人口縮減・移動社会の地方自治―人はうごく、町をひらく [単行本]
    • 人口縮減・移動社会の地方自治―人はうごく、町をひらく [単行本]

    • ¥4,400132ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月26日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003810329

人口縮減・移動社会の地方自治―人はうごく、町をひらく [単行本]



ゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済で「書籍」を購入すると合計10%ポイント還元!書籍の購入はゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済がお得です。
通常3%ポイント還元のところ、後日付与されるクレジット決済ポイント(1%)と特典ポイント(6%)で合計10%ポイント還元!詳しくはこちら

価格:¥4,400(税込)
ポイント:132ポイント(3%還元)(¥132相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月26日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2024/03/27
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

人口縮減・移動社会の地方自治―人はうごく、町をひらく の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    農山村自治はどのように維持可能なのか。全国的な現象である人口減少・高齢化、人口移動が日本の農山村自治に大きな影響を与えている。本書は、課題先行自治体としての高知県大豊町を対象に、政治・行政学、農業経済学、農村社会学の分野の研究者がタッグを組み、この問題に取り組んだ研究成果である。
  • 目次

    第Ⅰ部 課題最先行地域から
    序 章 人口減少・高齢化,人口移動社会における自治をめぐる論点(飯國芳明・上神貴佳・秋津元輝)
    第1章 調査フィールドの現状と特徴(飯國芳明・霜浦森平)
    第2章 集落自治と住民自治の現状と展望(遠藤晶久・上神貴佳)
     第Ⅱ部 大豊町における住民自治の変容
    第3章 2000年代の行財政運営の展開と変化(松井望)
    第4章 選挙データと議会議事録から見る町議会の変化(小川寛貴)
    第5章 陳情書に見る住民の政策的要望(小川寛貴)
    第6章 集落自治が住民自治に及ぼす影響(上神貴佳)
     第Ⅲ部 新たな地方自治に向けて
    第7章 集落連携による自治再生の試み(図司直也・霜浦森平・飯國芳明)
    第8章 移住から見る大豊町のいまと将来(遠藤晶久)
    終 章 人口縮減・移動社会における持続可能な自治づくりに向けて(飯國芳明・上神貴佳・秋津元輝)
  • 出版社からのコメント

    人口減少・高齢化,人口移動の問題が大きくなるなか,いかに農山村自治が持続可能なのか,自治のあり方を高知県大豊町を対象に学際…
  • 内容紹介

    全国的な現象である人口減少・高齢化,人口移動が日本の農山村自治に大きな影響を与えている。本書は,課題先行自治体としての高知県大豊町を対象に,政治・行政学,農業経済学,農村社会学の分野の研究者がタッグを組み,この問題に取り組んだ研究成果である。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    飯國 芳明(イイグニ ヨシアキ)
    現職:高知大学人文社会科学部教授

    上神 貴佳(ウエカミ タカヨシ)
    現職:國學院大學法学部教授(2024年4月より学習院大学法学部教授)
  • 著者について

    飯國 芳明 (イイグニ ヨシアキ)
    高知大学教授

    上神 貴佳 (ウエカミ タカヨシ)
    國學院大學教授

人口縮減・移動社会の地方自治―人はうごく、町をひらく の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:飯國 芳明(編)/上神 貴佳(編)
発行年月日:2024/03/20
ISBN-10:464114950X
ISBN-13:9784641149502
判型:A5
発売社名:有斐閣
対象:専門
発行形態:単行本
内容:政治含む国防軍事
言語:日本語
ページ数:274ページ
縦:22cm
横:15cm
厚さ:1cm
重量:315g
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 人口縮減・移動社会の地方自治―人はうごく、町をひらく [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!