お寺のハナちゃん [単行本]
    • お寺のハナちゃん [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月27日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003749105

お寺のハナちゃん [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月27日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:リトル・モア
販売開始日: 2023/08/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

お寺のハナちゃん [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    僧侶で写真家と、おばあちゃんが暮らす佐渡島のお寺に、柴犬のハナがやってきました。大好物のお魚をもらい、山を駆け、海に出る。春夏秋冬。きょうは、どんな日になるかな。
  • 内容紹介

    写真と文で綴る
    柴犬ハナとの日々

    六道輪廻(ろくどうりんね)── 犬も魚も私も 今この時を 精いっぱい生きていく

    僧侶であり写真家の著者と、90歳の祖母が暮らす佐渡島最北端、限界集落にある寺に柴犬のハナがやってきました。
    人間たちがコロナウイルスに翻弄されるなか、佐渡島の美しい自然を謳歌する天衣無縫なハナに、2人は魅了されていきました。
    写真と、ときに僧侶らしく仏教用語を交えた文で綴ったそんな日々の一コマ一コマが、私たちに生きることの尊さを考えさせます。

    --
    「捌いた魚は、ハナにもお裾分け 肉より魚が好きな犬になった 特に寒ブリが大好物」
    「春分秋分夏至冬至 影は伸びたり縮んだり」
    「人は老い、命の火は小さくなる 山にはいつも新しい春がやってきて 芽吹き、花咲き、鳥がさえずる」
    ── 本文より
    --

    ●巻末に仏教用語の解説付き
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    梶井 照陰(カジイ ショウイン)
    1976年生まれ、新潟県出身。1999年高野山大学密教学科卒業。1995~1999年、高野山で修行。ベトナム、カンボジア、パプアニューギニアなど、世界各国を訪ね、積極的に取材して歩く。2004年、佐渡の波を撮り続けたシリーズで第1回フォイル・アワードを受賞、写真集『NAMI』を発表する。同作で、2005年度日本写真協会新人賞を受賞。現在、佐渡島にて真言宗の僧侶をしながら、写真家としての活動をおこなっている
  • 著者について

    梶井 照陰 (カジイショウイン)
    1976年生まれ、新潟県出身。1999年高野山大学密教学科卒業。1995年~1999年、高野山で修行。ベトナム、カンボジア、パプアニューギニアなど、世界各国を訪ね、積極的に取材して歩く。2004年、佐渡の波を撮り続けたシリーズで第1回フォイル・アワードを受賞、写真集『NAMI』を発表する。同作で、2005年度日本写真協会新人賞を受賞。現在、佐渡島にて真言宗の僧侶をしながら、写真家としての活動をおこなっている。他の著作に『限界集落─Marginal Village』(写真+ルポ)、写真集『KAWA』『HARBIN 2009-2012』『DIVE TO BANGLADESH』がある。

お寺のハナちゃん [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:リトルモア
著者名:梶井 照陰(著)
発行年月日:2023/09/05
ISBN-10:4898155774
ISBN-13:9784898155776
判型:B6
発売社名:リトルモア
対象:一般
発行形態:単行本
内容:写真・工芸
言語:日本語
ページ数:160ページ
縦:19cm
横:13cm
厚さ:1cm
重量:210g
他のリトル・モアの書籍を探す

    リトル・モア お寺のハナちゃん [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!