関和知の出世―政論記者からメディア議員へ(近代日本メディア議員列伝〈3〉) [全集叢書]
    • 関和知の出世―政論記者からメディア議員へ(近代日本メディア議員列伝〈3〉) [全集叢書]

    • ¥2,970179ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月16日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
関和知の出世―政論記者からメディア議員へ(近代日本メディア議員列伝〈3〉) [全集叢書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003804918

関和知の出世―政論記者からメディア議員へ(近代日本メディア議員列伝〈3〉) [全集叢書]



ゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済で「書籍」を購入すると合計10%ポイント還元!書籍の購入はゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済がお得です。
通常3%ポイント還元のところ、後日付与されるクレジット決済ポイント(1%)と特典ポイント(6%)で合計10%ポイント還元!詳しくはこちら

価格:¥2,970(税込)
ポイント:179ポイント(6%還元)(¥179相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月16日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:創元社
販売開始日: 2024/03/13
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

関和知の出世―政論記者からメディア議員へ(近代日本メディア議員列伝〈3〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    普選導入で大衆政治が本格化する趨勢を先読みし、“憲政会の闘将”として聴衆の耳目を集めた関和知にメディア議員の祖型を探る。
  • 目次

    序章 メディア議員とは何か
    第一章 政治的拠点としてのメディア
     1 自由民権運動の世代
     2 新世代の新聞
    第二章 アメリカ帰りのジャーナリスト
     1 未来の国務大臣たる準備を為す
     2 中央のメディアへ進出
    第三章 改進党系の若手代議士
     1 メディア議員への突破口
     2 帝国議会へデビュー
     3 第一次憲政擁護運動
     4 アメリカの排日運動と議員外交
    第四章 早稲田の人的ネットワーク
     1 思いは同じワセダニアン
     2 司法省副参政官
    第五章 閥族打破から国民教育へ
     1 旧式的閥族内閣
     2 早稲田騒動と中国視察
     3 軍閥政治批判
     4 政党対政党
    第六章 憲政会幹事長の政治演説
     1 外交問責──国民の輿望を裏切った
     2 党議に拘束された普選運動
    第七章 普通選挙運動における「独立の生計」
     1 憲政会幹部の苦衷
     2 普選の前に国民教育を
    第八章 憲政会総務のメディア・パフォーマンス
     1 達磨落とし
     2 海軍大将の変態内閣
     3 臨時法制審議会──普通選挙を目指して
    第九章 第二次憲政擁護運動と国民の政治参加
     1 諸勢力が一堂に会して
     2 加藤高明内閣発足
    終章 メディア議員のゆくえ
    あとがき
  • 出版社からのコメント

    自ら『新総房』を創刊、『萬朝報』記者、『東京毎日新聞』編集長を歴任。大衆政治化時代を先読みしたメディア議員の本質に迫る。
  • 内容紹介

    関和知(1870~1925)は、東京専門学校(現在の早稲田大学)で人的資本を蓄え、卒業後は郷里・千葉で『千葉民報』記者となるもほどなく廃刊。自ら立ち上げた『新総房』で政論にジャーナリズムの効果を加え、千葉県改進党系のホープとして認知されていく。周囲に押されてイェール大学に進学、のちプリンストン大学に転じてウッドロウ・ウィルソンの講義を直に聴講するなどして学位を取得。帰国後に『萬朝報』の記者、ついで『東京毎日新聞』の編集長に就任し、第10回衆議院議員総選挙補欠選挙に当選。以後7回の当選を重ね、加藤高明内閣では陸軍政務次官に就任した。普通選挙の導入によって、「世論」を喚起し力に変え、政論を執筆し「輿論」形成に努める、二面性をもった大衆政治が本格化する趨勢を正確に捉えてパフォーマンスに徹した関和知を通じて、メディア議員の本質に迫る。

    〈近代日本メディア議員列伝〉
    明治から戦後にかけて〈政治のメディア化〉を体現したメディア議員を取り上げ、一人一冊で深掘りする、佐藤卓己氏単独編集による完全書下ろしの新シリーズ。国会議員がこぞってSNSで発信し続ける現代政治への向き合い方に自省を迫る、これまで無かった人物列伝。

    図書館選書
    自ら創刊した『新総房』で改進党系ホープとして認知され、『萬朝報』記者、『東京毎日新聞』編集長を歴任。代議士として加藤内閣で陸軍政務次官を務めた。大衆政治の本格化を先読みした関和知にメディア議員の本質を見る。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    河崎 吉紀(カワサキ ヨシノリ)
    1974年、奈良県生まれ。同志社大学大学院文学研究科博士課程退学。博士(新聞学)。現在、同志社大学社会学部教授。専攻はメディア学

関和知の出世―政論記者からメディア議員へ(近代日本メディア議員列伝〈3〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:創元社
著者名:河崎 吉紀(著)
発行年月日:2024/03/10
ISBN-10:4422301039
ISBN-13:9784422301037
判型:B6
発売社名:創元社
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:社会
言語:日本語
ページ数:392ページ
縦:20cm
横:14cm
厚さ:3cm
重量:493g
他の創元社の書籍を探す

    創元社 関和知の出世―政論記者からメディア議員へ(近代日本メディア議員列伝〈3〉) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!