オカルト2.0-西洋エゾテリスム史と霊性の民主化(叢書パルマコン・ミクロス07) [単行本]
    • オカルト2.0-西洋エゾテリスム史と霊性の民主化(叢書パルマコン・ミクロス07) [単行本]

    • ¥2,420146ポイント(6%還元)
    • ただいま予約受付中!発売日以降のお届け日本全国配達料金無料
オカルト2.0-西洋エゾテリスム史と霊性の民主化(叢書パルマコン・ミクロス07) [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003818452

オカルト2.0-西洋エゾテリスム史と霊性の民主化(叢書パルマコン・ミクロス07) [単行本]

竹下 節子(著・文・その他)
価格:¥2,420(税込)
ポイント:146ポイント(6%還元)(¥146相当)
お届け日:ただいま予約受付中!発売日以降のお届け
日本全国配達料金無料
出版社:創元社
販売開始日: 2024/04/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

オカルト2.0-西洋エゾテリスム史と霊性の民主化(叢書パルマコン・ミクロス07) の 商品概要

  • 目次

    まえがき
    プロローグ SBNRとエコフェミニズム
     SBNRと「自分仕様」のアマルガム
     スーパーノヴァ現象とグノーシス
     エコフェミニズムの問題点

    第1章 フランス型個人主義とエゾテリスム
     仏教と修道院
     インフルエンサーとフランス型個人主義
     アングロサクソン世界とフランスのオカルトの変遷と比較
     ルルドの奇跡とオカルト「探究者」
     フランスのカルト的逸脱行為警戒対策本部のスタンス
     フランスにおける「エゾテリスム」の定義

    コラム1 フランスのオカルト事情の定点観測を始めた理由
     パリのパラプシー
     「見ただけでわかる」天性の占い師
     マダム・Mのタロットカード

    第2章 メスメルの磁気療法とオカルトの転換点
     今も生き残るメスメルのマグネタイザー療法
     メスメルとアウエンブルッガーとパラケルスス
     メスメルとイルミナティとモーツァルト
     メスメルは癒すのは「手」だと悟った
     サウジアラビアの「手当て」療法
     ホルカ男爵との出会い
     盲目の天才ピアニスト、パラディス嬢の治療
     パリでのメスメルとオルバック男爵
     ついに治療が成功
     ユニヴァーサル・ハーモニー協会
     メスメルの転落と神秘主義
     メスメルとラ・ファイエットとフランス革命
     フランスとドイツのメスメリズム
     メスメリズムとMr.マリック
     メスメリズムと音楽療法

    コラム2 占い師のセラピー効果
     笑ってしまう陳腐な答え
     サービス業だからセラピー効果がほしい
     占い師との「相性」

    第3章 西洋オカルト史とオカルト2・0
     「ヘルメス文書」とキリスト教
     科学とオカルトとエゾテリスム
     パラケルススと錬金術・占星術
     神智学とエニアグラム
     エサレン研究所とシュタイナーとバイオ・エコロジー
     パーマカルチャーとエリファス・レヴィとルネ・ゲノン
     魔女とフェミニズムとオカルト
     オカルトやエゾテリスムから「秘密」がなくなった

    コラム3 コーチングから霊媒へ――パラプシーの最新状況
     パラプシーに増えた「コーチング」
     霊媒に亡くなった友人について聞いてみた

    第4章 科学史・科学哲学とオカルト
     「科学」が「謎」「ミステリー・ゾーン」を認め始めた
     「神の存在」を再度証明しようとしたボロレとボナシー
     なぜ聖母出現の奇跡に注目すべきか
     ミステールをオカルトから回収する試み
     認知神経科学とマインドフルネス
     ポスト・モダンは「モダン」の基準を取り払った
     クーンの「パラダイム・シフト」理論
     ソーカル事件とライン博士の転向
     第二のソーカル事件とポスト・「ポスト・モダン」
     医師の父親とシャーマンの息子

    終章 オカルト2・0総論
     ルネ・ゲノンとユリウス・エヴォラ
     日本と西洋の「新しいオカルト」
     オカルト2・0はアート

    あとがき
  • 出版社からのコメント

    メスメルとパラケルスス、神智学とエニアグラム……。文明史家が語る、エゾテリスムの系譜と、欧米オカルティズムの最新事情。
  • 内容紹介

    中沢新一氏推薦「この国で長いことタブー語のような扱いを受けていたオカルトという言葉に本格的な解明の光を当て、文化としての正当な位置付けを回復しようとした勇気ある書物!」

    メスメルとパラケルスス、エリファス・レヴィとルネ・ゲノンとユリウス・エヴォラ、「ヘルメス文書」とキリスト教、神智学とエニアグラム、エサレン研究所とシュタイナー……。
    パリ在住の文明史家がエゾテリスムの歴史をたどり、欧米のオカルティズム最新事情を考察を交えて、レポートする。

    図書館選書
    メスメルとパラケルスス、「ヘルメス文書」とキリスト教、神智学とエニアグラム、エサレン研究所とシュタイナー……。パリ在住の文明史家がエゾテリスムの歴史をたどり、欧米のオカルティズム最新事情をレポートする。

オカルト2.0-西洋エゾテリスム史と霊性の民主化(叢書パルマコン・ミクロス07) の商品スペック

商品仕様
出版社名:創元社
著者名:竹下 節子(著・文・その他)
発行年月日:2024/04/30
ISBN-13:9784422701776
判型:46判
発売社名:創元社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:200ページ
縦:19cm
横:13cm
厚さ:2cm
重量:223g
他の創元社の書籍を探す

    創元社 オカルト2.0-西洋エゾテリスム史と霊性の民主化(叢書パルマコン・ミクロス07) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!