外交史入門(シリーズ戦争学入門) [全集叢書]
    • 外交史入門(シリーズ戦争学入門) [全集叢書]

    • ¥2,640159ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年5月22日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
外交史入門(シリーズ戦争学入門) [全集叢書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003750021

外交史入門(シリーズ戦争学入門) [全集叢書]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:159ポイント(6%還元)(¥159相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月22日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:創元社
販売開始日: 2023/10/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

外交史入門(シリーズ戦争学入門) [全集叢書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    外交は、厄災に対する最初にして最後の防衛線である―国家運営に不可欠かつその運命に決定的な影響をもたらす外交。本書では、アメリカ独立革命、二つの世界大戦、イラク戦争など実例に基づいて外交の本質を考察、その歴史的価値を解き明かす。現代国際政治に対する鋭い分析と将来展望に対する驚くべき洞察は2030年代以降の戦争と外交を読み解くための羅針盤となろう。
  • 目次

    第1章 外交の進化
     1 外交の進化
     2 パブリック・ディプロマシー
     3 外交官と諸条約
     4 条約法に関するウィーン条約

    第2章 アメリカ独立革命の外交
     1 フランスとの同盟関係
     2 苦境に立たされるイギリス
     3 和平交渉
     4 独立の問題点

    第3章 第一次世界大戦とヴェルサイユの外交的起源
     1 第一次世界大戦の起源
     2 戦争の経過
     3 連合国の戦争目的
     4 パリ講和会議――開戦責任と賠償 

    第4章 スターリンとチャーチルがヨーロッパを分割した夜
     1 チャーチルとスターリンの密約
     2 ソ連との独自交渉
     3 ルーズベルトへの説明
     4 アメリカの対応
     5 モスクワ会談

    第5章 ジョージ・W・ブッシュとイラク戦争
     1 アメリカの対イラク政策
     2 二一世紀の脅威
     3 イラク査察
     4 戦争に訴える

    第6章 グローバル化時代の外交
     1 グローバル化の進展と外交システムの変容
     2 人間の安全保障
     3 大国間競争
     4 外交と多国間主義
     5 危機的状況下での外交

    訳者解説
    参考文献・資料
    索引
  • 出版社からのコメント

    アメリカ独立革命、二つの世界大戦、イラク戦争など歴史上の重要な事例から「外交の実際」を解説。その歴史的価値を解き明かす。
  • 内容紹介

    現代国際政治に対する鋭い分析と考察で知られる著者が、国家運営に不可欠かつその運命に決定的な影響をもたらす外交について、豊富な具体例に基づいて初学者向けに解説。

    アメリカ独立革命、二つの世界大戦、イラク戦争など歴史上の重要な事例から「外交の実際」を浮き彫りにするとともに、外交のもつ歴史的価値を解き明かす。

    2030年代以降の外交を読み解くための羅針盤。

    図書館選書
    国家運営に決定的な影響をもたらす外交について、初学者向けに解説。アメリカ独立革命、二つの世界大戦、イラク戦争など歴史上の重要な事例から「外交の実際」を浮き彫りにするとともに、外交のもつ歴史的価値を解き明かす。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    シラキューサ,ジョセフ・M.(シラキューサ,ジョセフM./Siracusa,Joseph M)
    ロイヤルメルボルン工科大学(RMIT大学)教授。核兵器の問題を含む冷戦史や米外交史に関する研究で著名

    一政 祐行(イチマサ スケユキ)
    防衛研究所政策研究部サイバー安全保障研究室長。国際基督教大学教養学部国際関係学科卒業、大阪大学大学院国際公共政策研究科博士課程修了。博士(国際公共政策、2007年)。日本国際問題研究所軍縮・不拡散促進センター研究員等を経て現職。平和・安全保障研究所(RIPS)安全保障研究・奨学プログラム14期フェロー、ケンブリッジ大学政治国際関係学部客員研究員を歴任。著書『核実験禁止の研究―核実験の戦略的含意と国際規範』(信山社、2018年。2019年度国際安全保障学会・第31回最優秀出版奨励賞(佐伯喜一賞)受賞)ほか

    石津 朋之(イシズ トモユキ)
    防衛省防衛研究所戦史研究センター主任研究官
  • 著者について

    ジョセフ・M・シラキューサ (ジョセフ エム シラキューサ)
    ロイヤル・メルボルン工科大学教授。核兵器の問題を含む冷戦史や米外交史に関する研究で著名。著書:America and the Cold War, 1941-1991:A Realist Interpretation, 2 volumes (Praeger, 2010), A Global History of the Nuclear Arms Race, 2 volumes (Praeger, 2013); Nuclear Weapons: A Very Short Introduction (Oxford University Press, 2015) ほか多数。

    一政 祐行 (カズマサ スケユキ)
    一政祐行(いちまさ・すけゆき)
    防衛研究所政策研究部防衛政策研究室主任研究官。国際基督教大学教養学部国際関係学科卒業、大阪大学大学院国際公共政策研究科博士課程修了。博士(国際公共政策、2007年)。在ウィーン国際機関日本政府代表部専門調査員、日本国際問題研究所軍縮・不拡散促進センター研究員等を経て現職。平和・安全保障研究所(RIPS)安全保障研究・奨学プログラム14期フェロー。著書:『検証可能な朝鮮半島非核化は実現できるか』(信山社、2020年)、『核実験禁止の研究――核実験の戦略的含意と国際規範』(信山社、2018年。2019年度国際安全保障学会・第31回最優秀出版奨励賞〔佐伯喜一賞〕受賞)ほか。

外交史入門(シリーズ戦争学入門) [全集叢書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:創元社
著者名:ジョセフ・M シラキューサ(著)/一政 祐行(訳)
発行年月日:2023/10/20
ISBN-10:4422300873
ISBN-13:9784422300870
判型:B6
発売社名:創元社
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:政治含む国防軍事
言語:日本語
ページ数:200ページ
縦:19cm
横:13cm
厚さ:1cm
重量:233g
その他: 原書名: Diplomatic History〈Siracusa,Joseph M〉
他の創元社の書籍を探す

    創元社 外交史入門(シリーズ戦争学入門) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!