西欧近世の意識とユング心理学(ユング心理学研究 第16巻) [全集叢書]
    • 西欧近世の意識とユング心理学(ユング心理学研究 第16巻) [全集叢書]

    • ¥2,200132ポイント(6%還元)
    • ただいま予約受付中!発売日以降のお届け日本全国配達料金無料
西欧近世の意識とユング心理学(ユング心理学研究 第16巻) [全集叢書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003818414

西欧近世の意識とユング心理学(ユング心理学研究 第16巻) [全集叢書]



ゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済で「書籍」を購入すると合計10%ポイント還元!書籍の購入はゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済がお得です。
通常3%ポイント還元のところ、後日付与されるクレジット決済ポイント(1%)と特典ポイント(6%)で合計10%ポイント還元!詳しくはこちら

価格:¥2,200(税込)
ポイント:132ポイント(6%還元)(¥132相当)
お届け日:ただいま予約受付中!発売日以降のお届け
日本全国配達料金無料
出版社:創元社
販売開始日: 2024/05/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

西欧近世の意識とユング心理学(ユング心理学研究 第16巻) の 商品概要

  • 目次

    目 次

    はじめに  岸本寛史

    シンポジウム
    ●基調講演「17世紀における意識の概念の発明」  國分功一郎
       「意志」の矛盾/行為は意志の実現ではない/「意識」の概念の発明/「conscientia」をめぐる歴史的背景/意識と良心が区別されない状態/近代以降の「個人」概念とスピノザ
    ●討論――基調講演を受けて  指定討論者 河合俊雄・川嵜克哲
       中動態との重なり/スピノザの「個人」と河合隼雄の「意志する女性」/心理療法、精神分析などとの対応/中動態について/能動・受動の世界の中にいる苦しさ/心理学とスピノザの接点/ヨーロッパにおける思想「革命」の必然性/自分の本性を大事にする

    特別寄稿
    ●意識の発明と無意識の発明、個人と共同性の道程――國分功一郎氏の講演への応答として  猪股 剛
    ●ユング心理学と意識  岸本寛史
    ●「似たもの」としての意識と無意識  老松克博

    特別対談
    ●中井久夫先生を偲ぶ  大橋一惠・山中康裕

    講演録
    ●ユング心理学の歴史的展開――ユング前期 vs. ユング後期  猪股 剛

    論 文
    研究論文
    ●説経「苅萱」を読む――日本中世の語り物における救済について  森 文彦

    印象記
    ●日本ユング心理学会第11回大会印象記  田 佳潤
    ●日本ユング心理学会第11回大会印象記  公文佳枝

    文献案内
    ●女性のこころに関するユング心理学の基礎文献  豊田園子
    ●海外文献  禹 鍾泰

    日本ユング心理学会 機関誌投稿規定(2018年9月16日改訂)
  • 出版社からのコメント

    哲学者の國分功一郎氏を招いて行われたシンポジウムをはじめ、様々なアプローチから意識の本質に迫った論考を掲載する。
  • 内容紹介

    ユングにとって「第一番の関心事であった」という意識の問題は、現代においても人間を理解する上で重要なテーマであり続けている。特集では、哲学者の國分功一郎氏を招いて行われたシンポジウムをはじめ、哲学、歴史、心理学、神経科学など様々なアプローチから意識の本質に迫った論考を掲載する。また、2022年に逝去した中井久夫氏を古くから知る精神科医が中井氏の名古屋時代の思い出を語り合った特別対談を収録する。

    図書館選書
    特集では、哲学者の國分功一郎氏を招いて行われたシンポジウムをはじめ、哲学、歴史、心理学、神経科学など様々なアプローチから意識の本質に迫った論考を掲載する。2022年に逝去した中井久夫氏を偲ぶ特別対談も収録。

西欧近世の意識とユング心理学(ユング心理学研究 第16巻) の商品スペック

商品仕様
出版社名:創元社
著者名:日本ユング心理学会(編集)
発行年月日:2024/05/10
ISBN-13:9784422117164
判型:A5
発売社名:創元社
対象:専門
発行形態:全集叢書
内容:心理学
言語:日本語
ページ数:208ページ
縦:21cm
横:15cm
厚さ:1cm
重量:311g
他の創元社の書籍を探す

    創元社 西欧近世の意識とユング心理学(ユング心理学研究 第16巻) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!