ele-king vol.32 特集:2010年代という終わりとはじまり [単行本]
    • ele-king vol.32 特集:2010年代という終わりとはじまり [単行本]

    • ¥1,65099ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月19日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003783400

ele-king vol.32 特集:2010年代という終わりとはじまり [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:99ポイント(6%還元)(¥99相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月19日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:Pヴァイン・ブックス
販売開始日: 2023/12/23
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ele-king vol.32 特集:2010年代という終わりとはじまり の 商品概要

  • 出版社からのコメント

    ele-king vol.32
  • 内容紹介

    2010年代──音楽は何を感じ、どのように生まれ変わり、時代を予見したのか
    いま聴くべき名盤たちを紹介しつつ、その爆発的な10年を俯瞰する

    インターネットが変えた音楽の生態系、アナログ盤やカセットのフェチ化、ネット発の音楽ヴェイパーウェイヴ、フットワークの衝撃、シティポップはほんとうに世界で大流行したのか、アナログ盤がなぜ重要か、音楽市場の変化と旧譜への注目、評判を落としたモリッシーとジョン・ライドン、ブライアン・イーノや坂本龍一の奮闘、311後の音楽、#BlackLivesMatterが変えたもの、女性/クィア作家の台頭、カニエ・ウェストの予言、2010年代のブラック・ミュージック、絶対に聴いておきたい2010年代のジャズ、アフリカの音楽、坂本慎太郎、X世代の勝利と死、cero&森は生きている、口ごもりのラップの系譜:フューチャー、リル・ピープ、XXXテンタシオン、ほか。
    特別インタヴュー:ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー

    いまこそ聴きたい2010年代の名盤
    (天野龍太郎、河村祐介、木津毅、野田努、橋本徹、三田格、渡辺志保、ほか)

    2023年ベスト・アルバム発表
    編集部が選ぶ今年の30枚、リイシュー・ベスト、ライター/DJなどによるジャンル別ベスト&個人チャートで2023年を総括!

ele-king vol.32 特集:2010年代という終わりとはじまり の商品スペック

商品仕様
出版社名:Pヴァイン・ブックス
著者名:ele-king編集部(編)
発行年月日:2023/12
ISBN-10:4910511644
ISBN-13:9784910511641
判型:B5
発売社名:日販アイ・ピー・エス
対象:一般
発行形態:単行本
未完/完結:完結版
内容:音楽・舞踏
言語:日本語
ページ数:160ページ
縦:22cm
横:15cm
厚さ:1cm
重量:228g
その他:特集:2010年代という終わりとはじまり
他のPヴァイン・ブックスの書籍を探す

    Pヴァイン・ブックス ele-king vol.32 特集:2010年代という終わりとはじまり [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!