大阪王将の「超える」経営 [単行本]
    • 大阪王将の「超える」経営 [単行本]

    • ¥99030ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月18日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003824312

大阪王将の「超える」経営 [単行本]

文野 直樹(著)陶山 計介(著)伊藤 佳代(執筆協力)


ゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済で「書籍」を購入すると合計10%ポイント還元!書籍の購入はゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済がお得です。
通常3%ポイント還元のところ、後日付与されるクレジット決済ポイント(1%)と特典ポイント(6%)で合計10%ポイント還元!詳しくはこちら

価格:¥990(税込)
ポイント:30ポイント(3%還元)(¥30相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月18日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2024/03/02
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

大阪王将の「超える」経営 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    大阪王将の軌跡から読み解く唯一無二の経営戦略。町の中華屋を超えて全国へチェーン展開。既存事業を超えて冷凍食品業界への参入。コロナ危機を超えて逆境に強い組織を確立。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 開業数は多いが倒産数はさらに多い 飲食業界の厳しい現実
    第1章 町の中華屋から一大チェーンへ 地域を「超える」経営
    第2章 “ガリバー”が君臨する冷凍食品業界への参入 事業領域を「超える」経営
    第3章 後発だからこそ生み出せたヒット商品の数々と新たな業態 既成概念を「超える」経営
    第4章 危機に直面しても乗り越えていく 逆境を「超える」経営
    第5章 競争から抜け出し唯一無二のポジションへ これまでの大阪王将を「超える」経営
    第6章 「超え続ける」ことで100年企業への道が見えてくる 「ふとした気づき」と「ちょっとした工夫」、「+&」の発想
  • 内容紹介

    町の中華屋から一大チェーンへ
    唯一無二のポジションを築く大阪王将の「超える」経営とは

    外食と冷凍食品の両輪を活かしたビジネスモデルでヒット商品を創出し続ける「大阪王将」二代目社長が、
    地域や事業領域の枠にとらわれない拡大戦略を徹底解説!

    「大阪王将」の始まりは、裏通りにできたわずか5坪の店舗をもつ町の中華屋でした。
    それから半世紀、世界に450店舗以上を展開するまでに成長し、
    餃子店のほかにラーメン専門店やベーカリーカフェなど新しい業態開発にもチャレンジを続けてきました。
    さらには食品事業にも参入し、冷凍餃子販売など多方面に進出しています。
    大阪王将の二代目社長である著者は、この多事業展開をはじめとしたさまざまな改革があったからこそ、
    多くの外食企業が窮地に陥ったリーマンショックやコロナ禍、原材料高など幾多の困難も乗り越えることができたのだといいます。

    本書のタイトルにもある「超える」というキーワードは、大阪王将の拡大戦略の中核をなすものです。
     1店舗だけの町の中華屋からスタートし、地域を「超えて」チェーンを広げてきました。
    さらに外食業界を「超えて」食品業界に参入し、外食と冷凍食品という“両輪事業”に基づく
    「食のライフプランニングカンパニー」としての基盤を固めてきたのです。
    試練に直面するたびに、羽根つき餃子など数々の既成概念を「超える」ヒット商品を連発し、
    コロナ禍の逆境では組織改革を断行して未曽有の危機を「超え」ました。
    さらにブランディングを進める過程では、
    従来のブランド戦略に加えてインターナルブランディングを徹底し、過去の自分たち自身をも「超えた」のだといいます。
     常に「超え」続けることを追求するしなやかな戦い方こそが大阪王将の真髄であり、
    それがあってこそ企業は成長、拡大できるというのが著者の考えです。

     本書は、困難にあっても前を向いてひたすら貫いてきた大阪王将の「超える」戦略展開を詳しく紹介するものです。
     経営者や管理職、起業を目指している人たちにとって、企業を成長させるためのヒントになる一冊です。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    文野 直樹(フミノ ナオキ)
    高校1年のときから店長代理として大阪王将の現場で働く。1985年、25歳で父の跡を継ぎ社長に就任。以降、大阪王将を全国チェーンに発展させただけでなく、冷凍食品事業へ参入。食品と外食の両輪を活かしたビジネスモデルで、ヒット商品を創出し続ける食のライフプランニングカンパニーを目指している

    陶山 計介(スヤマ ケイスケ)
    一般社団法人ブランド戦略経営研究所理事長、関西大学名誉教授。京都大学博士(経済学)。日本商業学会元会長。専門はブランド・マーケティング論。日本におけるブランド研究のパイオニアであり第一人者

    伊藤 佳代(イトウ カヨ)
    社会保険労務士法人ソーケム代表社員。特定社会保険労務士。立命館大学国際関係学部卒業、関西大学大学院商学研究科博士課程前期課程修了(商学修士)。長崎県立大学非常勤講師など。人材マネジメントのエキスパート

大阪王将の「超える」経営 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎メディアコンサルティング
著者名:文野 直樹(著)/陶山 計介(著)/伊藤 佳代(執筆協力)
発行年月日:2024/02/29
ISBN-10:434494738X
ISBN-13:9784344947382
判型:新書
発売社名:幻冬舎
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:188ページ
縦:18cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 大阪王将の「超える」経営 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!