逆行探偵―烏間壮吾の憂鬱な使命 [単行本]
    • 逆行探偵―烏間壮吾の憂鬱な使命 [単行本]

    • ¥2,09063ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月22日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003822609

逆行探偵―烏間壮吾の憂鬱な使命 [単行本]



ゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済で「書籍」を購入すると合計10%ポイント還元!書籍の購入はゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済がお得です。
通常3%ポイント還元のところ、後日付与されるクレジット決済ポイント(1%)と特典ポイント(6%)で合計10%ポイント還元!詳しくはこちら

価格:¥2,090(税込)
ポイント:63ポイント(3%還元)(¥63相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月22日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:産業編集センター
販売開始日: 2024/04/12
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

逆行探偵―烏間壮吾の憂鬱な使命 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    しがない私立探偵・烏間壮吾の足元に横たわっているのは、後頭部から血を流した自分自身だった。戸惑う壮吾のもとにやってきた、自分のことを「天使」と言い張るくたびれたサラリーマン風の男性と、「悪魔」と名乗る美しい女性。彼らの役目は、死んだ人間の魂を天国か地獄のどちらかに運ぶことらしいが、手違いにより壮吾はうっかり死んでしまったと明かされる。生き返る条件は、彼らの仕事である「魂の選別」の代行をすること。半ば強制的に仕事を手伝うことになった壮吾は、様々な事件に巻き込まれていく…。新世代ホラーミステリーの旗手、阿泉来堂の新境地!
  • 目次

    プロローグ
    第一話 死の運命と落ちた女神
    第二話 死の運命と残されたメッセージ
    第三話 死の運命と探偵の矜持
    エピローグ
  • 出版社からのコメント

    どうやら死んでしまったらしい三流探偵・烏間壮吾のもとにやってきた天使と悪魔を名乗る二人組。その目的とは…阿泉来堂の新境地!
  • 内容紹介

    しがない私立探偵・烏間壮吾(からすましょうご)の足元に横たわっているのは、後頭部から血を流した自分自身だった。戸惑う壮吾のもとにやってきた、自分のことを「天使」と言い張るくたびれたサラリーマン風の男性と、「悪魔」と名乗る美しい女性。彼らの役目は、死んだ人間の魂を天国か地獄のどちらかに運ぶことらしいが、手違いにより壮吾はうっかり死んでしまったと明かされる。生き返る条件は、彼らの仕事である「魂の選別」の代行をすること。半ば強制的に仕事を手伝うことになった壮吾は、様々な事件に巻き込まれていく…。
    新世代ホラーミステリーの旗手・阿泉来堂の新境地!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    阿泉 来堂(アズミ ライドウ)
    第40回横溝正史ミステリ&ホラー大賞読者賞を受賞した『ナキメサマ』でデビュー
  • 著者について

    阿泉 来堂 (アズミ ライドウ)
    北海道在住。第40回横溝正史ミステリ&ホラー大賞読者賞を受賞した『ナキメサマ』でデビュー。
    著書に『ぬばたまの黒女』『忌木のマジナイ 作家・那々木悠志郎、最初の事件』『邪宗館の惨劇』『贋物霊媒師』『バベルの古書 猟奇犯罪プロファイル』『死人の口入れ屋』など。

逆行探偵―烏間壮吾の憂鬱な使命 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:産業編集センター
著者名:阿泉 来堂(著)
発行年月日:2024/04/15
ISBN-10:4863114001
ISBN-13:9784863114005
判型:B6
発売社名:産業編集センター
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:448ページ
縦:19cm
他の産業編集センターの書籍を探す

    産業編集センター 逆行探偵―烏間壮吾の憂鬱な使命 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!