「国境なき医師団」の僕が世界一過酷な場所で見つけた命の次に大事なこと [単行本]
    • 「国境なき医師団」の僕が世界一過酷な場所で見つけた命の次に大事なこと [単行本]

    • ¥1,87057ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年2月29日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003753046

「国境なき医師団」の僕が世界一過酷な場所で見つけた命の次に大事なこと [単行本]

価格:¥1,870(税込)
ポイント:57ポイント(3%還元)(¥57相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年2月29日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:サンマーク出版
販売開始日: 2023/10/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

「国境なき医師団」の僕が世界一過酷な場所で見つけた命の次に大事なこと の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    一度きりの人生、夢をもたないのはモッタイナイ!スーダン、シリア、イラク、イエメン…世界の紛争地で考えた限りある命の使い方。人道支援現場10年。ハーバード大学の大学院で学んだ著者による人生でいちばん大切な話。
  • 目次

    ◎衝撃的だった世界の現実
    ~はじめての人道援助の最前線・スーダンのダルフール地方~
    ◎自分とは、どこから来ているのか?
    ~イスラム教シーア派最高権威との面会~
    ◎思想がまったく異なる相手との共通点をさぐれ
    ~元イエメン大統領との交渉~
    ◎日本のような国にいて、夢を追いかけないのはモッタイナイ
    ~紛争地からの日本の若者へのメッセージ~
    ◎居心地のいいゾーンに戻るな
    ~ハーバード・ケネディスクール教授からの激励~
    ◎ハーバードで学んだ「下から上へのリーダーシップ」とは?
    ~失敗の原因から紹介する「アダプティブ・リーダーシップ論」
    ◎「What can we do?――僕たちには、なにができるか
     ~「日本をよくしたい」「世界をよくしたい」は要注意~
  • 内容紹介

    人生でもっとも大切な「命の使い方」とは?
    スーダン、シリア、イラク、イエメン……人道支援の現場10年、
    ハーバード大学大学院で学んだ著者がいま伝えたいこと。

    世界の紛争地区、避難する人々は、着のみ着のまま逃れてきます。
    そして、ようやく逃れてきても、家はない。学校もない。
    でも、命はある――。
    そんな世界一過酷な場所で、生き抜いている人々を目の当たりにしてきた
    国境なき医師団 日本の事務局長である村田氏。

    国際人道支援の現場で活動してきた中で気づいたことは、
    限りある命こそ、一番大事。
    でも、生きる上ではその命の使い方こそが重要だといいます。

    とくに、日本のような国にいる私たちに伝えたいことは、
    「夢をもたない、追いかけないのはモッタイナイ!」
    「自分の命を大きく使って生きよう」
    ということ。

    この命の使い方について
    本書では以下の6つのポイントから考えます。

    1.世界……世界の現実を知る
    2.アイデンティティ……「自分が何者であるか」の問いに決着
    3.夢……「これができれば本望」という夢をもつ
    4.戦略……夢を“ぼんやりとした夢”で終わらせない
    5.リーダーシップ……組織や社会を改善するためのアクション
    6.パブリック……一人ひとりができる世界をよくする方法

    本書では、この6つのポイントごとに、
    スーダン、シリア、イラク、イエメンなど、
    国際人道援助の最前線で著者が目の当たりにしてきた紛争地でのエピソードと、
    ハーバード・ケネディスクール人気No.1
    ロナルド・ハイフェッツ教授から学んだ教えの一部を紹介しながら、
    生きる上で重要な命の使い方について解説していきます。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    村田 慎二郎(ムラタ シンジロウ)
    国境なき医師団日本事務局長。1977年、三重県出身。静岡大学を卒業後、就職留年を経て、外資系IT企業での営業職に就職。「世界の現実を自分の目で見てみたい」と考え、国境なき医師団を目指すも英語力がゼロのため二度入団試験に落ちる。2005年に国境なき医師団に参加。現地の医療活動を支える物資輸送や水の確保などを行うロジスティシャンや事務職であるアドミニストレーターとして経験を積む。2012年、派遣国の全プロジェクトを指揮する「活動責任者」に日本人で初めて任命される。援助活動に関する国レベルでの交渉など従事する。以来のべ10年以上を派遣地で過ごし、とくにシリア、南スーダン、イエメンなどの紛争地での活動が長い。現在、長期的な観点から事業戦略の見直しと組織開発に取り組む。また、学生や社会人向けのライフデザイン・のメッセージを取り入れた講演も行っている。NHK総合「クローズアップ現代」「ニュース地球まるわかり」、日本経済新聞「私のリーダー論」などメディア出演多数
  • 著者について

    村田慎二郎 (ムラタシンジロウ)
    国境なき医師団 日本事務局長。1977年、三重県出身。静岡大学を卒業後、就職留年を経て、外資系IT企業での営業職に就職。「世界の現実を自分の目で見てみたい」と考え、国境なき医師団を目指すも英語力がゼロのため二度入団試験に落ちる。2005年に国境なき医師団に参加。現地の医療活動を支える物資輸送や水の確保などを行うロジスティシャンや事務職であるアドミニストレーターとして経験を積む。2012年、派遣国の全プロジェクトを指揮する「活動責任者」に日本人で初めて任命される。援助活動に関する国レベルでの交渉などに従事する。以来のべ10年以上を派遣地で過ごし、特にシリア、南スーダン、イエメンなどの紛争地の活動が長い。2019年より、ハーバード・ケネディスクールに留学。授業料の全額奨学金を獲得し、行政学修士(Master in Public Administration=MPA)を取得。2020年、日本人初、国境なき医師団の事務局長に就任。NHK総合「クローズアップ現代」「ニュース 地球まるわかり」、日経新聞「私のリーダー論」などメディア出演多数。

「国境なき医師団」の僕が世界一過酷な場所で見つけた命の次に大事なこと の商品スペック

商品仕様
出版社名:サンマーク出版
著者名:村田 慎二郎(著)
発行年月日:2023/10/20
ISBN-10:4763140841
ISBN-13:9784763140845
判型:B6
発売社名:サンマーク出版
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会科学総記
言語:日本語
ページ数:232ページ
縦:19cm
他のサンマーク出版の書籍を探す

    サンマーク出版 「国境なき医師団」の僕が世界一過酷な場所で見つけた命の次に大事なこと [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!