チームX―ストーリーで学ぶ1年で業績を13倍にしたチームのつくり方 [単行本]
    • チームX―ストーリーで学ぶ1年で業績を13倍にしたチームのつくり方 [単行本]

    • ¥1,870113ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年5月25日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003759687

チームX―ストーリーで学ぶ1年で業績を13倍にしたチームのつくり方 [単行本]

価格:¥1,870(税込)
ポイント:113ポイント(6%還元)(¥113相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月25日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ダイヤモンド社
販売開始日: 2023/11/16
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

チームX―ストーリーで学ぶ1年で業績を13倍にしたチームのつくり方 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ハードワークに頼るな、頭を使え。絶頂から地獄へまっさかさまに堕ちた東証プライム上場企業。カリスマ的な創業社長の経営からZ世代中心のチーム経営に移行。たった1年で業績13倍のV字回復を成し遂げた実話ストーリーから学ぶ現場で使えるチーム変革ノウハウを凝縮。ここから一気に会社は変わり始めた!
  • 目次

    【プロローグ】私たちの身に起きていたこと             

    【第1部】最悪期から復活までの道のり       

    PHASE1:力で飛べない鳥/PHASE2:「チームX」の開始──試行錯誤期~KPI、教育の仕組み改革/PHASE3:共通言語化という壁──変革期~共通言語化、タスク管理改革/PHASE4:あと一工夫が生まれる風土──急上昇期~風土改革

    【第2部】ダブルギネスへの挑戦──異次元の成長期 PHASE5:偉業への挑戦/ PHASE6:変更に次ぐ変更/PHASE7:エックスデー/PHASE8:メッセージ

    【第3部】5つの「企業組織病」と5つの「Xポイント」◎「企業組織病」とは何か?/◎【企業組織病1】職務定義の刷り込み誤認/◎【企業組織病2】お手本依存症/◎【企業組織病4】数字万能病/◎【企業組織病5】フォーマット万能病/◎【チームXのポイント1】KPI/◎【チームXのポイント2】教育の仕組み/◎【チームXのポイント3】共通言語化/◎【チームXのポイント4】タスク管理/◎【チームXのポイント5】風土 おわりに
  • 出版社からのコメント

    どん底からたった1年でチーム業績を13倍にできるか?実話ストーリーで学ぶ5つの「企業組織病」と5つの「Xポイント」。
  • 内容紹介

    ◎『売上最小化、利益最大化の法則』『ファンダメンタルズ×テクニカル マーケティング』『時間最短化、成果最大化の法則』3冊計20万部突破、著者初のチーム本。「チームX」の「X」とは「変革」を意味する「トランスフォーメーション」を一字で表す略語。「デジタルトランスフォーメーション」→「DX」など。      

    ◎一代で時価総額1000億円企業、フォーブス アジア「アジアの優良中小企業ベスト200」4度受賞、東洋経済オンライン「市場が評価した経営者ランキング2019」1位となった北の達人コーポレーション(東証プライム上場)は、2016年から4年で5倍の成長を遂げた反動で組織の機能不全に陥り、最悪期には集客人数が全盛期の6分の1になった。本書はどん底から数々の変革により、1年でチーム業績を13倍にした、社長と若手メンバーたちの実話ストーリーである(舞台はコロナ禍)。   

    ◎本書は3部構成(1部と2部が実話ストーリー、3部が再現性が担保された教訓)。第1部は最悪期から復活していくまでに経験したチームの荒波を生々しく伝える。第2部は第1部を経て得た様々なスキルを駆使し、「3か月で4倍」という異次元の目標(ダブルギネス)に挑戦し、達成するまでを描く。第3部は前半で業績が6分の1にまで縮小した主因である「5つの企業組織病」を解説。これはどんな業種の企業でもかかる可能性のある病だ。後半では、第1部と第2部を通してチームが13倍に成長した要点を、読者の会社、チーム、組織で再現できるよう、「KPI」「教育の仕組み」「共通言語化」「タスク管理」「風土」という「5つのXポイント」として詳説する。これまでのチーム本はコンサルタントや評論家が書く本が多かったが、本書は現役社長兼WEBマーケティング部長である著者が若手社員と悪戦苦闘しながら、創業以来果たせなかった「木下商店」から「コーポレートカンパニー」へ脱皮。どうやって1年でチーム業績を13倍にしたか。実話ストーリー×再現性が担保されたビジネス書で、チームづくりのあり方とやり方を同時に学べる極めて稀有な野心作である。                    
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    木下 勝寿(キノシタ カツヒサ)
    株式会社北の達人コーポレーション(東証プライム上場)代表取締役社長。株式会社エフエム・ノースウエーブ取締役会長。神戸生まれ。大学在学中に学生企業を経験し、卒業後は株式会社リクルートで勤務。2002年、eコマース企業「株式会社北の達人コーポレーション」設立。独自のWEBマーケティングと管理会計による経営手法で東証プライム上場を成し遂げ、一代で時価総額1000億円企業に。フォーブスアジア「アジアの優良中小企業ベスト200」を4度受賞。東洋経済オンライン「市場が評価した経営者ランキング2019」1位。日本国より紺綬褒章8回受賞
  • 著者について

    木下 勝寿 (キノシタ カツヒサ)
    木下 勝寿(Katsuhisa Kinoshita)

    北の達人コーポレーション(東証プライム上場)代表取締役社長/エフエム・ノースウエーブ取締役会長

    神戸生まれ。大学在学中に学生企業を経験し、卒業後は株式会社リクルートで勤務。2002年、eコマース企業「北の達人コーポレーション」設立。独自のWEBマーケティングと管理会計による経営手法で東証プライム上場を成し遂げ、一代で時価総額1000億円企業に。フォーブス アジア「アジアの優良中小企業ベスト200」を4度受賞。東洋経済オンライン「市場が評価した経営者ランキング2019」1位。日本国政府より紺綬褒章8回受章。著書に『売上最小化、利益最大化の法則』『時間最短化、成果最大化の法則』(以上、ダイヤモンド社)、『ファンダメンタルズ×テクニカル マーケティング』(実業之日本社)がある。
見て納得。写真で解説。
神田昌典氏大絶賛!すべてのベンチャー企業の役員会議で配りたい、究極の一冊。

チームX―ストーリーで学ぶ1年で業績を13倍にしたチームのつくり方 の商品スペック

商品仕様
出版社名:ダイヤモンド社
著者名:木下 勝寿(著)
発行年月日:2023/11/14
ISBN-10:4478118353
ISBN-13:9784478118351
判型:B6
発売社名:ダイヤモンド社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:324ページ
縦:19cm
横:13cm
他のダイヤモンド社の書籍を探す

    ダイヤモンド社 チームX―ストーリーで学ぶ1年で業績を13倍にしたチームのつくり方 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!