闇先案内人〈上〉(光文社文庫) [文庫]
    • 闇先案内人〈上〉(光文社文庫) [文庫]

    • ¥81425ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月27日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003762007

闇先案内人〈上〉(光文社文庫) [文庫]

価格:¥814(税込)
ポイント:25ポイント(3%還元)(¥25相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月27日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:光文社
販売開始日: 2023/10/12
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

闇先案内人〈上〉(光文社文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    プロの“逃がし屋”葛原は警察庁幹部からある人物を捜し出すよう依頼された。その人物とは極秘入国中の某国の要人で、関西でトップと目される“逃がし屋”成滝に匿われているのだという。自身の過去を人質にとられ、断ることができない葛原は“チーム”のメンバーとともに成滝を追って大阪に向かう―。期限は五日。一流のプロ同士の熾烈な闘いが始まった!
  • 出版社からのコメント

    プロの「逃がし屋」葛原は、極秘入国中の要人を探すよう命じられて……圧巻のノンストップエンターテインメント!
  • 内容紹介

    やばい「客」を追手の手が届かない闇の先に逃がす――それが「逃がし屋」葛原の仕事だ。葛原の過去を人質に、警察庁幹部から「極秘入国した隣国の最重要人物を見つけろ」との依頼が。その人物には大阪の「逃がし屋」がついているのだという。葛原は暗殺を狙う隣国の工作員、財団特務、ヤクザ、公安も交えた戦争に巻き込まれていく! 読み始めたらやめられない、圧巻のノンストップエンターテインメント!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大沢 在昌(オオサワ アリマサ)
    1956年名古屋市生まれ。’79年「感傷の街角」で小説推理新人賞を受賞しデビュー。’91年『新宿鮫』で吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞、’94年『無間人形 新宿鮫4』で直木賞、2001年『心では重すぎる』、’02年『闇先案内人』と連続で日本冒険小説協会大賞、’04年『パンドラ・アイランド』で柴田錬三郎賞、’06年『狼花 新宿鮫9』で日本冒険小説協会大賞、’10年に日本ミステリー文学大賞、’12年『絆回廊 新宿鮫10』で日本冒険小説協会大賞、’14年『海と月の迷路』で吉川英治文学賞を受賞。’22年紫綬褒章受章

闇先案内人〈上〉(光文社文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:光文社
著者名:大沢 在昌(著)
発行年月日:2023/10/20
ISBN-10:4334100724
ISBN-13:9784334100728
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:376ページ
縦:16cm
横:11cm
厚さ:2cm
他の光文社の書籍を探す

    光文社 闇先案内人〈上〉(光文社文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!