組織行動論の考え方・使い方―良質のエビデンスを手にするために 第2版 [単行本]
    • 組織行動論の考え方・使い方―良質のエビデンスを手にするために 第2版 [単行本]

    • ¥4,290258ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月15日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003775786

組織行動論の考え方・使い方―良質のエビデンスを手にするために 第2版 [単行本]

価格:¥4,290(税込)
ポイント:258ポイント(6%還元)(¥258相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月15日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2023/12/16
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

組織行動論の考え方・使い方―良質のエビデンスを手にするために 第2版 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    リサーチ・プラクティス・ギャップを学説史的に掘り下げた第2章、実証主義とは何かを概説した第6章、実践家との共同研究の成功要因を探る第15章を増補!
  • 目次

    第1部 組織行動論の立ち位置
    第1章 組織行動研究の俯瞰⑴:現状把握のための横断的レビュー/第2章 組織行動研究の俯瞰⑵:学説史的レビュー/第3章 「知っている」ということについて/第4章 概念と理論/第5章 組織行動の測定/第6章 実証主義とは何か
     第2部 組織行動論は何をどう測るか
    第7章 リーダーシップ/第8章 組織の中の公正/第9章 欲求とモティベーション/第10章 人的資本,社会関係資本,心理的資本/第11章 組織と個人の心理的契約/第12章 組織コミットメント,ジョブ・エンベデッドネス/第13章 組織行動の成果
     第3部 組織行動論の充実のために
    第14章 2つの知のサイクルが共振する共同研究/第15章 共同研究が成功する条件/第16章 共同研究の鍵を握る共同イベント/第17章 組織行動研究のレリバンスを求めて
  • 出版社からのコメント

    経営学のレリバンスを問いつつ,組織行動論の主立った理論・尺度を紹介する好評上級テキスト。3つの新章を増補し,さらに充実。
  • 内容紹介

    経営学のレリバンスを問いつつ,組織行動論の主立った理論・測定尺度を紹介する好評上級テキスト。リサーチ・プラクティス・ギャップを学説史的に掘り下げた第2章,実証主義とは何かを概説した第6章,実践家との共同研究の成功要因を探る第15章を増補。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    服部 泰宏(ハットリ ヤスヒロ)
    神戸大学大学院経営学研究科教授、博士(経営学)(神戸大学)。2004年、関西学院大学経済学部卒業。2006年、神戸大学大学院経営学研究科博士前期課程修了、2009年、同後期課程修了。同年、滋賀大学経済学部専任講師、2011年、同准教授。2013年、横浜国立大学大学院国際社会科学研究院准教授。2018年、神戸大学大学院経営学研究科准教授、2023年より現職。主要著作、『採用学』(新潮選書、2016年、日本の人事部「HRアワード2016」書籍部門最優秀賞受賞)など。本書の初版により、日本の人事部「HRアワード2021書籍部門入賞、第38回組織学会高宮賞(著書部門)受賞」
  • 著者について

    服部 泰宏 (ハットリ ヤスヒロ)
    神戸大学教授

組織行動論の考え方・使い方―良質のエビデンスを手にするために 第2版 の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:服部 泰宏(著)
発行年月日:2023/12/25
ISBN-10:4641166250
ISBN-13:9784641166257
旧版ISBN:9784641165663
判型:A5
発売社名:有斐閣
対象:教養
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:414ページ
縦:22cm
横:15cm
厚さ:2cm
重量:460g
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 組織行動論の考え方・使い方―良質のエビデンスを手にするために 第2版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!