二国間と多国間をめぐる日本外交(国際政治〈212号〉) [単行本]
    • 二国間と多国間をめぐる日本外交(国際政治〈212号〉) [単行本]

    • ¥2,200132ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年5月19日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003764938

二国間と多国間をめぐる日本外交(国際政治〈212号〉) [単行本]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:132ポイント(6%還元)(¥132相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月19日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2024/03/29
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

二国間と多国間をめぐる日本外交(国際政治〈212号〉) の 商品概要

  • 目次

    「二国間と多国間をめぐる日本外交」(高橋和宏)
    「ガット35条対日援用問題──自由貿易,帝国,冷戦,ナショナリズム」(鈴木宏尚)
    「GATT35条援用撤回問題と日英通商航海条約──対日貿易差別をめぐる日英外交 1959─1962」(山口眞人)
    「官邸における東南アジア外交の模索──佐藤栄作総理の1967年東南アジア・大洋州諸国歴訪と訪米」(中西友汰)
    「核物質をめぐる国際協議と日本外交──国際プルトニウム貯蔵構想,1978─1982」(武田悠)
    「苦悩する「経済大国」──東京サミット(1979年)と日本外交」(白鳥潤一郎)
    「商業捕鯨モラトリアム(1982年)をめぐる日本外交──IWCへの幻滅から対米交渉へ」(長史隆)
    「冷戦終結過程での日本の対中外交──多国間外交の文脈のなかで」(若月秀和)
    「インド太平洋地域秩序をめぐる日豪の多国間と二国間外交の比較──脅威の性質と地理的近接性の視点から」(畠山京子)
    独立論文1本/書評論文/書評
  • 内容紹介

    戦後日本外交史研究では,日米や日中といった二国間外交を中心に優れた研究が生み出され,国際機関やサミットなどの多国間外交についても研究が進みつつある。本特集では,二国間外交と多国間外交の交錯という新たな視点から戦後日本外交の特質を明らかにする。

二国間と多国間をめぐる日本外交(国際政治〈212号〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本国際政治学会
著者名:日本国際政治学会(編)
発行年月日:2024/03/25
ISBN-10:464149004X
ISBN-13:9784641490048
ISSNコード:04542215
判型:A5
発売社名:有斐閣
対象:専門
発行形態:単行本
内容:政治含む国防軍事
言語:日本語
ページ数:212ページ
縦:21cm
横:15cm
厚さ:1cm
重量:340g
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 二国間と多国間をめぐる日本外交(国際政治〈212号〉) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!