独占禁止法の基礎理論―取引の自由から競争秩序へ [単行本]
    • 独占禁止法の基礎理論―取引の自由から競争秩序へ [単行本]

    • ¥8,580515ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年5月28日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003775810

独占禁止法の基礎理論―取引の自由から競争秩序へ [単行本]

価格:¥8,580(税込)
ポイント:515ポイント(6%還元)(¥515相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月28日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2024/03/04
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

独占禁止法の基礎理論―取引の自由から競争秩序へ [単行本] の 商品概要

  • 目次

    第1編 市場秩序と独占禁止法
    第1章 取引の自由と契約の自由──営業の自由論争再訪
    第2章 市場秩序法としての独占禁止法──市場をめぐる法と政策
    第2編 正常な競争と逸脱
    第1章 独占禁止法2条5項(私的独占)の再検討
    第2章 私的独占解釈論の現状と課題
    第3章 不当廉売規制における費用基準とその論拠
    第4章 カルテル規制の再検討──合意の機能と協調促進的慣行
    第3編 市場支配力分析の意義と実際
    第1章 「競争の実質的制限」と市場支配力
    第2章 市場支配力基準及び消費者厚生
    第3章 単独効果の理論的基礎──水平的企業結合規制の再検討
    第4編 法と経済学
    第1章 独占禁止法と経済学 第2章 法と経済学の現状と課題
  • 出版社からのコメント

    独占禁止法によって保護がはかられる自由とは何か?これまでの著者の研究成果をとりまとめ、書き下ろしも含めた意欲作!
  • 内容紹介

    独占禁止法による自由は,それによって制約される事業者活動の自由と緊張関係に立つ。では,そもそも,独占禁止法によって保護がはかられる自由とは何か?その根本的な問いに対してあらゆる角度から考察し究明する。これまでの著者の研究成果をとりまとめ,書き下ろしも含めた意欲作!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    川濵 昇(カワハマ ノボル)
    1959年生まれ。現在、京都大学大学院法学研究科教授
  • 著者について

    川濵 昇 (カワハマ ノボル)
    京都大学教授

独占禁止法の基礎理論―取引の自由から競争秩序へ [単行本] の商品スペック

発行年月日 2024/02/25
ISBN-10 4641243212
ISBN-13 9784641243217
ページ数 520ページ
22cm
16cm
発売社名 有斐閣
判型 A5
Cコード 3032
対象 専門
発行形態 単行本
内容 法律
他の有斐閣の書籍を探す
分類 法経書
成年向け書籍マーク G
書店分類コード I645
発売情報解禁日 2023/10/18
書籍ジャンル 社会科学
再販商品 再販
書籍販売条件 注文
言語 日本語
厚さ 3cm
出版社名 有斐閣
著者名 川濵 昇
重量 665g

    有斐閣 独占禁止法の基礎理論―取引の自由から競争秩序へ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!