ヤマ場をおさえる単元設計と評価課題・評価問題 中学校英語 [全集叢書]
    • ヤマ場をおさえる単元設計と評価課題・評価問題 中学校英語 [全集叢書]

    • ¥2,86086ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月22日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
ヤマ場をおさえる単元設計と評価課題・評価問題 中学校英語 [全集叢書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003768665

ヤマ場をおさえる単元設計と評価課題・評価問題 中学校英語 [全集叢書]

石井 英真(全体編集)上村 慎吾(教科編集)
価格:¥2,860(税込)
ポイント:86ポイント(3%還元)(¥86相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月22日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:図書文化社
販売開始日: 2023/11/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ヤマ場をおさえる単元設計と評価課題・評価問題 中学校英語 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    五つの領域の評価プランとB/A判定例に学ぶ、シンプルな観点別評価。
  • 目次

    第1章 今求められる学力と学習評価のあり方[石井英真]
     新しい学習指導要領がめざす学力と評価改善
     新3観点で何を測り,育てるのか
     単元設計と評価課題・評価問題の一体的な改善へ
    第2章 英語科の観点と評価の実際[上村慎吾]
     英語科における評価計画のつくり方
     英語科における評価材料の集め方,評定の導き方
     おもに「思考・判断・表現」を見る評価課題・評価問題のつくり方
     おもに「知識・技能」を見る評価課題・評価問題のつくり方
     「主体的に学習に取り組む態度」の評価法
     「学びに向かう力,人間性等」の個人内評価
    第3章 聞くことの評価プラン[中島真紀子]
     単元の構想
     評価1(ヤマ場の課題)
     評価2(ミニテスト)
     評価3(定期テスト)
    第4章 読むことの評価プラン[河野圭美]
     単元の構想
     評価1(ヤマ場の課題)
     評価2(定期テスト)
    第5章 話すこと[やり取り]の評価プラン[吉崎理香]
     単元の構想
     評価1(ヤマ場の課題)
     評価2(ミニテスト)
    第6章 話すこと[発表]の評価プラン[和田牧子]
     単元の構想
     評価1(ヤマ場の課題)
     評価2(ミニテスト)
    第7章 書くことの評価プラン[上村慎吾]
     単元の構想
     評価1(ヤマ場の課題)
     評価2(定期テスト)
    補 章 著者座談会[中島真紀子,河野圭美,吉崎理香,和田牧子,上村慎吾]
  • 内容紹介

    学習評価のひと工夫で言葉の魅力に気付き,コミュニケーションが深化する中学校英語科へ
    ● 国立教育政策研究所教育課程研究センター『「指導と評価の一体化」のための学習評価に関する参考資料』に基づき,単元(五つの領域)ごとの評価プランを掲載。「生きて働く学力」の形成と「学校の働き方改革」を両立して実現するために,どのように評価場面を精選(焦点化・重点化)し,どのような評価課題・評価問題を用いるかを,具体的に提案します。
    ● 評価の難しい「思考・判断・表現」を中心に,評価規準に対応する生徒の学習状況や作品例(B・A)を評価事例として掲載。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    石井 英真(イシイ テルマサ)
    京都大学大学院教育学研究科准教授。博士(教育学)。専門は教育方法学。学校で育成すべき学力のモデル化を研究し、授業研究を軸にした学校改革に取り組んでいる。日本教育方法学会理事、日本カリキュラム学会理事、文部科学省中央教育審議会「教育課程部会」「児童生徒の学習評価に関するワーキンググループ」委員などを務める

    上村 慎吾(カミムラ シンゴ)
    新潟県新潟市立白新中学校教諭。三省堂NEW CROWN教科書編集協力委員。新潟大学附属新潟中学校の在任中、関東甲信越英語教育学会第38回大会、日本カリキュラム学会第30回大会ほかの研修会等で学習評価に関する実践を発表
  • 著者について

    石井 英真 (イシイ テルマサ)
    京都大学大学院教育学研究科准教授。博士(教育学)。専門は教育方法学。学校で育成すべき学力のモデル化を研究し,授業研究を軸にした学校改革に取り組んでいる。日本教育方法学会理事,日本カリキュラム学会理事,文部科学省中央教育審議会「教育課程部会」「児童生徒の学習評価に関するワーキンググループ」委員などを務める。主著に『未来の学校:ポスト・コロナの公教育のリデザイン』(日本標準,2020年),『再増補版・現代アメリカにおける学力形成論の展開』(東信堂,2020年),『授業づくりの深め方:「よい授業」をデザインするための5つのツボ』(ミネルヴァ書房,2020年),『高等学校 真正の学び,授業の深み』(編著,学事出版,2022年),『中学校・高等学校 授業が変わる 学習評価深化論』(図書文化,2023年)ほか多数。

    上村 慎吾 (カミムラ シンゴ)
    新潟県新潟市立白新中学校教諭。三省堂NEW CROWN 教科書編集協力委員。新潟大学附属新潟中学校の在任中,関東甲信越英語教育学会第38回大会,日本カリキュラム学会第30回大会ほかの研修会等で学習評価に関する実践を発表。英語の実践を紹介した書籍として『ヤマ場をおさえる学習評価 中学校』(分担執筆,図書文化,2021年)がある。

ヤマ場をおさえる単元設計と評価課題・評価問題 中学校英語 の商品スペック

商品仕様
出版社名:図書文化社
著者名:石井 英真(全体編集)/上村 慎吾(教科編集)
発行年月日:2023/11/30
ISBN-10:4810037754
ISBN-13:9784810037753
判型:B5
発売社名:図書文化社
対象:専門
発行形態:全集叢書
内容:教育
言語:日本語
ページ数:192ページ
縦:26cm
他の図書文化社の書籍を探す

    図書文化社 ヤマ場をおさえる単元設計と評価課題・評価問題 中学校英語 [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!