物性化学―分子性物質の理解のために(化学の指針シリーズ) [単行本]

販売休止中です

    • 物性化学―分子性物質の理解のために(化学の指針シリーズ) [単行本]

    • ¥3,520106ポイント(3%還元)
物性化学―分子性物質の理解のために(化学の指針シリーズ) [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003753413

物性化学―分子性物質の理解のために(化学の指針シリーズ) [単行本]

価格:¥3,520(税込)
ポイント:106ポイント(3%還元)(¥106相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:裳華房
販売開始日: 2023/11/27
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

物性化学―分子性物質の理解のために(化学の指針シリーズ) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「電子の振舞い」から分子の性質がみえてくる。光物性、導電性、磁性…日常出会う物性発現の不思議を解き明かすカギは、「電子構造」にある。電子の動きを追いながら、光物性、導電性、磁性といった物性発現の基礎と応用、将来の展望をていねいに解説した画期的参考書。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 日常出会う物性現象
    第2章 物性を導く電子構造―ヒュッケル分子軌道法による理解
    第3章 π電子系のトポロジーと物性
    第4章 光と分子の相互作用
    第5章 光誘起の物性現象
    第6章 導電性を示す物質
    第7章 導電性の展開と応用
    第8章 磁性の基礎
    第9章 磁性の展開と応用
  • 内容紹介

     ある物質が、特徴的な物性を表すのはなぜか。その物性発現の仕組みを解く鍵は、「電子」が握っている。
     原子内および分子内の電子構造、外的刺激に対して電子がどのように応答するかなど、「電子の振舞い」を詳細に追いながら、光物性、導電性、磁性といった物性発現の基礎と応用、将来の展望をていねいに解説。図版を多用した豊富な実例、広範な話題を取り上げた数多くのColumnとあいまって、物性化学という分野の魅力をあますところなく伝える、画期的かつ本格的な物性化学の教科書・参考書である。

    図書館選書
    電子の振舞いを詳細に追いながら、光物性、導電性、磁性などの物性発現の基礎と応用、将来の展望を丁寧に解説。図版を多用した豊富な実例、広範な話題を取り上げたコラムとあいまって、この分野の魅力を余すところなく伝える。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    菅原 正(スガワラ タダシ)
    1946年東京都生まれ。1969年東京大学理学部化学科卒業、1974年東京大学理学系研究科修了、理学博士。1975~1978年米国ミネソタ大学、メリーランド大学Research Fellow、1978年岡崎国立共同研究機構分子科学研究所助手、1986年東京大学教養学部基礎科学科助教授を経て、1991年同教授、2010年東京大学名誉教授、2013~2017年神奈川大学理学部化学科教授。2022年分子科学会名誉会員。専門:有機物理化学(有機磁性、導電性)、有機生命科学(人工細胞)
  • 著者について

    菅原 正 (スガワラ タダシ)
    東京大学名誉教授、理学博士。1974年 東京大学大学院理学系研究科博士後期課程修了。岡崎国立共同研究機構分子科学研究所助手、東京大学助教授・教授、神奈川大学教授などを歴任。

物性化学―分子性物質の理解のために(化学の指針シリーズ) の商品スペック

商品仕様
出版社名:裳華房
著者名:菅原 正(著)
発行年月日:2023/11/20
ISBN-10:4785332298
ISBN-13:9784785332297
判型:A5
発売社名:裳華房
対象:専門
発行形態:単行本
内容:化学
言語:日本語
ページ数:276ページ
縦:21cm
横:15cm
厚さ:1cm
重量:410g
他の裳華房の書籍を探す

    裳華房 物性化学―分子性物質の理解のために(化学の指針シリーズ) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!