色の物語 ピンク―ボッティチェッリからクリストまで [単行本]
    • 色の物語 ピンク―ボッティチェッリからクリストまで [単行本]

    • ¥3,300198ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年5月22日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003805896

色の物語 ピンク―ボッティチェッリからクリストまで [単行本]



ゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済で「書籍」を購入すると合計10%ポイント還元!書籍の購入はゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済がお得です。
期間限定特別ポイントアップ実施中で6%ポイント還元のところ、後日付与されるクレジット決済ポイント(1%)と特典ポイント(6%)で合計13%ポイント還元!詳しくはこちら

価格:¥3,300(税込)
ポイント:198ポイント(6%還元)(¥198相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月22日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:翔泳社
販売開始日: 2024/03/16
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

色の物語 ピンク―ボッティチェッリからクリストまで の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    モネの光が醸す、憂鬱なハーモニー。ゴーギャン、ピカソ、オキーフ、ローランサン、名だたる巨匠が好んだ、力強さと官能の色。魅惑的なバラ色の世界へ。
  • 目次

    ▼アートにおけるピンク/ピンクの世界地図/ピンクのヴァリエーション
    ▼ピンクを知るために
    地上の父と決別する聖フランチェスコ(サセッタ)/ヴィーナスの誕生(サンドロ・ボッティチェッリ)/軍神マルスに扮したアンリ4世の肖像(ジェイコブ・ビュネル)/福音記者聖ヨハネ(エル・グレコ)/ジュピターに誘惑されるカリスト(フランソワ・ブーシェ)/櫛(喜多川歌麿)/ぶらんこ(ジャン=オノレ・フラゴナール)/エトワール、または舞台の踊り子(エドガー・ドガ)/セーヌ川に沈む夕陽(クロード・モネ)/野心をいだく女(ジェームズ・ティソ)/ヘリオガバルスの薔薇(ローレンス・アルマ=タデマ)/タヒチの女たち(ポール・ゴーギャン)/アヴィニョンの娘たち(パブロ・ピカソ)/アンティーブ、薔薇色の雲(ポール・シニャック)/30歳、または薔薇色の人生(ラウル・デュフィ)/囲まれた島々(クリスト&ジャンヌ=クロード)/Be Calm(ルイーズ・ブルジョワ)/An Homage to Monopink 1960 A(村上 隆)
    ▼ピンクをもっと知るために
    ミイラ肖像画:首飾りの女性/レンティの聖母(カルロ・クリヴェッリ)/カルミニャーノの訪問(ヤコポ・ダ・ポントルモ)/聖バルトロマイ(アーニョロ・ブロンズィーノ)/スコットランド女王メアリーの肖像(フランソワ・クルーエ)/ピンクの騎士(ジョヴァンニ・バッティスタ・モローニ)/シャー・ジャハーンのアルバム(チタルマン)/悔悛するマグダラのマリア(グイド・レーニ)/リボンで飾られた花瓶(セーヴル工房)/ダンジヴィレ伯爵の肖像(ジョセフ=シフレッド・デュプレシス)/ピンクのドミノ(ジョン・ハンフリーズ・ジョンストン)/ポプリ(ハーバート・ジェームズ・ドレイパー)/6人の踊り子(エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー)/グールゴー男爵夫人の肖像(マリー・ローランサン)/ピンクの貝より(ジョージア・オキーフ)/国境に立つ自画像(フリーダ・カーロ)/支え棒、薔薇(ワシリー・カンディンスキー)/ポラロイド・ダイアリー(エヴァ&アデル)/Just Love Me(トレイシー・エミン)

  • 出版社からのコメント

    好評既刊「色の物語」シリーズ第二弾。美術史における「ピンク色」の意味をモネやピカソ等巨匠による美しいアート作品で紹介。
  • 内容紹介

    なぜこの色に魅了されるのか? アートにおける“薔薇色”の物語

    ◆華やかさの裏側にあるものとは
    好評既刊「色の物語」シリーズ、第二弾。仏語で「ROSE」はピンク色・薔薇色を指します。小さな女の子の色というステレオタイプで扱われてきたこの色は、過去には権力者の色だった時代もありました。皇帝ヘリオガバルスによる凶悪な薔薇の逸話を知っていますか?

    ◆美の理想から、誘惑の色へ
    ボッティチェッリによる美の理想・ヴィーナスや、ロココの時代に多数描かれた官能的な肉体。モネやピカソといった巨匠はこの色をどのように使ったのでしょうか。現代では、モードやポップカルチャーと結びつき、力強い存在感を放ちます。本書ではピンク色に彩られた著名な美術作品のビジュアルを多数掲載。色と美術作品の知られざる関係を、気鋭のフランス人美術史研究家が解説します。

    ◆構成(抜粋)
    アートにおけるピンク/ピンクの世界地図/ピンクのヴァリエーション/ヴィーナスの誕生(ボッティチェッリ)/櫛(喜多川歌麿)/ラヴァクールのセーヌ川に沈む夕陽、冬の効果(モネ)/タヒチの女たち(ゴーギャン)/アヴィニョンの娘たち(ピカソ)/An Homage to Monopink 1960 A (村上隆)/ピンクのコートを着たグールゴー男爵夫人の肖像(ローランサン)/ピンクの貝から(オキーフ)ほか

    【「色の物語」シリーズ】
    その色はどこから来て、どこへ向かうのか。古今東西文明のなかで、さまざまな意図で使われてきた「色」の歴史とストーリー、影響力を、名だたるアート作品の美しいビジュアルでたどる。地図や図解、年表等のグラフィックも豊富に盛り込み、多彩な角度からの解説が特徴。第一弾「青」好評発売中。続編「黒」「赤」「ゴールド」刊行予定。

    【著者】
    ヘイリー・エドワーズ=デュジャルダン
    美術史・モード史研究家。エコール・デュ・ルーヴル、ロンドン・カレッジ・オブ・ファッション卒業。キュレーター、フリーランスのライターとして、ヴィクトリア・アンド・アルヴァート美術館の調査事業や展覧会に協力するほか、個人コレクター向けのコンサルタントとしても活躍する。ギ・ラロッシュのメゾンのアーカイブ部門の設立を手がけた。パリでモード史、ファッション理論の教鞭をとる。

    【翻訳者】
    丸山有美 Ami MARUYAMA
    フランス語翻訳者・編集者。フランスで日本語講師を経験後、日本で芸術家秘書、シナリオライターや日仏2か国語podcastの制作・出演などを経て、2008年から2016年までフランス語学習とフランス語圏文化に関する唯一の月刊誌「ふらんす」(白水社)の編集長。2016年よりフリーランス。ローカライズやブランディングまで含めた各種フランス語文書の翻訳、インタビュー、イベント企画、イラスト制作などを行なう。

  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    エドワーズ=デュジャルダン,ヘイリー(エドワーズ=デュジャルダン,ヘイリー/Edwards-Dujardin,Hayley)
    美術史・モード史研究家。エコール・デュ・ルーヴル、ロンドン・カレッジ・オブ・ファッション卒業。アートとファッション、装飾美術、建築、モード写真、アイデンティテイと社会問題におけるファッションの位置づけに関して研究と執筆を行う。キュレーター、ライターとして、ヴィクトリア&アルヴァート美術館の調査事業や展覧会に協力するほか、個人コレクター向けのコンサルタントとしても活躍。ギ・ラロッシュのアーカイブスの創設を手がけた。パリでモード史、ファッション理論の教鞭をとる

    丸山 有美(マルヤマ アミ)
    フランス語翻訳者・編集者。フランスで日本語講師を経験後、日本で芸術家秘書、シナリオライターや日仏2か国語podcastの制作・出演などを経て、2008年から2016年までフランス語学習とフランス語圏文化に関する唯一の月刊誌「ふらんす」(白水社)の編集長。2016年よりフリーランス。ローカライズやブランディングまで含めた各種フランス語文書の翻訳、インタビュー、イベント企画、イラスト制作などを行う

色の物語 ピンク―ボッティチェッリからクリストまで の商品スペック

商品仕様
出版社名:翔泳社
著者名:ヘイリー エドワーズ=デュジャルダン(著)/丸山 有美(訳)
発行年月日:2024/03/18
ISBN-10:4798181161
ISBN-13:9784798181165
判型:B5
発売社名:翔泳社
対象:専門
発行形態:単行本
内容:芸術総記
言語:日本語
ページ数:108ページ
縦:25cm
他の翔泳社の書籍を探す

    翔泳社 色の物語 ピンク―ボッティチェッリからクリストまで [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!