宗教と不条理―信仰心はなぜ暴走するのか(幻冬舎新書) [新書]
    • 宗教と不条理―信仰心はなぜ暴走するのか(幻冬舎新書) [新書]

    • ¥1,05664ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月24日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003803826

宗教と不条理―信仰心はなぜ暴走するのか(幻冬舎新書) [新書]



ゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済で「書籍」を購入すると合計10%ポイント還元!書籍の購入はゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済がお得です。
通常3%ポイント還元のところ、後日付与されるクレジット決済ポイント(1%)と特典ポイント(6%)で合計10%ポイント還元!詳しくはこちら

価格:¥1,056(税込)
ポイント:64ポイント(6%還元)(¥64相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月24日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2024/01/31
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

宗教と不条理―信仰心はなぜ暴走するのか(幻冬舎新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    なぜ宗教は争いを生むのか?ウクライナのNATO加盟を巡る対立の裏でキリスト教内の宗教問題を抱えるロシア・ウクライナ戦争に加え、ユダヤ教とイスラム教の確執が背景にあるイスラエル・ハマス戦争が勃発。日本では安倍元総理銃撃事件が起こるなど、人々の宗教への不信感は増す一方だ。宗教は本来、人を救うために生まれたはずなのに、なぜ暴力を正当化しようとするのか?古代ローマ史研究の大家と国際事情に精通した神学者が宗教に関する謎について徹底討論。宗教が人間を幸福にするのに何が必要かがわかる一冊。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 蘇った宗教戦争―ロシア・ウクライナ戦争の背後から(近代合理主義の限界と宗教というファクター;「マインドコントロール」は宗教だけの話ではない ほか)
    第2部 宗教と帝国―領土拡大とご利益の時代(「宗教的敬虔さ」がローマ人の特質;ギリシャとローマの「祖国愛」 ほか)
    第3部 “一神教なるもの”の危うさ―その排他性と残虐性(不自然な一神教;「スコラ学の父」アンセルムスの『神はなぜ人となったか』 ほか)
    第4部 西洋近代主義と日本―宗教が世俗化していく中で(イエスは仏教徒だった?;ギリシャ語を広めたアレクサンドロスの東方遠征 ほか)
  • 出版社からのコメント

  • 内容紹介

    なぜ宗教は争いを生むのか? ウクライナのNATO加盟を巡る対立の裏でキリスト教内の宗教問題を抱える露・ウクライナ戦争に加え、ユダヤ教とイスラム教の確執が背景にあるイスラエル・ハマス戦争が勃発。日本では安倍元総理銃撃事件が起こるなど、人々の宗教への不信感は増す一方だ。宗教は本来、人を救うために生まれたはずなのに、なぜ暴力を正当化しようとするのか? 古代ローマ史研究の大家と国際事情に精通した神学者が宗教に関する謎について徹底討論。宗教が人間を幸福にするのに何が必要かがわかる一冊。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    佐藤 優(サトウ マサル)
    1960年、東京都生まれ。同志社大学大学院神学研究科修了後、専門職員として外務省に入省。在ロシア日本国大使館に勤務し、主任分析官として活躍。2002年、背任と偽計業務妨害容疑で逮捕、起訴され、09年6月執行猶予付有罪確定。13年6月執行猶予満了し、刑の言い渡しが効力を失った。著書に、大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した『自壊する帝国』(新潮文庫)、毎日出版文化賞特別賞を受賞した『国家の罠』(新潮文庫)など多数

    本村 凌二(モトムラ リョウジ)
    1947年、熊本県生まれ。73年一橋大学社会学部卒業、80年東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。東京大学教養学部教授、同大学院総合文化研究科教授を経て、2014年4月から18年3月まで早稲田大学国際教養学部特任教授。専門は古代ローマ史。著書に、サントリー学芸賞を受賞した『薄闇のローマ世界』(東京大学出版会)、JRA賞馬事文化賞を受賞した『馬の世界史』(講談社現代新書)など多数。一連の業績にて地中海学会賞を受賞
  • 著者について

    佐藤 優 (サトウ マサル)
    一九六〇年、東京都生まれ。同志社大学大学院神学研究科修了後、専門職員として外務省に入省。在ロシア日本大使館に勤務し、主任分析官として活躍。二〇〇二年、背任と偽計業務妨害容疑で逮捕、起訴され、〇九年六月執行猶予付有罪確定。一三年六月執行猶予満了し、刑の言い渡しが効力を失った。著書に、大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した『自壊する帝国』(新潮文庫)、毎日出版文化賞特別賞を受賞した『国家の罠』(新潮文庫)など多数。

    本村 凌二 (モトムラ リョウジ)
    一九四七年、熊本県生まれ。一九七三年一橋大学社会学部卒業、一九八〇年東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。東京大学教養学部教授、同大学院総合文化研究科教授を経て、二〇一四年四月から二〇一八年三月まで早稲田大学国際教養学部特任教授。専門は古代ローマ史。著書に、サントリー学芸賞を受賞した『薄闇のローマ世界』(東京大学出版会)、JRA賞馬事文化賞を受賞した『馬の世界史』(講談社現代新書)など多数。一連の業績にて地中海学会賞を受賞。

宗教と不条理―信仰心はなぜ暴走するのか(幻冬舎新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:佐藤 優(著)/本村 凌二(著)
発行年月日:2024/01/30
ISBN-10:4344987195
ISBN-13:9784344987197
判型:新書
発売社名:幻冬舎
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:232ページ
縦:18cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 宗教と不条理―信仰心はなぜ暴走するのか(幻冬舎新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!