松江城(図説 日本の城と城下町〈8〉) [全集叢書]
    • 松江城(図説 日本の城と城下町〈8〉) [全集叢書]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月18日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
松江城(図説 日本の城と城下町〈8〉) [全集叢書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003750020

松江城(図説 日本の城と城下町〈8〉) [全集叢書]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月18日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:創元社
販売開始日: 2023/10/19
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

松江城(図説 日本の城と城下町〈8〉) [全集叢書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    実戦を想定してつくられた松江城の防御の秘密。国宝の現存天守には、信長・秀吉・家康に仕えた堀尾吉晴の城攻めの経験が生かされている。鉄壁の守りを誇る構えや、籠城戦も可能とした遺構をめぐる。松江城を深く知る手がかりは城下町。本来、城づくりは、城下町まで含めて計画されるもの。堀尾吉晴が築いた町割りを中心に、京極・松平氏のもとで水運とともに発展した町をめぐる。「雲州松江の文化」も楽しむ。汽水湖である宍道湖へ延びる水路と、大名茶人・不昧公によって独自の文化が育まれた松江。城めぐりをしたあとには、江戸時代から続く文化を味わう。『秘密結社 鷹の爪』作者・FROGMAN氏のインタビュー。城と城下町に秘められた本当の魅力を知るには、地元の達人に教わるのがよい。自身の作品でも松江を盛り上げるFROGMAN氏に、松江城と城下町の見どころを聞いた。
  • 目次

    ◇はじめに 堀から歴史がうかがえる水の都(西島太郎)
    ◇特別インタビュー 敵への対抗意識が潜む堀尾吉晴が建てた松江城(FROGMAN)
    松江城周辺地図
    松江市広域地図
    ◇図説 松江城ものがたり
    ◇出雲十郡の中心・松江の変遷をたどる
    《Part1 松江城を歩く》
    松江城地図
    城内1 侵入した敵を迎え撃つ「馬溜」
    城内2 7棟の米蔵が建った「二之丸下ノ段」
    城内3 中央の段差で分かつ藩主の住居「二之丸」
    城内4 「椿谷」の通称が残る西側の後曲輪
    城内5 本丸への登城道を守る「一ノ門」
    城内6 見せ方を意識し、城の威厳を示す「本丸」
    城内7 天守を守る第一の難関、集中攻撃を受ける「附櫓」
    城内8 幾多の大修理を重ね、技巧の詰まった「天守」
    城内9 水にまつわる話が残る腰曲輪と中曲輪
    城内10 隠居した藩主が住み、北西を守る「北之丸」
    ◇松江が「水の都」と呼ばれるゆえん
    ◇戦国屈指の防御を誇る出雲守護の月山富田城
    《Part2 松江の城下町を歩く》
    城下町地図
    城下1 県政の中心地として活用される「三之丸」
    城下2 商業地の面影を残す「末次・京店界隈」
    城下3 城下町の風情が色濃く残る武家地「城北地区」
    城下4 藩主の菩提寺のそばに忍者が住んだ「城西地区」
    城下5 藩の重要施設が集まる松江の心臓「城東」
    城下6 豪商たちが集い栄えた松江の玄関口「白潟」
    ◇歴代松江藩主も通った神の湯「玉造温泉」
    ◇神を迎え、送り出す出雲の地の神在祭
    《Part3 雲州松江の文化探訪》
    雲州松江の食文化
    雲州松江の芸能・芸術
    雲州松江を知るためのミュージアム案内
    雲州松江の祭礼・行事
    ◇索引
    ◇参考文献
  • 出版社からのコメント

    国宝の現存天守と、町を発展させた美しい水路が残る城下町の見どころを、写真、古地図、地形図とともに案内するシリーズ第8弾。
  • 内容紹介

    築城の名手である堀尾吉晴がつくった、鉄壁の防御を誇る松江城。近世城郭最盛期を代表する国宝の現存天守と、宍道湖畔の低湿地の悪条件を解消し、防衛と水運の役割を兼ね備えた城下町・松江を探訪する。現地写真のほか古地図や絵図、地形図を駆使して、歴史の地層を掘り起こし、町に秘められた物語と痕跡をたどる。城郭を中心に発展してきた町の歴史・文化を探訪するシリーズ第8弾。FROGMAN氏の巻頭インタビュー収載。

    〔本書の特色〕
    ◇実戦を想定してつくられた松江城の防御の秘密
    国宝の現存天守には、信長・秀吉・家康に仕えた堀尾吉晴の城攻めの経験が生かされている。
    鉄壁の守りを誇る構えや、籠城戦も可能とした遺構をめぐる。
    ◇松江城を深く知る手がかりは城下町
    本来、城づくりは、城下町まで含めて計画されるもの。
    堀尾吉晴が築いた町割りを中心に、京極・松平氏のもとで水運とともに発展した町をめぐる
    ◇「雲州松江の文化」も楽しむ
    汽水湖である宍道湖へ延びる水路と、大名茶人・不昧公によって独自の文化が育まれた松江。
    城めぐりをしたあとには、江戸時代から続く文化を味わう。
    ◇『秘密結社 鷹の爪』作者・FROGMAN氏のインタビュー
    城と城下町に秘められた本当の魅力を知るには、地元の達人に教わるのがよい。
    自身の作品でも松江を盛り上げるFROGMAN氏に、松江城と城下町の見どころを聞いた。

    図書館選書
    国宝の現存天守と、町を発展させた美しい水路がめぐる城下町の見どころを、写真、古地図、地形図とともに案内するシリーズ第8弾。FROGMAN氏の巻頭インタビュー収載。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    西島 太郎(ニシジマ タロウ)
    追手門学院大学文学部人文学科教授。2010年からの約12年間、松江歴史館の学芸員を務め、2022年から追手門学院大学に着任
  • 著者について

    西島 太郎 (ニシジマ タロウ)
    西島太郎(にしじま・たろう)
    追手門学院大学文学部人文学科教授。1970年、滋賀県生まれ。名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。2010年からの約12年間、松江歴史館の学芸員を務め、2022年から追手門学院大学に着任。おもな著書に『松江・城下町ものがたり』(戎光祥出版)、『松江藩の基礎的研究』(岩田書院)、『史料纂集 朽木家文書 第1・2』(八木書店)などがある。

松江城(図説 日本の城と城下町〈8〉) [全集叢書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:創元社
著者名:西島 太郎(監修)
発行年月日:2023/10/20
ISBN-10:4422201786
ISBN-13:9784422201788
判型:A5
発売社名:創元社
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:歴史総記
言語:日本語
ページ数:160ページ
縦:21cm
横:15cm
厚さ:1cm
重量:298g
他の創元社の書籍を探す

    創元社 松江城(図説 日本の城と城下町〈8〉) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!