AIに、恋の仕方を聞いてみた(中公文庫) [文庫]
    • AIに、恋の仕方を聞いてみた(中公文庫) [文庫]

    • ¥85852ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月23日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
AIに、恋の仕方を聞いてみた(中公文庫) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003769290

AIに、恋の仕方を聞いてみた(中公文庫) [文庫]

価格:¥858(税込)
ポイント:52ポイント(6%還元)(¥52相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月23日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:中央公論新社
販売開始日: 2023/11/21
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

AIに、恋の仕方を聞いてみた(中公文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    陸上部のエースに学園祭で告白するべくAI端末と夜な夜な計画を練る浩太。幼なじみの家に自分のコピー人格AIを送り込み、恋愛シミュレーションを図るさくら。計算は万全なはずなのに、現実の壁はあくまで高く…。AIがほんのり照らす不器用な主人公たちの未来。『それをAIと呼ぶのは無理がある』改題。
  • 内容紹介

    「自動告白機みたいなのがありさえすれば」
    『自動失恋慰め機の開発も待たれるな』
    陸上部のエースに学園祭で告白したい浩太は、AI端末と夜な夜な計画を練る。一方、さくらは幼なじみの家に自分のコピー人格AIを送り込み、恋愛シミュレーションを図るが……。計算では万全なはずだったのに、現実の壁はあくまでも高い。AIがほんのり照らす不器用な主人公たちの未来。
    『それをAIと呼ぶのは無理がある』改題
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    支倉 凍砂(ハセクラ イスナ)
    1982年生まれ。作家。2005年、『狼と香辛料』で第十二回電撃小説大賞銀賞を受賞しデビュー。また、サークルSpicy Tailsを主宰し、ノベルゲーム『WORLD END ECONOMiCA』やVRアニメ『Project LUX』の制作なども行っている
  • 著者について

    支倉凍砂 (ハセクライスナ)
    支倉凍砂
    一九八二年生まれ。作家。二〇〇五年、『狼と香辛料』で第十二回電撃小説大賞銀賞を受賞しデビュー。そのほかの作品に小説「マグダラで眠れ」「狼と羊皮紙」の各シリーズがある。また、サークル Spicy Tails を主宰し、ノベルゲーム『WORLD END ECONOMiCA』やVRアニメ『Project LUX』の制作なども行っている。

AIに、恋の仕方を聞いてみた(中公文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:中央公論新社
著者名:支倉 凍砂(著)
発行年月日:2023/11/25
ISBN-10:4122074436
ISBN-13:9784122074439
判型:文庫
対象:教養
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:288ページ
縦:16cm
他の中央公論新社の書籍を探す

    中央公論新社 AIに、恋の仕方を聞いてみた(中公文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!