プロ野球問題だらけの12球団〈2024年版〉 [単行本]
    • プロ野球問題だらけの12球団〈2024年版〉 [単行本]

    • ¥1,870113ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年5月28日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
プロ野球問題だらけの12球団〈2024年版〉 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003815357

プロ野球問題だらけの12球団〈2024年版〉 [単行本]



ゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済で「書籍」を購入すると合計10%ポイント還元!書籍の購入はゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済がお得です。
期間限定特別ポイントアップ実施中で6%ポイント還元のところ、後日付与されるクレジット決済ポイント(1%)と特典ポイント(6%)で合計13%ポイント還元!詳しくはこちら

価格:¥1,870(税込)
ポイント:113ポイント(6%還元)(¥113相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月28日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:草思社
販売開始日: 2024/02/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

プロ野球問題だらけの12球団〈2024年版〉 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    巧みなドラフト戦略で覇権を握る阪神、オリックス。「セ、パ2強」の牙城を切り崩すのは、どの球団か?ドラフト研究の第一人者が、「チーム編成」の視点から12球団の戦力を徹底分析!主力の流出・移籍で混沌必至の2024年シーズンを読み解く。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    セントラル・リーグ 戦力徹底分析!(阪神タイガース;広島東洋カープ;横浜DeNAベイスターズ;読売ジャイアンツ;東京ヤクルトスワローズ ほか)
    パシフィック・リーグ 戦力徹底分析!(オリックス・バファローズ;千葉ロッテマリーンズ;福岡ソフトバンクホークス;東北楽天ゴールデンイーグルス;埼玉西武ライオンズ ほか)
  • 内容紹介

    巧みなドラフト戦略で覇権を握る阪神、オリックス。
    「セ、パ2強」の牙城を切り崩すのは、どの球団か?

    ドラフト研究の第一人者が、「チーム編成」の視点から12球団の戦力を
    徹底分析! 主力の流出・移籍で混沌必至の2024年シーズンを読み解く。


    【12球団 今季はどうなる?】

    阪神
    「アメとムチ」を巧みに使い分ける岡田監督の手腕 

    広島
    野手のドラフト1位が過去5年間でゼロは問題だ

    DeNA
    新戦力の「育成+抜擢」のサイクルを生み出せるか

    巨人
    チームの命運を左右する門脇誠のショート定着

    ヤクルト
    なぜ期待の高校卒ドラフト1位投手が伸び悩むのか

    中日
    「二遊間集めドラフト」をやっている余裕はないはずだ

    オリックス
    山本由伸が抜けても山下舜平大がいる

    ロッテ
    今年こそ佐々木朗希の「出力全開」が見たい

    ソフトバンク
    新監督は「抜擢しない伝統」を打破することができるか

    楽天
    球団のビジョンが見えず、このままでは暗黒時代に

    西武
    空前絶後の投手力を擁して覇権をめざす

    日本ハム
    新球場移転が可能にした逆襲の大補強
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小関 順二(コセキ ジュンジ)
    スポーツライター。1952年神奈川県生まれ。日本大学芸術学部文芸学科卒業。プロ野球のドラフト(新人補強)戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立した。CSテレビ局スカイ・A sports+が中継するドラフト会議の解説を1999~2021年まで務める。同会議の中継は20年度の衛星放送協会オリジナル番組アワード「番組部門中継」の最優秀賞を受賞
  • 著者について

    小関 順二 (コセキ ジュンジ)
    スポーツライター。1952年神奈川県生まれ。日本大学芸術学部文芸学科卒業。プロ野球のドラフト(新人補強)戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立した。2000年より年度版として刊行している『プロ野球 問題だらけの12球団』シリーズのほか、『プロ野球 問題だらけの選手選び─あの有名選手の入団前・入団後』『甲子園怪物列伝』『「野球」の誕生 球場・球跡でたどる日本野球の歴史』(いずれも草思社)、『ドラフト未来予想図』(文藝春秋)、『野球力 ストップウォッチで判る「伸びる人材」』(講談社+α新書)、『間違いだらけのセ・リーグ野球』(廣済堂新書)、『大谷翔平 奇跡の二刀流がくれたもの』『大谷翔平 日本の野球を変えた二刀流』(いずれも廣済堂出版)など著書多数。CSテレビ局スカイ・A sports+が中継するドラフト会議の解説を1999~2021年まで務める。同会議の中継は20年度の衛星放送協会オリジナル番組アワード「番組部門中継」の最優秀賞を受賞。15年4~7月に、旧新橋停車場 鉄道歴史展示室で行われ好評を博した「野球と鉄道」展の監修を務める。

プロ野球問題だらけの12球団〈2024年版〉 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:草思社
著者名:小関 順二(著)
発行年月日:2024/02/29
ISBN-10:4794227167
ISBN-13:9784794227164
判型:B6
発売社名:草思社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:体育・スポーツ
言語:日本語
ページ数:208ページ
縦:19cm
他の草思社の書籍を探す

    草思社 プロ野球問題だらけの12球団〈2024年版〉 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!