサイクル~CO2を利用する循環エネルギーシステム」「図解でわかるカーボンニュートラル~脱炭素を実現するクリーンエネルギーシステム」他

図解でわかる再生可能エネルギー×電力システム―脱炭素を実現するクリーンな電力需給技術(未来エコ実践テクノロジー) の商品スペック

商品仕様
出版社名:技術評論社
著者名:エネルギー総合工学研究所(編著)
発行年月日:2023/10/07
ISBN-10:4297136678
ISBN-13:9784297136673
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:産業総記
言語:日本語
ページ数:352ページ
縦:21cm
他の技術評論社の書籍を探す

    技術評論社 図解でわかる再生可能エネルギー×電力システム―脱炭素を実現するクリーンな電力需給技術(未来エコ実践テクノロジー) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!